2016年11月25日(金) 更新

ピアス(PIAS)のインターンシップ選考と対策

ピアス(PIAS)のインターンシップ選考対策①:企業研究

ピアスのインターンシップ選考対策の1つめは、企業研究をすることです。妥協しない本物の製品作りがモットーのピアス。スタッフ全員がマーケティングのプロと自称するだけあって、その気合いは一流です。インターンシップでも、常に顧客の顔を思い浮かべたおもてなしと、市場を冷静に観察できるマーケティング力が問われます。個だけではなく、集団でのチームワーク力も注目のポイントです。ピアスのインターンシップの大きなポイントは、プロのアテンダントサービスが学べること。実際のスタッフに美の接客の極意を教えてもらえます。

ピアス(PIAS)のインターンシップ選考対策②:実施概要

ピアスのインターンシップ選考対策の2つめは、実施概要を把握することです。ピアスのインターンシップでは、どのようなことを学ぶのか、1日の流れを説明します。

ピアス(PIAS)のインターンシップ内容

■接客系グループワーク
美しさのプロ、アテンダントスタッフから接客業の基礎をレクチャーしてもらえます。サービス、接客に関心の高い方は必見です。作業はグループワークの形だそうです。おもてなしを通して、ビジネスの基礎を見つめていきます。

■先輩スタッフと懇親会
実際に勤務している先輩スタッフとの懇親会。会社の社風や入社しての気づきなど、素の会社をチェックすることができます。

■ビジネスセミナー
3時間程度のビジネスセミナーが個別にあります。ヒット商品の開発秘話やマーケティングビジネスの大切さについて、講義形式で話を聞きます。また講義後は、グループセッションでの発表をおこないます。

ピアス(PIAS)のインターンシップ選考対策③:エントリーシート

ピアスのインターンシップ選考対策の3つめは、エントリーシートにあります。ピアスのインターンに参加するためにはまず、エントリーシートを応募する必要がありますが、その際に注意・対策しておく点が幾つかあります。

エントリーシート対策:簡潔にそして理論的に書く

エントリーシートには志望理由や自己PRなどの項目がありますが、記入する際には、「簡潔に、そして論理的に」書きましょう。基本的にピアスのインターンシップの枠は多くあるので、エントリーシートで落とされるということはありませんが、定員に達すると選考ということになるので、しっかりと書いておきましょう。インターンシップのエントリーのために、志望理由などを考えておくことは、その後の本採用の時に必ず役立つはずです。早いうちにしっかりと準備できていると、志望動機や自分の強みなどをより具体的にしていくこともできるので、こうした面でもインターンシップに参加するということにはメリットがあります。

ピアス(PIAS)のインターンシップに参加した人の声

ピアスのインターンシップに参加した学生の声を紹介していきます。

・「実際に働いている社員の方から現場のことが聞くことができ、具体的な仕事内容について説明してもらえたので自分に合っているかどうかの判断がしやすくなった」
・「化粧品開発にしか興味がなかったが、インターンシップで美容部員として働くときに必要なスキル、大切にするべきことなどを説明され、自分は美容部員の方が向いているのかもと思った」

こうした参加者の声を聞くと、インターンシップに参加してみて、初めて自分が本当のところ何をしたいのかが分かるということもあるようです。興味が少しでもあれば、積極的にインターンシップに参加するというのは、自分の適性を知るうえでも役立つことでしょう。

ピアス(PIAS)のインターンシップ選考対策は本採用に繋げる気持ちが重要!

ピアスのインターンシップ選考対策について、お話しをしてきましたが、いかがでしたでしょうか?化粧品の販売メーカーとして、ピアスのインターンシップは、接客業や製造業を目指す方にとって、新たな発見を与えてくれるカギになると思います。次々と新しい商品を開発する現場を実際に見ることができる経験は、就活にサプライズを与えてくれますね。エントリー用紙は丁寧に記入して、実りのあるインターンシップを送ってください。そして、事前の選考対策はくれぐれもお忘れなく。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント