2019年11月21日(木) 更新

面接の自己PRで「情報収集力」をアピールする方法

ホームページの閲覧など情報収集の方法を面接の自己PRで伝える

情報収集の方法の基礎は、ホームページの閲覧です。ここから分かることは、企業のスローガンや社風、資本金や社員数などの基本的なデータのみです。他には、株価や近日中に行われた大型取引の情報などを知るために、ニュースサイトを活用することなどが挙げられます。様々な情報収集の方法を駆使していることを自己PRでアピールしましょう。

他者と違う踏み込んだ情報収集力を面接の自己PRで示す

情報収集力を試されている企業であれば、一般的な情報収集の方法しか行っていない場合にはマイナスイメージを持たれてしまいます。それを避けるためには、一歩踏み込んだ情報収集をしていることをアピールする必要があります。例えば、書籍やニュースなどから情報を仕入れることに加えて、直接執筆者にインタビューをして、より詳細な情報を仕入れることが挙げられます。

面接する企業の情報収集をして自己PRに組み込む

情報集力が本当に高いことを証明するためには、面接を受ける企業の情報をできるだけ多く仕入れておく必要があります。どれだけ情報収集力に自信があることを伝えても、実際に多くの情報を持っていなければ信用してもらえません。企業の業績や前年比、近年の業績の上がり幅など細かい情報を仕入れて面接官に自己PRでアピールしましょう。

OB訪問をして情報収集した内容を元に自己PRすると良い

面接の自己PRの際に、企業の内部事情を知っていることを伝えれば、情報収集力が高いと認めてもらえます。面接を受ける前にOB訪問を行って、当時の社風や業務内容などの情報を仕入れておきましょう。他の就活生がそういった情報までは仕入れていなかった場合には、自分の評価が高くなります。志望の本気度を示す機会にもなるので、できるだけ詳細な情報を仕入れましょう。

求められている情報収集力を見極めて面接で自己PRする

企業がどれだけ情報収集力を求めているのかを見極めましょう。例えば、コンサルティングや広告業界であれば、より多くの情報を集めて、最も効果が高い業務を行わなければなりません。しかし、接客業や製造業であれば、情報収集力はそれほど求められません。企業の業種から具体的な業務内容を見て、どれだけ情報収集力を求められているのかを考えましょう。

情報収集があまり求められない場合は必要最低限で面接に臨む

情報収集力がそれほど求められないと判断できた場合には、必要最低限の情報収集をして面接の自己PRを乗り越えましょう。企業の近年の大きな動きや業績の前年比までは必ず情報を仕入れておいて、面接官から質問された時に答えられる態勢を整えておきましょう。情報収集力が高いことを前面的に伝えることも効果的ですが、質問をされた内容に即座に答えられるようにしておくことで、自らアピールせずに評価を上げられます。

あなたの面接力はどのくらい?

情報収集力をアピールする際、身だしなみやマナーも意識する必要があります。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、面接で高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

面接の自己PRでは情報収集によって得た知識や他人と違う方法も伝えアピールする

面接の自己PRで情報収集力をアピールするためには、実際に多くの情報を仕入れておかなければなりません。一歩踏み込んだ情報収集を行っていても、面接官からの質問に答えられない場合には、マイナスイメージを持たれてしまいます。コンサルティングや広告業界など、情報収集力が問われる業界の企業を受ける場合には、面接でしっかり自己PRできるようにより多くの情報を仕入れておきましょう。そして他人と違う情報収集力で得た成果を示すのです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Bd94d1291cacecc6

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント