2016年11月29日(火) 更新

NTTファシリティーズで必要な学歴と採用人数の選考情報

NTTファシリティーズの選考情報①:選考の内容と流れ

まず初めの選考情報として、NTTファシリティーズの採用選考はどのように実施されているのでしょうか。まず新卒者向けの就職サイトで会員IDを取得してから簡単な学歴や自己PRなどを含めた入力と送信をします。ここがまずNTTファシリティーズへの第一歩です。その後、NTTファシリティーズの会社説明会や選考日程をはじめ採用人数がわかったら、エントリーシートを丁寧に作成し企業へと送信します。エントリーシートには学歴のほか志望動機や自己PRなどできる限り充実した内容を目指します。

書類選考で人数が絞られた後は3回の面接が控えている

書類選考である程度採用人数に合わせた人数に絞られたら、一次面接、二次面接、最終面接へと進みます。NTTファシリティーズでは二次が最終というケースも多くなっています。ちなみに筆記試験はWEBテスト型式で数学・国語・性格テストといったスタンダードな内容です。それでは選考の流れを受けて、どのような学歴や採用人数が予定されるのか選考情報をチェックします。

NTTファシリティーズの選考情報②:求める学歴は不問

次の選考情報は学歴についてです。NTTファシリティーズは技術系の企業であることから理系大学や学部の学歴を求める傾向にあります。もちろん応募に当たっては学歴が問われることはなく、難関校の国立や私立をはじめ幅広い国公立や中堅私大からの採用人数に対して多数の応募者があります。

技術系職は理系が多いが今後は英語も必要になるため文系の採用も増えてくる

技術系での応募では理系が多くなっています。NTTファシリティーズの事業と関連した専攻や資格を取っておくと有利となるでしょう。事務や営業といった業種では文系の応募者も多数います。NTTファシリティーズは国際的に事業展開をしており、今後は文系分野での活躍する場も増えることでしょう。とくに英語やその他の外国語のスキルがあると十分にアピールできるので書類選考や面接で漏らさないことが大切です。それでは採用人数と入社後の配属の選考情報について見ていきます。

NTTファシリティーズの選考情報③:気になる採用人数と配属

三つめの選考情報はNTTファシリティーズへの倍率を左右する採用人数は具体的にどうなっているのか見ていきましょう。NTTファシリティーズでは例年100名から200名程度の採用人数を予定しています。学歴に関係なくこの採用人数に対して応募者は毎年多く集まるため、今年度の倍率も最低でも30倍になるとされています。したがっていかに多くの応募者に会って学歴だけでなくエントリーシートや面接での成果が大切かというのがわかるでしょう。

部門ごとの採用となるので配属先は希望職種ですでに決まっている

NTTファシリティーズでは技術職を中心に営業職や事務職などそれぞれの部門での採用となるため、応募時におおよその配属先はわかっています。このように学歴よりもまずは倍率と採用人数からどれだけ正しく目立つことができるかが重要であることを覚えておき、選考情報はこまめに調べるようにしましょう。

NTTファシリティーズの選考情報として採用人数は100~200名で学歴は理系が多いが今後文系の需要も増える

以上が、NTTファシリティーズの選考情報になります。いかがだったでしょうか。NTTファシリティーズでは学歴もさることながら、倍率だけでいっても激しい就職競争となることが予想されます。大手企業の中でも就職人気ランキングで常に上位に上がってくるNTTファシリティーズだけにチャレンジのしがいがあります。学歴と合わせて選考でのアピールがどれほど熱く行えるかが選考への鍵を握っており、採用人数の一人へと食い込むためのアプローチです。選考情報を事前に調べ参考にし、挑戦してみましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント