2016年11月29日(火) 更新

NTT (日本電信電話)研究所の選考情報について

NTT研究所の選考情報①:選考の内容と流れ

まず、NTT研究所を受ける上で押さえておきたい選考情報としては、選考の流れでしょう。
エントリーシート⇒プレゼン面接(適性検査)⇒最終面接⇒内々定
という流れになります。エントリーシートが書類選考となるのできちんと書き、面接もそれぞれでかなり形式が異なりますので、対策を練ることがひつようとなります。

エントリーシートでの書類選考で絞り込まれプレゼン面接と最終面接が行われる

選考情報のポイントとして、NTT研究所の選考内容は幾つかのステップを組んで行われているということを掴んでおきましょう。まずはエントリーシートでの書類選考です。これで多くの方の絞り込みが行われていきます。エントリーシートを通過した人は、次にNTT研究所でプレゼンテーションを行うこととなります。5分のプレゼンと20分の質問が行われるので、これに対応することが重要です。適性検査もその日に行われて、採用人数がある程度決まります。この後で最終面接が行われることとなり、正式に採用人数の数を決めて、採用される方には内定通知が送られます。選考情報として必要最低限、流れは知っておきましょう。

NTT研究所の選考情報②:求める学歴

選考情報を見る限り、採用人数が比較的多いとされているNTT研究所ですが、学歴は大学卒以上が求められています。また出来る限り研究という分野に携わっていることが有利とされていますので、理系の学歴を持っている方の方が採用されやすい傾向にあります。ただ学歴が文系だからと言って外されていることは無く、選考情報から調べるに、採用人数の枠が広いので一定の学歴さえあれば問題は無いようです。

学歴は大卒であれば良く理系の方が有利ではあるが文系でも採用されることはある

NTT研究所は研究機関として活動を行っているので、選考情報を調べると、どうしても研究している経験を持っている方の方が採用されやすくなります。柔軟な頭で様々な分野の研究が出来るように、多くの人数の採用を行っているのです。文系でも採用されることはありますが、当然研究分野として働くこととなるため、慣れていくことが必要になってきます。

NTT研究所の選考情報③:気になる採用人数と配属

基本的に配属されるのは研究開発部門だけであり、事務職もありますが、採用人数に関わらず、まずは研究開発部門に所属することとなります。採用人数は年によって異なります。傾向と対策を見ることで、どれだけ広く門が開かれるのかを予想することも大切です。

みな研究開発のどこかに配属され毎年60人以上が採用されている

採用される人は全てNTT研究所の研究に携わることとなるため、ある程度多くの人数が採用されたとしても、みな研究開発のどこかに置かれることを知っておくことが必要です。NTT研究所の採用人数は具体的な数値で固定しているわけではありませんが、毎年60人以上は採用しています。多い時は80人近く採用しており、採用人数の多い会社であることが分かります。学歴によって色々と変わる部分はあるかもしれませんが、取り組むのは研究という分野なので、学歴に関わらず研究によってサービス向上を図ることを知ってください。

NTT (日本電信電話)研究所の選考情報は学歴不問で文系でも採用され60人以上が研究開発に配属される

NTT研究所は採用人数の多い会社ですが、研究を重ねているような学歴が採用には優先されるということを選考情報では押さえておきましょう。またNTT研究所の採用人数が60人以上と多いからと言って、配属先が複雑に入り乱れていることはありません。採用されている人は学歴に関係なく、どこかの研究分野に携わることとなり、様々な実験と結果を元にサービス向上を図ります。以上のような選考情報を押さえ、自分がどうしてNTT研究所を志望しているのか、という点を掘り下げていく必要もあります。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント