2019年11月11日(月) 更新

SPIの暗号問題の傾向と取り組み方のノウハウについて

SPIの暗号問題の基本形と対策について

SPIで出題される暗号問題は、「○○が△△の時、□□には何が当てはまるでしょう。」というのが基本形です。提示されている規則から、その暗号問題全体の規則を考えて解答しましょう。難しい知識は必要なく、解析力と読解力が求められます。暗号問題が得意と言っても、図形や数式、言葉など様々なジャンルの暗号問題が出題されるので事前に対策は必要です。

SPIの暗号問題の対策は繰り返し問題を解いて慣れること

SPIで出される暗号問題は、勉強をしても解けるようになる訳ではありません。暗号問題を苦手と感じているのであれば、時間がかかってもいいので、ひたすら暗号問題を解答して慣れることが大切です。SPIの暗号問題は、考えた上でわからなかった場合に単なる時間のロスになります。そういった時間のロスを避けるために、まずは暗号問題を解くことに慣れましょう。

SPIの暗号の解き方のノウハウとは何か

暗号の解き方は、提示されている条件を完全に理解して、それを問題に当てはめるだけです。想像力や計算能力などは必要ありません。そして、暗号問題の答えは一つしか存在しないので、条件を把握して当てはめるという基本的なことができていれば必ず解けます。柔軟な発想や機転なども不必要で、逆に暗号問題の解答には邪魔な存在と言えます。

問題の解き方は暗号の一定のパターンを覚えればよい

SPIの暗号問題の出題傾向は、言語や図式、季節などを数値化して当てはめる内容が多いです。ですので、ある一定のパターンを覚えてしまえば簡単に解けるようになるためSPIの暗号問題の対策は非常に簡単です。このパターンを理解するために、初めはレベルが低い暗号問題をひたすら解き、慣れてきたらレベルを上げていきましょう。

SPI対策に反復練習ができる問題集をプレゼント

採用試験でSPIを実施する企業は多いです。そこでおすすめなのが「SPI模試&問題集」です。模試には、言語と非言語の問題が100問収録されています。今なら100問解ける問題集もついてくるので、合計200問の例題を解くことが可能です。詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができるでしょう。分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

SPIの暗号問題で一番多いミスは一つの問題に固執すること

SPIの暗号問題で一番やってしまいがちなミスは、問題の内容に関わることではありません。一つの暗号問題に固執して、次の問題移行の暗号問題を解く時間が無くなるミスが実は一番やってしまいがちです。

わからなければ次の問題にいくというスタンスで取り組む

SPIの暗号問題を一目見て、大体の回答時間を予測し、時間がかかるようであれば次の問題にいきましょう。SPIにおける暗号問題は、正解率とスピードの両方を評価されることになりますが、一つの問題にずっと時間をかけるのもよくありません。

SPIの暗号問題は解き方に一定のパターンがあるのでそれを覚える

英語や数学、国語などは今までに解いた経験があるので、対策が不十分でもある程度解答することはできます。しかし、暗号問題に関しては、慣れと頭の柔軟性が必要なので対策が必須です。SPIの暗号問題は、解読のコツを掴むことで高得点を取ることに繋がります。SPIで極端に差異がある点数にならないように、暗号問題に慣れる対策だけは必ず実践しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

いきなり社長面接ルートあり!内定率96%のプレミアム面談で最短即日内定

    ▶横浜会場へのお申込みはこちら ※エントリー後「03-5745-0202」より日程調整のお電話を致します