2019年12月05日(木) 更新

製薬業界のインターンシップ選考の対策とおすすめインターン

インターン選考の対策として製薬業界について知っておこう

インターンシップに参加するには、選考を突破しなければそのインターンに参加することは当然できません。
まず、そのインターンの選考を突破するため、その業界について知っておくことで、選考で自己アピールがしっかりと出来るものになります。
そこで、製薬業界の情報をまとめていますので、みていきましょう。

製薬企業の仕事内容は「研究・開発・営業」がメイン

製薬企業の仕事内容は「研究・開発・営業」がメインです。研究では薬の作用の分析や、安全性の関する実験・研究をします。開発では、研究結果に基づいて新薬の開発などをおこないます。営業では、主に医療機関に対して情報の提供などをおこないます。中でも研究・開発は、専門性が必要になる非常に高度な仕事が求められるでしょう。

製薬業界の市場規模ってどれくらいなのか

その業界について知るため、どれくらいの業界規模なのかをしっておくことは、業界研究をするうえで、とても大事なポイントです。
では、製薬業界の業界規模を下記で紹介します。

製薬業界の市場規模は↓

業界規模:10兆2,509億円
経常利益計:1兆3,636億円
売上高純利益率:+8.0%
過去5年の伸び率:+3.5%
総資産額:19兆3,853億円
労働者数:83,642人
平均年齢:41.0歳
平均勤続年数:11.7年
平均年収:710万円
(平成25年7月-平成26年6月決算)
業界動向

製薬業界 売上高ランキングはコレ↓

【2015年度】 企業名 売上高(億円)

1:武田薬品工業 1兆8,073
2:大塚HD(医療関連事業) 1兆4,452
3:アステラス製薬 1兆3,727
4:第一三共 9,864
5:エーザイ 5,479
6:中外製薬 4,988
7:田辺三菱製薬 4,317
8:大日本住友製薬 4,032
9:協和発酵キリン 3,643
10:塩野義製薬 3,099
※各企業HP財務ハイライト調べ

上記の情報を見ても分かるように、製薬業界は非常に大きなマーケットだということです。こういった市場規模を
把握しておくことは、その業界を知るうえで基本中の基本です。

もっと製薬業界を調べる

医薬品業界で働きたいという就活生は、仕組みやビジネスについて把握することが大切です。それにより「この企業でなければならない」という入社意欲を志望動機に反映させることができるでしょう。そこでおすすめなのが「医薬品業界大研究Book」です。武田製薬、アステラス、第一三共などの情報をまとめています。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

製薬業界のインターンシップを突破するための基本対策を紹介

上記では、製薬業界がどういった業界かなんとなくでも理解できたと思います。
次に、ここで紹介するのが、製薬業界のインターン選考の基本的な対策を紹介していきますので、みていきましょう。

製薬業界のインターンシップ突破するための対策① 製薬業界で働きたい理由と会社への思いをアピール

製薬業界のインターンシップ突破するための対策として、まずは、あなたの熱意や業界やその会社への想いが大事です。
そのためには、上記で紹介したような業界研究はもちろん、インターン選考を受ける会社を徹底的にリサーチして、どういった理由でインターンに参加するのか、何がしたいのかなど、自分の考えに関しても熟考しておきましょう。
特に、この製薬業界では大事なポイントです。

製薬業界のインターンシップ突破するための対策②に関連した動機などで企業にアピール

次の、製薬業界のインターンシップ突破するための対策は、製薬業界に関連づけるように思い出などを盛り込んでいくということ。
熱意についても分かりやすさと同じく、エピソードを添えることが有効です。
特に、その会社の商品などが自分にとって大事なものであった体験を伝えて、それて自然と興味が湧いたなど、説得力のあるアピールに繋がります。

具体的には、その会社の商品が昔から好きであるとか、その商品で人生観が変わった等のエピーソードがあるといいでしょう。そのため、企業研究は事前にしておきましょう。

製薬業界のおすすめインターンを紹介

ここまで、製薬業界のインターン選考のポイントについて紹介していきました。
では、最後に製薬業界のおすすめインターンを紹介とその企業毎の記事紹介もしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

製薬業界のおすすめインターン①:武田薬品

製薬業界のおすすめインターンで、武田薬品でのインターンシップを紹介しますが、製薬業界では、面接も大事ですが、やはり、エントリーシートを魅力的に書く方法も大事ですので、紹介記事を参考にしてみてください。

製薬業界のおすすめインターン②:第一三共

製薬業界のおすすめインターンでは第一三共もやっぱり人気。
ここの紹介記事では、第一三共のインターンシップに参加するための選考と対策をきっちり説明していますので、参考にしておいてください。

製薬業界のおすすめインターン③:大塚製薬

大塚製薬の選考対策では、エントリーシートのが重要です。そこのポイントを重点的に説明しています。また大塚製薬のインターンは参加は内定にも近づけるので、バッチリ対策していきましょう。

製薬業界のおすすめインターン④:興和

興和のインターンもオススメです。興和のインターン選考を突破するためには、企業研究が必須です。この紹介記事ではその点をしっかりと説明しています。

製薬業界のインターンシップ選考の対策で大事なのが想い!!

いかがでしたか?
今回は、製薬業界のインターンシップ選考の対策について紹介していきました。
とにかく、この製薬業界は、就職でも人気の業界ですので、インターンシップ選考であってもしっかり準備をしましょう。
製薬業界のインターン選考では、やる気や意欲を最大限アピールしていきまましょう。あなたの想いが製薬業界のインターン選考を突破する鍵になります。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント