2020年06月15日(月) 更新

自己PRで専門学校卒をアピールして採用に繋げるコツ

専門学校卒の就職活動においても自己PRは重要

専門学校を卒業して新卒採用を目指すのであれば、自己PRが非常に重要な意味を持ちます。

大卒の就職活動とは違い、専門学校卒の就職活動ではある程度の経験や知識を有していることが前提になりますから、新卒採用のライバルたちに差をつけるには自己PRが一番のポイントになります。

自己PRに苦手意識を持つとチャンスを逃してしまう

自分をアピールするのが下手だからといって自己PRに苦手意識を持ってしまうと、せっかくのチャンスを逃してしまう事態になりかねません。自己PR次第では、憧れの企業への就職が叶うようになってなります。

就職活動とは、自分という人材を売り込む行為なのですから、採用する企業にとって価値のある人材であるというのを印象付けるためにも自己PRに力を入れてください。自分の印象付けが、内定獲得のためには欠かせませんよ。

自己PRには良いもの・悪いものがあるので注意

ただし、自己PRといってもただ印象に残ればいいというものではありません。自己PRにも良いものと悪いものがありますから、ツボを押さえて自分の長所をアピールする姿勢を忘れないでください。

良い自己PRは内定をぐっと手繰り寄せる事が出来ますが、悪いものはかえって内定を遠ざけてしまします。就職に有利になる"良い"自己PRを意識しましょうね。

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用してみよう

自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

就職活動の前に、紙に書き出して「見える化」する

自己PRをやってみろと言われて、いきなり上手にできる人はほとんどいません。多くの人は採用面接時に何をアピールしたらよいのか戸惑ってしまうものです。

専門学校で学んだ事柄を自己PRの材料にするのは思いつきますが、その他にはいったい何をアピールすればよいのでしょうか。自己PR力を高める一つの方法として紙に書き出して「見える化」する、という方法があります。そこで

思うままに書き出し具体化すると◎

頭の中だけで自己PRをまとめようとしてもなかなかうまくまとまるものではありません。具体的な事例や将来の希望などを盛り込んでまとめていけば、採用面接で十分通用する自己PRが出来上がります。

内定は楽して取る事を期待してはいけません。こういった地道な作業をコツコツを始めるのが、最終的には内定への近道と言えます。

一つ一つ書き出したものが自己PRの骨子になる

一旦頭に浮かんだものを紙に書き出して視える化し、思いつくままに書いたメモを参考にして自己PRをまとめてみましょう。

性格や特技、専門学校で学んだスキルや専門学校で培った意欲などを思うままに書き出し、一つ一つについて詳しく分析し補強していけば、自己PRの骨子が自然と出来上がっていきます。内定を獲得した人の中には、そういった骨子から少しずつ自己PRを作り上げた人が多いようです。

自己分析ツールを活用して、自分の長所を正しく理解しよう

効果的な自己PRをするには、自己分析を通じて、「あなた自身の強み」を正しく理解する必要があります。ただ、自己分析をやるのも結構大変です。

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsなら36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職をサクッと診断できます。

My analyticsを活用して、あなたの本当の強みを発見し、企業の選考を突破しましょう。

内定に近づくための、書き終えた後の対応とは?

自己PRは履歴書や専用の用紙に記入するよう求められることが多いのですが、一気に書き上げてしまってはいけません。どんなにうまくまとめたつもりでも、一度の記入で完成させるのはほとんど不可能です。

文章の上手い人というのは皆完成させた文章を読み返して推敲しているものです。書き上げただけで満足せず、推敲して完成度を高めましょう。まずは自分で文章を読み返し、不自然なところや多すぎる文章を直していきます。

自分で直した後、さらに第三者に添削を頼むのが内定への近道

自分で一通り練り直した後は、専門学校の就職活動担当者や専門学校の指導者に添削を依頼してください。ある程度、就職に関して知識を持った人にお願いするのがおすすめです。

添削を頼めば具体的な指摘をもらえますから、指摘され箇所を手直ししてより良い自己PRを完成させてください。就職という一大イベントですから、自己PRも傑作にして臨みましょう。内定が取れるかどうかも大切ですが、きちんとやりきるかどうかも大切ですよ。

専門学校の"就職"担当者に見てもらうのもアリ

専門学校の関係者は、毎年多くの採用面接の自己PR文に目を通していますから、どのような自己PRが読みやすく印象をアップさせることができるのかについて詳しく知っているものです。就職するための"ポイント"も押さえられるといいですね。

専門学校卒で就職の採用面接に臨む際は何度も練り直した自己PRで内定を勝ち取ろう

自己PRは自慢でもセールストークでもありません。専門学校でどのようなことを学び新卒採用されたらどのように仕事に関わっていくのかを示すものですから、ウソや誇張を盛り込むと自分の首を絞めることになってしまいます。

専門学校の人、出来れば"就職"に詳しい人にアドバイスをもらえば、不慣れな人でも素晴らしい自己PRを完成させることができます。自分自身を客観的に見つめ、正直な気持ちを相手に伝える気持ちで書きあげて下さい。それが内定獲得のために必要なコトです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【最短1週間内定も】選考短縮ルートで内定が狙える

    09/27 (12:00~13:00) 【※オンライン開催※】関西

就活の不安を乗り越えたい…自己理解サポートサービス

    仮エントリー後、ご予約完了画面にて本エントリーの流れをお伝えいたします。

新卒からキャリアアップ!裁量権のある上場企業の内定が狙える面談サービス

    エントリー後、主催のAcroforce株式会社よりお電話をいたします。