2016年11月29日(火) 更新

自己PRは必ず添削を!選考を通過するエントリーシート(ES)のコツ

自己PRを作成したら自分で添削してみよう

就活中の学生を悩ますエントリーシート。自分なりに自己分析をして、自己PRを考えても、実際提出となると不安も頭をよぎるかもしれません。
では、ぜひ自己PRをもう一度、自分で添削してみましょう。企業に評価される魅力的な自己PRで、より良いエントリーシートを目指しましょう。

自分の添削に自信がなければ第三者にお願いする

エントリーシートには、自己PRしたい自分の強みを具体的な経験を交えて説明しましょう。
たとえば、学生時代にどのような動機から行動を起こし、いかに結果を出したかなどです。ただ採用されたいばかりに、自分にない良さをいくらエントリーシートでアピールしても、担当者には残念ながら伝わりません。
自己PRは自分で添削を行い、改善すべきところを見つけ、さらに良いものにし、目に留まるエントリーシートを完成させて売り込んでみてください。
自分の添削に自信がなければ、第三者に客観的にチェックしてもらいましょう。

自己PRは内容がわかりやすく読みやすいものでなければ落ちる

企業の担当者は、時には新卒者の数千枚というエントリーシートをチェックします。そのため、内容が分かりにくい文章であれば、すぐに読むのをやめ、落とされてしまう可能性があるのです。
他のエントリーシートではなく、自分のエントリーシートで自己PRしたいわけですから、添削をして自己PR文を見直し、分かりやすく読みやすい文章を完成させましょう。

一文を短くするだけで読みやすくなる!余白にも注意して読みやすい自己PRを

どうしてもかしこまった文章を書くと、無駄に長くなり、意味が分からなくなってしまいますね。自己PRを添削して、なるべく一文は短くおさめましょう。長い文章を、意識的に文章を区切ってみてください。それだけで文章がすごく読みやすくなります。
手書きの文章の場合は、文字が詰まって読みにくくなっていないか、また余白にも注意して添削してみてください。

自己PRには結果だけでなく説得力を持たせるため「動機」も書く

採用を考えている企業は、実際に行った結果だけでなく、自分の会社に入る人にどんな特性があるのかを知りたいはずです。
そのため、あることを頑張っただけでは不十分です。自分がなぜそこのことをしたいと思ったのか、どうしてそれを行ったのかなど、エントリーシートの自己PRに、結果だけでなく自分の動機が入っているかに注目して添削してください。

説得力のある自己PRの作成には明確なアピールが不可欠

また、説得力のある自己PRをするためには、自分の観点から自己PRしても効果はありません。自分が学んだことについてアピールする際は、学生や現在の立場としてではなく、今後希望とする仕事で役立つ情報を、自己PRとして明確にするべきです。
エントリーシートの自己PRを添削する際は、今後企業で働いたときに学んだことが本当に役立つかアピールしているかを確認してください。

自己PRは読みやすさ・具体性に注目して添削することで魅力的なエントリーシート(ES)になる

今回は、自己PRは必ず添削を!選考を通過するエントリーシート(ES)のコツと題して、自己PRの添削やエントリーシートのポイントについて説明してきました。
良いエントリーシートを作成するには、まず具体的に自分の強みになっているか添削する必要があります。そして、数あるエントリーシートの中から目を留めてもらうには、読みやすさが重要です。さらに、企業の立場からみて、会社に必要な人材だとアピールできるような、自己PRの作成が成功につながります。
これらのことを踏まえて、もう一度自分の自己PRをぜひ添削してみましょう!

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント