2016年11月29日(火) 更新

就活で意識したい英語スキルのアピール方法

まずは保持資格に見合った英語力が自分にあるかを確認する

世界のグローバル化を受けて、英語が使える人の需要は高まり続けています。就活で目にする求人案内の中にも、条件として記載されている場合は多いです。自分が取得している資格や、TOEICやTOFLEのスコアに照らし合わせれば、就活における検討材料となるでしょう。就活の際にはまず、持っている資格やスコアに相当する英語力が、ついているかどうかを知っておきましょう。

就活では自分の英語力がどのくらいのレベルなのか知れる

頑張って資格を取得して、スコアを上げる努力を重ねていても、その勉強が直接ビジネスで活かせるとは限りません。就活では、自分の本当の英語力を知れます。仕事上で使った経験がどれくらいあるのか、どんな場面で使ってきたのか、使う相手や対象はどのようなステータスの人たちであったか、考える必要があります。

就活では「英語でどんなことができるのか」が重要

ビジネスでは、「英語を使いこなして何ができるのか」「どこまでできるのか」といった点が、重要視されます。ですので、英語を勉強しただけでは、対して評価されません。英語自体は、業務上で必要な場合も多く、就活での求人条件に入っているケースが多いです。就職活動でも、英語を勉強したことだけを強調するのは避けましょう。

英語の資格は求人における1つの指針でしかない

就活で応募する企業の採用担当者が知りたいのは、「資格を持っているかどうか」「どれくらい高いスコアを持っているか」などではありません。英語は、業務上でどうしても必要になる場合が多いです。ですので、英語の資格自体は、1つの指針として求人案内に記載するのです。本当の英語力が必要な企業で就活を行うと、筆記試験や面接での英語実技で、しっかりと見極められます。

英語は企業や社員構成次第で頻繁に使う可能性がある

一定レベルの英語力が求められる就活では、ビジネスのあらゆる場面での想像がつきます。外資系の企業であれば、本社とのやり取り、英語のミーティングが想像できますね。また、海外に拠点や取引先を持つ企業であれば、海外出張や交渉などの業務があるでしょう。多国籍な従業員がいれば、社内コミュニケーションを英語で取る必要性も出てきます。

就活では英語に加えてビジネス上のマナーや長所を見られる

直接の会話、電話、メールのやり取り、英語文書の処理によって、英語に慣れていれば、大きなメリットとなります。その上で、ビジネス上のマナーをしっかりと身に付けているかどうかが、就活の際に見られる点になるのです。積極的で広い視野を持っており、違いや変化への適応能力を持っていると、そういった部分がアピール材料になるでしょう。

就活では事前に自分の英語力を確認しておき仕事で何ができるのかをアピールしよう

英語は仕事において、お客様やクライアント、社内の上司や同僚たちと、意思疎通を行うコミュニケーションツールとなります。就活では、英語でコミュニケーションを円滑にできるかどうかか見られるでしょう。「聞くべきことを聞ける」「伝えるべきことを的確に伝えられる」のが、就活において求められる基準です。英語は、どの職種でも大変重要な存在となります。就活以外の環境でも、トレーニングを重ねておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【コールスタッフ募集】高時給×インセンティブ×柔軟シフトOK!

    エントリー後、【03-6435-0800】より面談についてお電話いたします。