2019年12月11日(水) 更新

ミツカンの選考情報で知っておくべき学歴と採用人数

ミツカンの選考情報①:選考の内容と流れ

選考情報としてまずはエントリーの流れについて把握しておきましょう。ミツカンの採用には、まずはエントリーをし、マッチングシートを出す必要があります。いわゆる「書類選考」を通ると、面接に至ることになります。この段階になると、適性検査などが行われます。そののち、内々定へと進みます。

書類選考を通過後に面接が行われ適性検査を受ける

マッチングシートの段階で、「学歴」が問われます。後で詳しく触れますが、ミツカンの場合、求められる学歴は大卒以上です。採用人数はそれほど多くありません。大手企業ではありますが、採用人数の枠は厳しいので、覚悟をもって望みましょう。ちなみに、ミツカンの場合、「何回の面接が必要か」ということは、公式ホームページでは明言されていません。あくまで「複数回」という記述があるのみですので、スケジュールの組み立てが必要になる可能性もあります。

実際の面接評価シートで確認する

面接をする際、面接官は面接評価シートを元に就活生を評価しています。面接評価シートには、マナーや身だしなみ、質問に対する受け答えなどの内容をチェックする項目があります。企業や職種によって設定されている項目は異なりますが、参考にすることで、面接官視点を把握することができます。「面接評価シート」を無料で手に入れて、面接前に最終調整をしたり、就活生同士の練習で活用したりしましょう。

ミツカンの選考情報②:求める学歴

選考情報として求められる学歴についても知っておきましょう。ミツカンの求める学歴は、「大卒以上」です。そのため、下記で紹介する「採用人数」も、「大卒以上の人」のものとなります。高卒の人は、学歴の段階で足切にあうため、応募することはできません。障がい者枠はあります。

学歴は大卒以上が対象になり障がい者枠もある

採用人数に関しては、「文系」「技術系」もほぼ変わりはないため、学部などは問われないでしょう。ミツカンの場合、食品業者ということもあって、「管理栄養士の資格で採用されることはあるのか?」という疑問も出てくると思います。しかし、ミツカンの場合、「管理栄養士としての枠」で社員を採用することはありません。もちろん、「管理栄養士の人は応募できない」ということではありませんが、その職務は、あくまで、技術の開発などになることは覚えておかなければなりません。

ミツカンの選考情報③:気になる採用人数と配属

選考情報として採用人数も確認しておきましょう。上でも触れましたが、ミツカンの場合、「管理栄養士の資格を持っているから、採用される(もしくは採用されない)」ということはありません。あくまで、「総合職」というくくりで募集して配属されます。技術開発や商品開発、あるいは営業や管理、といった働き方をすることになります。

採用条件に資格の有無は関係なく「総合職」として募集・配属される

大卒の学歴を持っている人によって構成される採用人数は、「文系か、あるいは技術系か」で分けられます。技術系でも文系でも人数はほとんどかわりません。毎年20名~30名前後をとっていますが、その比率はほぼ半々です。(2014年のみ「文系」が優勢)技術系でも文系でも、女子の採用率は男子の2分の1~3分の2程度ですが、もともとミツカンは採用人数がそれほど多くはないため、誤差範囲とみることもできます。

技術系・文系で20名~30名前後が採用される

大卒もしくは大学院卒であれば学歴は問われませんが、採用後の給料には差が出ます。大卒の場合は初任給が20万円前後ですが、大学院卒業(院卒)の場合は初任給が25万円を超えるため、給与面では大きな差が出る、と考えるべきです。ちなみに、修士の場合は22万5000円程度です。採用後のお給料に関しても選考情報で確認しておくと良いでしょう。

ミツカンの選考情報では資格の有無に関係なく最低学歴が「大卒以上」が対象で技術系・文系で20名~30名前後が採用される

ミツカンの選考情報についてご紹介しました。ミツカンは食品会社ですが、「管理栄養士」という枠組みで採用することはありません。また、選考情報にもあるように応募するための最低学歴は大卒以上ですから、高卒の人は応募することはできません。この「学歴での足切」には注意が必要です。ミツカンの採用人数はそれほど多くはなく、毎年20名~30名程度です。採用は「文系」と「技術系」も分かれていますが、その採用人数はほとんど同じで、大きな差はありません。以上の選考情報を参考にして、積極的にエントリーしていきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント