2019年11月21日(木) 更新

履歴書送付用封筒の宛名の正しい書き方【採用担当者様?】

履歴書送付用封筒の宛名の正しいマナーとは

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「履歴書送付用封筒の宛名を書くとしたらどう書きますか?(採用担当者様?人事部さま?)」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 採用担当御中
  • 採用担当者様
  • それまでやり取りした人の部署を書く。
  • 人事部様
  • 〇〇株式会社人事部御中

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月8日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「履歴書送付用封筒の宛名を書くとしたらどう書きますか?(採用担当者様?人事部さま?)」

履歴書を送付するための封筒に書く宛名は採用担当者や人事部となりますが、細かい言い回しについてはそれぞれ認識が異なるようです。「採用担当御中」「採用担当者様」では、どちらが正しいのでしょうか。封筒の宛名は正しいマナーで記入したいですね。個の記事では、履歴書送付用封筒の正しい宛名の書き方についてご紹介します。

社会人への第一歩!封筒の宛名の書き方は基本マナー

履歴書とは応募先の企業に対する最初のアピール行動となるため、丁寧な字や簡潔な内容でまとまった文章を書くのは当たり前のことです。
その次に大切なのは、履歴書等の応募書類を入れた封筒にしっかりと正しく応募先の情報を記入できているかどうかです。封筒の宛先には様々な書き方があります。

そのためうっかりしてしまうと、誤った表記で応募してしまうことになりますので、それをみた採用担当者は社会人としてのマナーが欠如していると見なしてしまう恐れがあります。

宛名の書き方は、今知らなくてもこれから身につければOK

「採用担当者様」や「人事部 御中」などとしっかりと表記できているかは就活に差を生むのではなく、当たり前のマナーになります。そのため社会人として当たり前のルールができているかを、履歴書等の書類送付の時点で見られているのです。

今知らなくてもこれから身に付ければいいだけですので、恥じる必要はありません。社会に出てから恥をかかないためにも、今の内から正しい封筒の宛名の書き方や送付状の書き方などをしっかりと理解しておきましょう。

就活で履歴書を採用担当者に送付する時の注意点とは?

多くはWEBエントリー通過後や、企業によっては最初のステップで履歴書を送付することになります。送付先となる住所や部署などが案内されるはずですので、しっかりと宛先を確認することから始めましょう。
履歴書の送付先となる宛先を確認すれば封筒が必要になりますが、その封筒にしっかりと正しい書き方で記入する必要があります。

宛名の鉄則!「宛」「御中」等のマナーを厳守した正しい書き方で

よく間違えてしまうのが採用担当者様「宛」や「御中」など、どの表記を使えばいいのかという問題ですが、案内された応募先によって書き方は変わってきます。どんな時に「様」を使うのか、また「御中」はどういった場合に使用するのかをしれば後にも使えるビジネス知識となりますので、しっかりと覚えておきましょう。

正しい書き方は「人事部御中」or「採用担当者」

株式会社を「㈱」と略式で表記せず、また宛名も人事部などの部署宛となっている場合は「人事部 御中」と書くことになります。 良く間違われるパターンは「人事部 宛」とい書き方ですので注意しましょう。
また担当者名が案内に記されている場合は上記とは変わって、複数いる場合は「採用担当者様」もしくは「○○様」と表記します。

よくあるNG!「採用担当者様 御中」とは絶対に記入しない

間違って「採用担当者様 御中」と記入してしまうと、その時点で落とされてしまうことも十分に考えられるため注意しましょう。
宛名の書き方で「採用担当者様 御中」という間違いは毎年のように失敗談で出てきます。宛名を間違えただけで不合格になるのはああまりにももったいないです。きちんとした宛名のルールを守りましょう。

履歴書は基本的なルールやマナーを守る

履歴書を作成する際は、誤字脱字に気を付けること以外にも基本的なルールやマナーを守る必要があります。履歴書には細かいルールや書き方が存在するため、きちんと守られているか作成前後にチェックすることが大切です。そこでぜひ活用したいのが「履歴書作成マニュアル」です。無料でGETできるので、履歴書の書き方に悩んでいる就活生におすすめです。実際に履歴書を作成する際のお手本としても、持っておいて損はありません。

就活では採用担当者に送付状も送ると印象がUP

履歴書や職務経歴書に力を入れるのではなく、封筒の書き方まで力を入れることを念頭に置きましょう。またしっかりと書類を送りたいのであれば、送付状も同時に入れておくといいでしょう。

送付状は不要とする意見もしばしば見受けられますが、それがあったからマイナスポイントというのはあり得ません。自分の気持ちをしっかり伝えるためにも、同封できる場合は送るのがおすすめです。

送付状にも「採用担当者様」と宛名を記入する

この送付状に関しても、誰宛に送っているのかを明記する必要があり、封筒同様に「採用担当者様」などと記入する必要があります。ビジネスでは、誰に向けて書いたものかを明示するのがある種の基本マナーです。「採用担当者様」と付け加えるだけで随分印象が変わります。すぐに実践できますから、宛名を正しく記入する習慣を今から身につけましょう。

履歴書送付用封筒の宛名は「採用担当者様」と「御中」を間違えないようにして就活を進めよう

履歴書を送る際の封筒の宛名の書き方を見てきましたが、いかがでしょうか?採用担当者様と書くのか、御中と書くのかは迷うとこでしょうが、ごちゃごちゃにしてはいけません。就活で履歴書を送付する宛名は、正しいルールで書きましょう。

履歴書の入った封筒だけでなく、社会に出てからも様々な場面で封筒に宛先を記入することはあります。特定の人物に送りたいのであれば「採用担当者様」、部署宛ならば「御中」という言葉を使用します。
稀に「採用担当者様 御中」と組み合わせて使用してしまう人もいますが、社会人としてのルールが欠如していると見られてしまうため、しっかりと使い分けを意識しましょう。
就活で履歴書を企業に送る際は宛先をしっかりと確認して、封筒に正しい表記を記入することは当たり前のことです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

D1bd5c6662a77f43

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント