2019年12月12日(木) 更新

TDKの選考情報として知っておくべき学歴と採用人数

TDKの選考情報①:選考の内容と流れ

TDKの選考情報としては、ホームページにあるマイページに登録をしてから応募します。マイページの登録ができたら、エントリーシートの提出とwebテストを受験します。一次・二次・最終選考と通過していったら内定となります。
一次選考では、適性検査とグループディスカッションします。二次選考では、面接と筆記試験を行います。最終選考では、役員との面接になります。

事務系は全学部学科・理系は電気・化学・物理などの学科を学んでいる人が対象

TDKの選考情報として募集職種は、技術系と事務系です。技術系に応募するには、電気・化学・物理などの学科を学んでいる人が対象になります。事務系は、学部学科関係なく応募ができます。
技術系は学歴が関係しており、学校推薦・教授推薦で推薦応募が可能です。その場合には、TDK採用窓口へ連絡をしてください。
TDKの選考情報として技術系・事務系では採用人数が異なります。事務系のほうが採用人数が少ないので、競争率は高くなります。
TDKの選考情報として技術系に応募する人達は、決まった学部を習得した学歴の持ち主ばかりです。いかに自分をアピールできるかがポイントになります。

TDKの選考情報②:求める学歴

TDKの選考情報として4年制大学・大学院を卒業・卒業見込みの学歴を持った方が対象です。3年以内の既卒者で大学を卒業した学歴を持った方でも応募が可能です。
採用人数は技術系・事務系とではそれぞれで違っています。事務系の採用人数は技術系より少ないので、採用されるには自分なりの自己アピールや、仕事への熱意など話すことを考えておくことが重要になります。

採用人数は技術系・事務系で異なる

TDKの技術系の職種には、特定の学科・学部を学んだひとが応募してきます。周りとの差がつきやすいので、勉強してきたことや得意なことなどを話して、積極的にアピールしていきましょう。自分のマイナスなことは話さずに、プラスなことをたくさん話すことで自分がどういう人間かを伝えることが大切です。

面接において第一印象が与える影響は大きい

自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

TDKの選考情報③:気になる採用人数と配属

TDKの選考情報として技術系の職種の採用人数は50名程で、事務系は15名程です。
勤務地は東京・千葉・秋田など他にも各事業所があります。入社後の配属先は、本人の希望と能力・適性に応じて決定します。入社後の異動・転勤は、本人の希望を考慮して決まります。配属後には、海外を含めた各事業所へ転勤をする場合があります。
事務系の採用人数は、技術系よりもかなり少ないです。そうなると競争率も高くなってしまうので、採用されるためには様々な努力が必要になります。

技術系は採用人数が多いが対象となる応募者の学歴を絞っている

TDKの選考情報として技術系は採用人数が多いですが、特定の学科・学部を学んだ学歴のひとを対象に募集しています。そのため、周りとの技術や知識の差を感じてしまいがちです。優れた学歴でも関係ありません。
多くの応募者の中から選ばれるためにも、TDKへ自分なりのアピール方法を考えましょう。

TDKの選考情報として知っておくべきことは職種によって対象となる学歴や採用人数が異なっている

TDKの選考情報としては学歴関係なく応募が可能です。3年以内の既卒者で大学・大学院の卒業学歴を持ったひとでも応募ができます。
採用人数は職種でそれぞれ違いますが、自己アピールを積極的にしていけば面接官の目に留まるはずです。採用人数は少ないですが、熱意が伝われば採用への一歩に踏み出せます。選考情報や募集要項だけ見て諦めないで、TDKに応募してみましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント