2016年11月29日(火) 更新

就職活動のカギ!就活で行う適性検査の種類

適性検査とはなにか?

これから適性検査の種類について触れていくわけですが、その前にまずは適性検査とは何かを先におさえておきましょう。適性検査とは何かを紹介すると、性格検査と能力検査の2つに分類されます。

就活などにおいて、能力検査だけが実施されるケースは少なく、総合検査(性格検査+能力検査)、もしくは性格検査のみが実施されるのが一般的とされています。

適性検査とは何かをここでしっかりとおさえておいてくださいね。

SPI試験の適性検査とは

それではまず就活で行われる適性検査の種類について紹介していく前に、そもそも就活で行うSPI試験の適性検査とは何ぞやといった部分について紹介します。

ただやみくもにテストの種類を知り、テストを受けるといったことよりも大事となる部分ですので、しっかりと確認をお願いします。

職業の適性や、向き不向きを調べるためのテスト

就活で行うSPI試験の内容は、「適性検査」と「能力テスト」の2つに分かれています。 今回紹介する「適性検査」は、職業の適性や向き不向きを調べるためのテストとなります。

受験者の性格や態度、興味の方向性などが調べられ、どのような仕事に向いているのか、労働者としての資質等が明らかにされるのです。

適性検査には回答に正解がないのが特徴

就活で行われる適性検査に関しては通常のテストとは大きく違い、回答に正解がありません。回答の内容は、その人の人間性を知るためのものであり、正解や不正解といった回答は存在しません。

自身が思ったように、正直に回答するのが適性検査では鉄則といえるでしょう。適性検査は感覚で解いて問題を進めていくのも、通常のテストとは違うとこです。

回答で嘘をついても良い結果にはつながらない

就活で適性検査を受ける際の注意点として覚えておきたいのは、回答する際にウソをついても決して良い結果にはならないという点です。応募先企業によく思われたいからといって、自分の意思とは違いのある、印象の良さそうな回答を選んでしまうと、導き出される適性検査の結果に歪みが生じます。

回答内容にウソがある場合、精査をすれば違いが発覚してしまうもの。ウソをつくような人物であると判断されれば、かえってあなたの印象を落としてしまいかねませんし、落とされてしまう確率も高いでしょう。就活で適性検査を受ける際は余計な小細工はせず、正直かつ誠実に回答してくださいね。

適性検査の実施方法・場所や形式はさまざま

ここまでで紹介している、就活で受けるSPI試験の適正検査の実施方法には次のようなものがあります。

・テストセンターで受験
・企業において受験
・Webテストで受験
・ペーパーテストで受験
などです。

なお、就活中、実施方法や出題範囲は応募する企業によって違っているので、どのような問題が出題されても困らないよう対策をしておきましょう。

就職活動中に出会うことの多い「玉手箱」

玉手箱という適正検査は、日本SHL社が作っている就職採用向けのWebテストのことをいいます。英語が受験科目に含まれているのが大きな特徴。

また、具体的なテスト内容は計数や言語IMAGES形式の言語のほかに性格、意欲検査などがあります。玉手箱を採用している企業は非常に多いですので、就職活動中に出会う可能性は非常に高いでしょう。

玉手箱は他の適性検査と比べて問題が特殊

Webテストである玉手箱で求められる能力は、解析力や読解力など、他の適性検査で求められる能力とさほど変わりはありません。

ただし出題される問題は、他の適性検査では見慣れない内容ばかりですので、書店で売られている対策本などを活用してしっかり対策をしておかないと、ほとんど解けずにテストが終わる可能性があります。

IT関連企業であれば必須といえる「CAB適性検査」

IT関連の企業であれば、必出ともいわれているCAB適性検査。このCAB適性検査で応募者の何を分析しようとしているのでしょうか?IT関連の企業へ応募を考えられている方は必ず目を通しておいてくださいね。

コンピュータ職が合うかどうかを分析する

「CAB適性検査」はコンピュータ職適性検査と呼ばれる場合もあります。文字通り、コンピュータ職としての適性を判断するための検査といえ、SEやプログラマーそれぞれについての職務適性に加えて、「バイタリティ」や「チームワーク」といった特性を見分けるためにも用いられています。

また最近ではSEやプログラマーだけでなく、より多くの企業がこのCAB適性検査を用いるようになってきています。事前にどの適性検査を受けさせるかを知らせていない企業が、突然このCAB適性検査を用いる場合もあり、初めて目にする受験者にとっては全く歯が立たないケースが良くみられます。

「TG-WEB」はweb版キャリアパーソナリティ適正検査

最後にTG-Webを紹介します。TG-Webは、ヒューマネージ社が作っているweb版キャリアパーソナリティ適正検査のことをいい、ここ数年で実施する企業が増えているのが特徴です。

では、このTG-Webテストでは受験者のどのような部分を見るために行われるのでしょうか?

採用後企業で実績を出せる人材かを分析される

TG-Webテストは受験者が就職後にその企業で実績が出せる人材かどうかを分析する適正検査で、他のwebテストに比べて難しいといわれています。試験時間がとても短く、問題量が多いので、事前に十分な対策を取ることが必須です。

就職活動の際には、書店などで問題集を購入し、たくさん解いて慣れておきましょう。

就活・就職活動で出されている適正検査をしり対策をしておこう!

ここまでで、就活・就職活動で応募者に出されている適性検査の種類について紹介してきました。しっかりと把握できましたか?多くの企業では、応募者にどの適性検査を出すかを知らせません。

ですので、今回紹介したテストなどの概要をしっかりとおさえ、書店などで対策本を購入し、しっかりと対策を立てておくのが大事です。大丈夫です。「あなたならやれる!」対策をしっかりと立てた上で自信を持って臨みましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント