2019年12月18日(水) 更新

紀陽銀行の選考情報で知っておくべき学歴と採用人数

紀陽銀行の選考情報①:選考の内容と流れ

紀陽銀行の選考情報として、採用選考の内容と流れは次のようになっています。プレエントリーの後、合同企業説明会・学内セミナーなどを予定しています。

その後会社説明会を実施します。その後Webで記入して送信する形式のエントリーシートを提出します。次の選考情報としては書類審査の後、面接と適性検査、webテストなどを実施します。

テスト・適性検査→グループディスカッション→面接→OB・支店訪問→内定

紀陽銀行では、1次面接でグループディスカッションが実施されます。2次は面接です。大学でゼミを選考している場合、どういったものなのかなどの簡単な質問がされます。

2次を通過すれば、最終面接にうつることができるのです。その後、紀陽銀行のOB訪問、支店訪問などがあります。これらを突破した人が内定する、という運びです。

面接において第一印象が与える影響は大きい

自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

紀陽銀行の選考情報②:求める学歴

紀陽銀行の採用する学生の学歴に関する選考情報としては高学歴者が多い傾向がみられまずが、学歴ではなく人物重視の選考です。紀陽銀行では学歴や偏差値ではなく、人物重視の採用選考を行っています。

そのため、筆記試験より面接で人柄を重視した採用選考がおこなわれているのです。

学歴は高学歴者が多い傾向がみられる

選考情報として、紀陽銀行に在籍している社員の出身大学を見てみると、東京大学、一橋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、筑波大学、大阪市立大学、大阪府立大学、慶應義塾大学、早稲田大学、同志社大学、立命館大学、関西学院大学、関西大学、上智大学、国際基督教大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、和歌山大学、中央大学、法政大学、京都産業大学、などがあります。

(参考)マイナビ20121

紀陽銀行の選考情報③:気になる採用人数と配属

紀陽銀行の採用選考は学歴重視ではなく人物重視であることなど、学歴や採用の流れなどに触れてきましたが、最後に採用人数と配属の選考情報についてです。

例年150名ほど採用

選考情報として、紀陽銀行では例年150人ほどの採用人数となっており、配属先は、以下が挙げられます。

・融資本部:事務システム部、総務部、リスク部、消費者ローン部、融資部。
・営業推進部:市場営業部、住宅ローン推進室、地域振興部、営業統括部。
・人事部:人事相談室、人材開発担当、人事担当。
・経営企画部:広報・CSR推進室、主計担当、関連事業担当、企画・ALM担当

などがあります。勤務先は本店をはじめ、和歌山県内の68店、大阪府内の38店、東京都1店、奈良県内の2店などとなっています。

紀陽銀行はの選考は適性検査・グループディスカッション・面接があり例年150名ほど採用する

紀陽銀行の選考情報として就活生が知っておくべき学歴や採用人数など紀陽銀行をめざして就職活動中の学生さんのためにシンプルにわかりやすく解説してみました。

紀陽銀行は和歌山県内と大阪府を中心に支店を展開している地方銀行です。学歴はそれほど問われませんが、採用人数などは年によって変動するので、あらかじめ選考情報を調べておくようにしてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

D1bd5c6662a77f43

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【理系限定】関東・関西就職を実現!特別選考枠でスピード内定が狙えるサービス

    【関東・関西以外の地方にお住まいの方】エントリーはこちら