2020年06月29日(月) 更新

富士通の選考情報で知っておくべき学歴と採用人数

富士通の選考情報①:応募方法

学歴や採用人数に関する選考情報を見る前に、富士通の選考方法いついて見てみましょう。富士通への応募方法には2種類あります。入社後にやりたいことがすでに決まっている学生はWishコース、まだ決まっていない学生は、就活期間中は志望職種を決めず内々定が出てから考えるOpenコースに応募します。各コース併願はできません。

応募するコースによって職種が異なる

Wishコースで募集されるのは営業、システムエンジニア、開発、サプライチェーンマネジメント、購買、法務・知的財産、財務・経理です。Openコースはこれらに研究と総務・人事が加わります。学歴毎の採用人数は決まっていません。富士通の採用では募集は全学部全学科で、学歴や男女による採用人数枠はありません。コンピュータの知識があるかないかで有利不利は全くありません。英語力は選考で重視されませんが、入社後は必要になるでしょう。

富士通の選考情報②:求める学歴は高専・大学大学院卒

富士通の求める学歴に関する選考情報を見ていきます。富士通の求まる学歴は、高専卒、大学卒、大学院卒となっています。全学部学科からの募集を行っています。富士通における採用人数の割合は、技術系と事務系が7:3程度になっています。やはり技術系の基本力と資質を持っている人を多く採用しています。とはいえ、文系が一概に不利ともいえません。技術系では理系で学校推薦がありますが、その他は一般公募です。

高学歴にこだわりはなく面接を重視している

採用は学歴重視ではなく面接重視です。学歴は「育成する採用」をうたう富士通ではさほど気にする必要はないかもしれません。文系でSEを志望しても問題ありません。全国の国公私立大、高専を採用対象にしています。学歴ごとの採用人数は公開されていませんが、文系理系は問われません。次に、採用人数に関する選考情報を見てみましょう。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

富士通の選考情報③:採用人数は未定

採用人数に関する選考情報を見てみましょう。富士通の採用人数は公表されていません。過去の採用人数も公表されていません。富士通では応募方法ごとに配属先が決まる時期が異なります。Wishコースでは応募時に志望職種を選びますが、Openコースでは応募時には職種決定せず、内々定が出てから配属先が決定することになります。採用人数のうち、2011年からChallenge&Innnovation採用というユニークな採用も始まっています。一種の自己推薦で、何か際立つものを持っている人はチャレンジしてみるといいかもしれません。

入社後も勉強を継続でき富士通に共感できるとアピールすることが重要

女性社員の比率は例年15%前後、女性幹部の比率も4%を超えているところが特徴的でしょうか。富士通では学歴による採用人数を気にする必要は少ないといえます。それよりも欲しい人材の3つのポイントを抑えておくことが重要です。好奇心を持ち、入社後も勉強を継続できる人、富士通という企業の社風を理解して一緒に仕事ができる人を富士通は求めています。

富士通の選考情報として求める学歴は高専・大学・大学院卒で採用人数は未定であることを把握しておこう

富士通の選考情報で知っておくべき学歴と採用人数について見てきました。富士通では、採用人数は学歴よりも面接による人物評価が重要視されています。企業が求める人物として挙げられている、好奇心を持って行動できる、継続して社会人基礎力を伸ばすことができる、富士通に共感できるという人材が富士通では学歴を問わず採用されているようです。採用人数は公表されていませんが、選考は高倍率になることが予想されます。以上、富士通の選考情報で知っておくべき学歴と採用人数をご紹介しました。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント