2020年06月29日(月) 更新

アフラックの選考情報で知るべき学歴(大学)の必要性と採用人数

アフラックの選考情報①:選考の内容と流れ

アフラックの求める学歴や採用人数に関する選考情報紹介する前に、選考内容や流れについて説明していきます。選考の流れとして、まず会社説明会に参加します。そのあとテストとグループディスカッション、そして面接をおこなうのです。グループディスカッションでは「アフラックがもっといい会社になるにはどうしたらいいか」といったテーマが出されることが多いでしょう。出されたお題について議論をするので、自分の意見を短時間でまとめて簡潔に主張することが大切です。

グループディスカッション後に面接が複数回ある

グループディスカッションのあと、数回の面接を行います。面接ではコミュニケーション能力が重要ですが、言葉遣いやマナーに注意しましょう。最終面接では自分の個性をいかに発揮できるかが、内定を左右しますので、緊張しすぎずに、元気よくはきはきした受け答えを心がけてください。

あなたの面接力はどのくらい?

面接を受ける際、身だしなみやマナーも意識する必要があります。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、面接で高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

アフラックの選考情報②:求める学歴は短大・大学・大学院卒

アフラックの求める学歴についてみていきましょう。アフラックの求める学歴は、短大卒、大学卒、大学院卒です。アフラックでは主な募集職種として、事務系、営業系、IT系、専門系といった職種を募集しており、採用予定学科としては、法学系、経済系、社会情報系、外国語系、教育系などの様々な文系から、電気系、数学系、機械系、情報工学系、生物系、物理系など様々な理系まで、あらゆる分野での採用を予定しています。

アクチュアリーコースは理数系専攻で保険数理業務の基礎能力が必要

アクチュアリーコースでは、日本アクチュアリー会の会員となることを目指しながら数理業務を行うコースです。このコースで働きたい場合は理数系等を専攻していて、なおかつ保険数理業務の基礎となる能力を有している方を募集しています。採用人数などにつきましては、次の項目を参照にしてください。アフラックでは基本的に学歴は理系文系問わず募集しているのです。

アフラックの選考情報③:採用人数は例年150~200名程度

アフラックの採用人数に関する情報も確かめましょう。採用人数は募集要項を見ると、例年150~200名程度です。年度によって採用人数には差がありますので注意しましょう。なお、職種別および学部学科別の採用人数も公表されていません。

アフラックの選考情報④:配属先は職種によって異なる

最後に入社後の配属先に関する選考情報を確認します。配属先は職種によって異なります。

アフラックの職種

  • アクチュアリーコース
  • 全国型基幹職コース
  • エリア基幹職コース

全国型の場合は全国各地への転勤があります。エリア基幹職の場合は、異動はなく、決まった土地でキャリアアップを目指しながら働くというものです。アクチュアリーは、数理を専門とした業務を行います。

アフラックの選考情報として求める学歴は短大・大学・大学院卒で採用人数は例年150~200名程度であることを知っておこう

アフラックの選考情報で知っておくべき学歴と採用人数について見てきました。アフラックでの就職活動を考えているなら、事前に選考情報をチェックしておきましょう。特に採用人数や学歴については事前に調べておき部分です。毎年どのくらい採用人数がいるのか、どの程度の学歴が有利かなどを把握しておく必要があります。アフラックの求める学歴は短大卒、大学卒、大学院卒です。全学部学科からの募集を行っていますが、アクチュアリーコースに限り、理数系専攻で保険数理業務の基礎となる能力が求められます。職種によって配属も異なるので、選考情報は必ず目を通しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント