2019年12月20日(金) 更新

大阪府警察の選考情報で知っておくべき学歴(大学)と採用人数

大阪府警察の選考情報①:内容と流れについて

大阪府警察の採用選考について説明しましょう。
まず、大阪府警察は学歴不問です。誰でも大阪府警察のホームページまたは就活サイトからエントリーすることができます。採用選考で重要となる学歴や採用人数、選考日程などの選考情報は、エントリーする前に把握しましょう。採用人数においては、学歴や文系、理系の学部による応募の制限もありません。エントリーシートを送り、受験案内を待ちます。エントリーシート提出後、大阪府警察の採用選考が本格的に始まります。
大阪府警察では、面接や筆記試験など、採用選考プロセスが複数回設けられています。面接の前に、数学や国語、適性検査などを含めたテストが実施されます。また、論文やエントリーシートも選考中に時間制限を設けられて記載します。

面接では個性ややりたいことを主張する

大阪府警察の選考における面接は第二次で行われます。面接では、自分が警察官になってなにをしたいのかを重点的に聞かれます。漠然とした考えで警察官を目指すと、厳しい訓練を乗り越えられない場合が多いです。個性を生かした具体的な答えを用意しておきましょう。

実際の面接評価シートで確認する

面接をする際、面接官は面接評価シートを元に就活生を評価しています。面接評価シートには、マナーや身だしなみ、質問に対する受け答えなどの内容をチェックする項目があります。企業や職種によって設定されている項目は異なりますが、参考にすることで、面接官視点を把握することができます。「面接評価シート」を無料で手に入れて、面接前に最終調整をしたり、就活生同士の練習で活用したりしましょう。

大阪府警察の選考情報②:学歴(大学)については不問

選考情報の1つとして学歴も挙げられますが、大阪府警察で求められるのはどのようなものでしょうか。大阪府警察の募集要項には、学歴や学部についてこれといった特記事項はありません。募集対象は学部・院生不問、文理不問ですし、募集学部・学科についても全学部・全学科と書かれています。額面通り情報を受け取れば、どんな大学のどんな勉強をしてきた人でも大阪府警察では「正義感」や「体力」を重視されます。

大阪府警察には大学出身者が多い

しかし、大阪府警察の採用実績を見てみると、大学出身が多数です。例をあげると、愛知大学、会津大学、大阪人間科学大学、関西福祉科学大学、神奈川大学、金沢大学などです。体育大学だけでなく、様々な学部からの応募、採用が多いようです。

学歴より個性や体力が重視される

学歴より、大阪府警察では体力や個性が重視されます。体力がないと持続性がなく、任務遂行も危ういとみなされます。体力に自信がある人たちが応募してきますので、体力があることを主張できる経験談を用意しておきましょう。

大阪府警察の選考情報③:採用人数と配属について

選考情報として気になる大阪府警察の採用人数ですが、直近の3年間の採用実績は以下のようになっています。2013年度1,170人、2012年度1,158人、2011年度が1,161人となっています。この採用人数は比較的多いと言えます。また、平成27年度の採用予定人数は1,100人程度となっています。また前述したように学歴の高い人、体力に自信がある人が集まる傾向にあるため、自分の学歴や体力に自信のない場合、準備はしっかりとしておく必要があるでしょう。

採用後は警察学校で様々な勉強を行う

採用後は、全寮制の警察学校に入校します。そこでは、職務倫理・法学・基本実務・柔道・剣道・逮捕術・OA等を学んでいきます。その後、警察署に赴任となり、研修を経て再び警察学校でフォロー研修を受けます。

大阪府警察の採用での選考情報として学歴(大学)は不問であり採用人数は1,100人程度と把握しておこう

大阪府警察の選考情報で知っておくべき学歴と採用人数について説明しました。選考情報では、エントリーシート、受験内容、そして面接と一般的な流れを大阪府警察でも導入していることがわかります。大阪府警察では1,100名程度の採用を予定するなど採用人数が年々安定しています。選考情報から、学歴不問で出身大学のレベルよりも体力や個性重視の採用活動が行われている、と考えてよいでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Bc13609351f58bdb

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【理系学生限定】ダイレクトオファー(オンライン)

    10/05 (11:00~15:00) 【※オンライン開催※】