2019年09月27日(金) 更新

UR都市機構の選考情報で知るべき学歴(大学)の必要性と採用人数

UR都市機構の選考情報①:内容と流れについて

UR都市機構の選考情報について説明しましょう。
まず、選考情報としてUR都市機構は「総合職」を募集しています。仕事内容として、総合職事務系と技術系にわかれ、「人が輝く都市」をめざしてミッション達成に向かって企画・立案をしていきます。事業の普及や受付の仕事、事務作業も業務になります。

UR都市機構の選考の流れ

就活サイトより、エントリーすると選考に進めます。5月下旬から7月上旬にエントリーシートの提出とテストセンター方式での適正検査を行います。書類選考等を通過後、面接試験を複数回行い、内定となります。

面接では仕事に対する意気込みを話そう

UR都市機構の選考では面接も行います。面接では、自分がUR都市機構に入ってなにをしたいのかを重点的に聞かれるようです。漠然とした考えで目指すと、面接官に思いが、伝わらないことが多いです。仕事に対する意気込み、誇りを常に意識し、具体的な答えを用意しておきましょう。

面接において第一印象が与える影響は大きい

自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

UR都市機構の選考情報②:学歴は大学・大学院が対象

選考情報の1つとして学歴も挙げられますが、UR都市機構で求められるのはどのようなものでしょうか。UR都市機構の募集要項には、総合職は全学部学科の大学・大学院卒業見込みの人が対象と記載されています。総合職は幅広い対象なので、あきらめずに募集しましょう。

学歴と同列にフットワークの軽さも重視される

学歴と一緒に重視されるのが、「UR都市機構が求める人物像」です。UR都市機構では、「人が輝く都市」を目指してという組織理念を掲げています。くらしを変えていきたいと思う人をUR都市機構は欲していると考えてよいでしょう。組織理念に基づいた行動力も学歴と同じくらい大切にされていますので、ぜひ、面接では行動力をしめせる具体的なエピソードを用意しておきましょう。

UR都市機構の選考情報③:採用人数と配属について

選考情報として気になるUR都市機構の採用人数についてご紹介します。採用人数を把握しておくと、採用時に目安となります。過去3年間の新卒採用者数は以下の通りです。

2017年度 80名 
2016年度 70名
2015年度 77名

▽こちらもチェック!
UR都市機構に採用されるための志望動機の書き方と回答例

UR都市機構の採用での選考情報として学歴は大学・大学院卒業見込みで採用人数は未定と把握しておこう

UR都市機構の選考情報で知っておくべき学歴と採用人数について説明しました。選考情報として、UR都市機構の採用人数は未定となっています。採用されるには、UR都市機構の理念をしっかりと頭の中に入れ、共感できるエピソードを用意しておく必要があります。前年度選考情報から、学部は関係なく、大学・大学院卒業見込みであるという募集しているということを覚えておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント