2016年12月12日(月) 更新

商社を希望する際に海外進出している企業を選ぶ注意点

海外進出している商社に就職するためには語学力が必要

海外進出している商社に入社することで、世界を舞台にして仕事ができます。そういったことに憧れを持ち、商社への就職を希望することもあるでしょう。しかし、海外進出をしている商社に入社して世界を舞台に仕事をするためには、ある程度の語学力が必要です。海外進出先の母国語が英語だとは限らないため、複数の言語を習得していることが望ましいです。

海外メーカーとの取引には様々な高い能力が必要

通常、取引先の潜在ニーズを引き出して、期待以上の製品を提供することが重要とされていますが、海外メーカーを相手にすると、そういったことが上手く行えません。海外進出をしている商社に入社して、高い成果を挙げるためには、言語や文化の壁を乗り越えた高いコミュニケーション能力が必要です。これは、実際に現地に留学するなどして生の言語や文化に触れていなければ身に付けることは難しいです。

商社の海外インターンで実力を証明しよう

海外進出を果たしている商社への就職を希望するのであれば、海外インターンに参加して実力を証明しましょう。初めて海外で住むことになれば、様々な問題に直面して、仕事に中々集中できない可能性があるため、実際に海外に滞在した経験を持っている人物は、商社に優遇される可能性が高いです。就職を希望している商社の海外インターンに参加することが望ましいです。

海外インターンで実力を証明できれば就職に繋がる

海外インターンで実力を証明できた場合、そのまま正社員として雇用される場合があります。これは、海外の企業特有の制度ですが、海外進出を果たしてある程度期間が経過しているのであれば、海外の文化を取り入れている可能性があります。そういった制度があるかどうかは実際に参加しなければわからないことが多いですが、就職を希望している商社の海外支部がインターンを行っているのであれば積極的参加しましょう。

海外勤務になった場合は体力と精神力が削られていく

商社に入社して海外勤務になった場合、現地の言語と文化の壁に悩まされ、体力や精神力が削られていくことになります。海外勤務になれば、家賃の補助や手当などが高くなることが多く、金銭面では豊かになるでしょう。しかし、体力や精神力が高くない場合には、どれだけ待遇が良くても体を壊してしまっては意味が無いので、やむを得ず帰国することになる可能性があります。

海外で成果を挙げることができれば支部の代表も夢ではない

商社の海外進出している支部で成果を挙げることができれば、元々海外勤務の人員は少なく設定されているため、支部の代表になるのも夢ではありません。海外メーカーと取引することが多かったとしても、国内メーカーよりは少ないことがほとんどです。海外勤務を命じられた場合は、体力や精神力に自信があるのであれば、自身が海外進出するチャンスだと思って受けた方が良いでしょう。

海外進出している商社に就職するには語学力と体力が必要になるので注意

商社が海外進出を果たしているのであれば、その商社に入社することで世界を舞台に仕事ができます。しかし、海外で働いて成果を挙げるためには、高い語学力とコミュニケーション能力が必要です。また、言語や文化の違いに戸惑いを感じ、海外に引越してからしばらくの間は仕事に集中できない可能性もあります。留学経験がある場合は、そういったことに戸惑うことなく働くことができるでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント