2017年07月06日(木) 更新

医療事務の仕事内容と働くために必要なこと

医療事務の仕事内容は主に事務処理と患者接遇

医療事務とは、医療関係における様々な事務作業をおこなう仕事となっています。仕事先は病院や診療所などの医療機関で、受付業務や患者応対、電話の取次ぎなどの接遇も重要な仕事です。その上で、医療に必要な各種書類の作成や準備、管理なども仕事内容となっています。働く上でデータ類を多数取り扱うことも多く、医師や看護師、患者との接触も多い仕事です。

仕事の多くは書類やデータの管理

医療事務の仕事内容は、受付や電話の取次ぎ、会計なども含まれますが、その大部分は医療関係の書類関係に取られることが多くなっています。カルテの管理や入力業務はもちろん、レセプト業務やクラーク業務が特に多くなる傾向にあります。医療費を保険組合に請求するための非常に重要な仕事なので、病院や診療所などの医療機関にとって、決して欠かすことができない存在なのです。

医療事務として働くには積極的にスキルを磨くことがポイント

医療事務として働くために、絶対に取得しておかなければいけない資格は特にありません。しかし、医療に深く関わる仕事であるため、働く前に各種医療資格を取得して医療事務に就く人は多く、事務関係に特化した民間の資格や講座も多く開催されています。パソコンや経理におけるスキルは、事務作業においても活かしやすいので、働く前に磨いておいて損はないでしょう。

医療事務の資格にはメリットが生じるものもある

医療事務として働く上で、絶対に取得しなくてはいけない資格はありませんが、取得しておくことで就業や待遇にメリットが生じやすい資格はいくつかあります。もっともメジャーなものでは、「医療事務技能審査試験」と「診療報酬請求事務能力認定試験」があります。医療事務の重要な仕事であるレセプトのやり取りにおいて役立てやすく、給料にも資格手当がつきやすい資格です。

医療事務として働く際には個人の資質も重要

医療事務の仕事は、様々な資質が求められる仕事でもあります。特定の必須資格がない分、個人の資質によって働く際に大きく差が出やすい仕事でもあります。他人と多く関わる仕事であると同時に、事務作業をてきぱきと進めていく必要もあるので、上手な切り替えやコミュニケーション能力があると働く上で役立てることができます。

医療事務に活かせるスキルはコミュニケーション能力と事務能力

医療事務として働く際には、患者や医師と関わることが多いため、相手の立場を思いやったコミュニケーション能力や、マナースキルが必要となってきます。ホスピタリティを意識することが大切です。また、多くのデータや書類を効率よく処理することが出来る事務スキルは必須です。表計算ソフトをはじめとして、数字にそもそも強く、計算をスピーディーにこなせるのも重要なポイントです。

医療事務として働く際には資格取得や仕事に必要なスキルを磨くことが大事

医療事務の仕事は、専門性が高いため、安定して働くことのできる仕事となっています。雇用窓口も多く、女性であれば結婚したり、出産したりしたあとでも働きやすいのがポイントです。未経験からでも勉強をして就業することは可能なので、まずはメジャーな民間の資格を取得してみましょう。理想の働き方が出来るよう、コツコツ勉強を進めてみると良いでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント