2017年07月20日(木) 更新

就活を私服で行う場合のジーパンなどデニム生地の服での参加について

就活生はカジュアルすぎない服装を心がけている

就活生の声

キャリアパーク会員の就活生を対象に「就活を私服でおこなう場合に注意すべきマナーは何だと考えますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。


  • 派手すぎないか、清潔感はあるか

  • オフィスカジュアルであること

  • 失礼のないように、かつ個性も出せるような私服で

  • カジュアル過ぎない

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月8日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「就活を私服でおこなう場合に注意すべきマナーは何だと考えますか?」

多くの就活生は、私服で参加するときの服装がカジュアルになりすぎないよう注意しているようです。「派手すぎないか、清潔感はあるか」「オフィスカジュアルであること」「派手・カジュアルになりすぎないこと。」などが目立った回答結果となりました。
では、どのような私服がカジュアルすぎてしまうのか、こちらの記事で確認していきましょう!

就活の私服でジーパンはNGなのか?

就活における私服は、どんな恰好でも良い訳ではありません。相応しくないアイテムとは何なのかを考えましょう。就活中はマナーとして目上の人に会いにゆきます。私服OKとはいえ、どんな服装で行ったら良いのでしょうか。特に、ジーパンやデニム素材のものは良いのか、悪いのかが気になるところです。

NGなポイント一覧

就活中に私服参加することになった際、どういった部分がNGになるのでしょうか。例えば、Tシャツなどのラフな服装は禁物です。また、ジーンズの着用も持ってほかです。基本的にはビジネスカジュアルと呼ばれる服装なので、ジャケットやスラックスなどの着用が望ましいのです。

理想的な就活の私服におけるマナー

就活における私服にもマナーがあります。マナーを守ることで清潔感にも繋がり、良い印象を与えることができるでしょう。良い印象を与えれば、採用に繋がりますので、私服のマナーを踏まえるようにしてください。

就活時の私服は清潔感が大事!

私服面接の際に、ダメージジーンズを履いた男子や女子が現れます。しかし、これは間違いです。私服とラフな格好は異なります。就活の「私服」とは、面接にふさわしい服装のことです。それを、オフィスカジュアルと言います。相手に「不潔感」を与えない格好のことです。ジーンズ・デニムが不潔という訳ではありませんが、良い印象は与えません。

就活時の私服の具体的な格好!

具体的な格好は、男子ならジャケット、シャツ、カーディガン、チノパンなどを使ったもの。ジーパン、デニムは避けましょう。ダークトーンが良いですが、全身真っ黒は避けましょう。女性は高すぎるヒールや、ミニすぎるスカートを避けてください。女性もデニム地のジャケットではないものを着用しましょう。

男性はダークトーンに全身黒色は避ける!

具体的な格好は、男子ならジャケット、シャツ、カーディガン、チノパンなどを使ったものが良いです。シャツは白、汚れがなく良くプレスされたものにしてください。サイズは袖口や裾が、短めの方が良いでしょう。ダークトーンにまとめますが、全身黒は変なので避けてください。

女性はスカート丈に注意する!

女性は基本的にワンピース、シャツやスカートなどで大丈夫です。ただし高すぎるヒールや、ミニすぎるスカートを避けてください。TPOがわきまえられていないと言って、落とされる場合があります。もちろん、ジーパンはNGです。

就活時の私服でジーパンはNG!オフィスカジュアルがマナー!

就活で私服がOKだとしても、ジーパンやデニムではダメです。マナーとして、TPOを意識した格好にしてください。特に、清潔感やどう見られているのかを考えてみましょう。それは、就活の自己分析にも繋がるはずです。私服OKな場合には、是非、オフィスカジュアルを学んでから行くようにしてくださいね!

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント