2016年11月29日(火) 更新

スーツのブラウスを就活で着るときの選ぶポイント

就活でのスーツのブラウスの色は白を選ぶ

就活で使用するスーツのブラウスは、無地の白にしましょう。ストライプやチェック柄の入っている物や、ごく淡い色合いのシンプルなブラウスなどもやめておきましょう。就活では、清潔感と若者らしさをアピールするために、シャツの色は白にします。就活女子の中で、リクルートスーツの服装は万全だけど、ブラウスやワイシャツの服装チェックが甘くなっている人が多くいますので、気を付けましょう。

就活はオシャレより第一印象が大切

就活では、面接官にいい印象をもってもらう必要があります。スーツのブラウスはデザインよりもシルエットを優先しましょう。そして、リクルートスーツとの組み合わせも非常に重要になってきます。オシャレであることよりも、清潔感ときちんと感を大切にして、若くやる気にあふれた就活生らしさというものを意識しましょう

就活スーツのブラウスはシルエットが重要

スーツのブラウスは、しっかりと自分にあっているかどうかが重要なポイントです。なぜなら、シルエットが全く異なるためです。男性はネクタイがありますが、女性には無いため、シャツやブラウスが非常に目立ちますので、きちんと着こなせる自分に合ったブラウスを選ぶようにしましょう。マナーをおさえたシャツの着こなしをしっかり考えましょう。

就活でのスーツのブラウスおすすめ:スキッパーシャツ

スーツのブラウスを選ぶときに、スキッパーシャツを選ぶ場合、活発的な女性の印象を与えることができます。最近の就活では、どちらかというとレギュラーブラウスよりスキッパーシャツを選ぶ就活女子の方が多いとも言われています。レギュラータイプのシャツに比べて活発的な女性である印象を与えることができます。注意すべき点は、シャツの襟が、リクルートスーツの襟の幅よりも大きくならないようにします。

就活でのスーツのブラウスおすすめ:レギュラーブラウス

スーツのブラウスで、もっともスタンダードなものがレギュラーブラウスです。レギュラーブラウスは、清楚な女性である印象を相手に与えられる服装です。レギュラーブラウスを選ぶ際には、お店でしっかり首周りのサイズまで測ってもらい、しっかりと自分に合ったブラウスを選ぶようにしましょう。注意すべき点は、ワイシャツとリクルートスーツのVゾーンとのバランスです。

就活でのスーツのブラウスおすすめ:形状記憶

就活で着るスーツのブラウスは色や形も重要ですが、「形状記憶」のものを選ぶようにすると良いでしょう。形状記憶シャツであれば、洗濯後のアイロンの手間も省けますし、リクルートスーツを着た時のしわもよりにくいのです。また、ブラウスはこまめにクリーニングに出し、4~5着ほど用意しておき着まわせるようにしておきましょう。

企業によっては色つきブラウスでも良いところもある

最初に、スーツのブラウスを選ぶときには白の無地にすると良いと書きましたが、企業によっては色つきブラウスにした方が良いこともあります。華やかな業界であれば、そのファッションセンスが問われるケースもあるためです。その場合は、うっすらと模様のあるものや、薄いピンクや薄いブルーといった少し色が入っているシャツなどにしておくと良いでしょう。

就活で着るスーツのブラウスは色や機能性を重視したものを選ぶ

就活できるスーツのブラウスを見ていきましたがいかがでしたか?ブラウスといっても様々なものがありました。就活での着用ならカラーのおすすめは、やはり白が無難です。形状記憶の機能は就活での清潔感が持続できます。選ぶ際は自分に合ったスーツのブラウスを着て就活で面接官に好印象を残しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【内定獲得率5.4倍】特別推薦枠にエントリー

    10/26 (13:00~14:00) 【※オンライン面談※】

【内定獲得率5.4倍】特別推薦枠にエントリー

    10/28 (13:00~14:00) 【※オンライン開催※】