2019年09月11日(水) 更新

就活で女性が着るスカートorパンツスーツの印象の違い

パンツスーツの印象 バリバリ稼ぐキャリアウーマン!

はじめに、女性が就活できるスーツで、パンツスーツを推す意見を挙げていきます。
よく、「スカートの方が印象は良くなる」という噂を聞きますが、パンツスーツにはパンツスーツなりの特徴があります。
キャリアウーマンのような印象になるスーツを着たい場合は、パンツスーツをオススメします。

■調査方法:メールを配信して学生にアンケート
■調査実施日:2017/1/26~1/29
■投票数:438

就活生を対象に438名から集計したアンケートによると、「就活をするとき、スカートよりもパンツスーツの方が有利だと思いますか?」という質問に対して、13.9%の人がYes、86.1%の人がNoと答えました。(2017年1月時点、キャリアパーク調べ)

アンケート結果によると、スカートよりもパンツスーツの方が有利だと感じている女性は少ないようでした。多くの方はスカートの方が有利か、着ている服は有利不利につながらないと考えているようです。しかし、相手に抱かせる”印象”を考えたとき、パンツスーツは有利に働く場合があるので、確認していきましょう。

パンツスーツが決まると「デキる女」に見える

実際にパンツスーツがビシッと決まっている女性の就活生を見ると「出来そう!」といった印象を持つ方も多いようです。
また、パンツスーツは活動的な印象も与えるので、営業活動や交渉などのために外出や打ち合わせが多い職種をメインに就職活動したい女性におすすめです。

女性における就活の面接は、スカートの方が好印象と聞きますが、無理に着る必要はなく、最終的には似合っているどうかという点も大切なポイントとなってきます。

女子就活生が悩む就活先

就職先の選び方に悩んでいる女子就活生も多いのではないでしょうか。結婚・妊娠などのライフイベントやキャリアアップを考えると、特に慎重になりますよね。そこで活用したいのが女子学生必見の働きやすい会社の選び方マニュアルです。女性が働きやすい企業の選び方や、先輩社会人が教える「こんな会社はやめておいた方がいい」という特集も収録しています。無料でダウンロードでき、企業研究をする際に注目したいポイントを多くご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

女性の特権!スカートスーツの印象は?

就活における、女性のスーツといえば、スカートタイプを思い浮かべる人が多いと思います。やはり、女性らしい印象を与えるのはスカートスーツです。
ここでは、就活におけるスカートスーツの印象について見ていきましょう。

スカートスーツはフレッシュで真面目な印象

就活の面接担当者の意見では、スカートには、「まじめそう」「常識がありそう」という印象を持つようです。また、パンツスーツは、新鮮さフレッシュな印象を損ねてしまう可能性があるため、女性ならスカートを選ぶべきといった意見もあります。

女性しか履けないスカートで華やかさをアピール!

スカートは女性だけしか履けないものなので、女性の華やかさを演出するのにはキーアイテムになります。また、就活でのパンツスーツは、スカートよりも強い印象になるため、スカートの方が人当たりはよくなるという点もあります。
顔採用や脚採用なんてひどい!エントリーシートや質疑応答の内容で判断してほしい!と思うでしょうが、その内容すら、外見の印象で受け取られ方が変わってしまうのかもしれません。

就活生必見!スカート&パンツスーツを選ぶ際のコツ

就活でスーツを着る機会は面接だけではありません。面接以外にも合同説明会やインターンシップなどの就活でスーツを着ることはあるので、場所に合わせてスカートにするかパンツにするか決めてもいいですね。

ここでは、悩める女性就活生のために、スカートタイプ、パンツスーツ、それぞれの選び方のコツを紹介していきます。

スカートは座ったときに膝上10 cm以内がベスト

女性の就活生がスカートスーツを選ぶ際に最も気をつけたいポイントは、丈の長さです。スカートの裾幅が広すぎない点や、スリットが深くないスーツを選ぶのは当然ですが、意外と盲点なのが座った時の丈の長さです。スカートを試着する際、立った状態では確認しますが座った時の状態は見落としがちです。

スカートの腰周りのサイズにも気をつけて、椅子に座った時にウエストがきつくなく、裾が膝上10 cm以内に収まる丈のものを選びましょう。

パンツはきつすぎず、緩すぎずのサイズ感がポイント

パンツスーツの場合、あまりに細身のものや、逆にあまりに大きいサイズのものを選ぶのはよくありません。
まず、座ったときにウエストや太もも、ヒップがきつくないサイズが適切です。また、しゃがんだ時にウエストから下着が見えない事と、ヒールの高さを考慮した適切な丈の長さに調整している点がポイントです。

座った時にくるぶしが見えず、立った時はヒールが少し見える位が、丁度良いリクルートパンツの丈です。

マニュアルも活用してスカートとパンツスーツの印象を把握しよう

本ページでは、就活で女性が着るスカートとパンツスーツの印象の違いや、選び方のコツなどをご紹介しました。スカートとパンツスーツそれぞれに違った印象があるので、自分が面接官に、どのように見られたいかを考えると良いでしょう。本ページでご紹介したコツを活用して、女子の就活完全対策をおこないましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】