2021年12月08日(水) 更新

就活男性の参考になる髪型とは

就活における髪型の基本とは!?

数分という短い面接時間で企業側に与える“身だしなみ”の印象は大きいものです。スーツでどれだけキメていても髪型が整っていなければ、だらしない印象を与えてしまいます。就活では髪型は重要です。みんながリクルートスーツを着てるなかで、髪型は印象に残りやすいです。企業では男性の髪型に対する規制は女性の髪型より厳しいため、男性は特に就活では髪型に気をつけましょう。就活で男性は髪型をはじめ身だしなみを整える事はもちろん、中身を磨いていくことも重要になってきます。

清潔感のある髪型をつくることを意識する

現代のビジネスシーンでの身だしなみのマナーでは、この清潔感は大事な要素として、守るべき当然のビジネスマナーになっています。
基本的にビジネスシーンでは、様々は業種や業界の人などが、関係しておりその仕事に関わる人数というのも多いです。そのなかで、そういった色んな人達が仕事に関わるので、お互いに気持ちよく仕事に取り組めるようにとこういったマナーは成り立っていますので、当然ながら公的な場所での身だしなみとして清潔感というのは、とっても重要なことですので、面接でもその要素は求められるポイントです。
清潔感を意識するように心がけていきましょう。

【メラビアンの法則】というので外見の大事さが見てとれます

メラビアンの法則とは人第一印象は初めて会った時の3〜5秒で決まるという概念の事です。
そのほとんどが見た目や表情などの視覚情報で得られ、その次に話し方や声の聴覚が影響を与えます。1番印象が薄いのが、話している内容、という事です。
就活で髪型がどれだけ重要かは、この法則からも分かっていただけるかと思います。

就活の身だしなみは清潔感を保ちつつ自分らしさを演出することも大切

就活の身だしなみにおいて、悩む人は多いです。第一印象に影響を与える大きな要素だからこそ、身だしなみについて悩むかもしれません。しかし、大前提として就活の身だしなみに、どの企業にも共通する「正解」は存在しません。

そのため、清潔感を保つことは前提として、自分らしさを演出することも大切だと覚えておきましょう。解説した内容は参考にしたうえで、自分自身で考えて納得して選択することが大切です。

では、男性が就活の髪型で気をつけるポイントとは!?

具体的に男性は就活でどんな髪型にすればいいのか見ていきましょう。男性はワックスをつける人も多いと思いますが、就活でもワックスはいいのでしょうか。男性だと襟足やセット方法も気になりますよね。ここでは就職活動にふさわしい男性の髪型のポイントを紹介していきます。

耳を出すことを心がける

面接の髪形で注意しておきたいのは耳を出すというところですが、基本的にこの耳が出ない髪型は不潔な印象を持たれます。
耳に髪がかぶっていると話を聞きづらかったり、相手の話を良く聞いていない印象を与えたりしてしまう可能性もあります。
そういったところも考えて、整髪料できちんとまとめ、耳を出す髪型にしましょう。

襟足は良く目立つ!!長さに注意しましょう

男性の襟足の長さはよく目立ちポイントになります。
面接官から見て、男性の襟足が長いと不潔感を与えてしまう可能性があります。男性は短髪という印象あを持っている人もいます。
正面から見て毛先が見えないくらいの短さがベストですので、気をつけていきましょう。

ビジネスマナーとして就活では男性も髪をまとめよう

男性は髪が短いから、セットなども髪を濡らすくらいでOKだと思っている人も多いと思いますが、就活ではワックスやスプレーなどで綺麗にまとめるようにしてください。
強い風などが吹いていることで、会場についたらボサボサなんてことがないようにしてください。
当然ながら、髪をまとめている方が、面接官に清潔感があるという好印象にも繋がります。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

5月中の内定が可能な就活エージェントサービス

    05/27 (16:00~17:30) 【※オンライン開催※】