2017年07月04日(火) 更新

【就活生必見】営業職・セールスを受ける際に参考にしてほしい志望動機の具体例

そもそも営業職とは

そもそも、営業職・セールスとはどういう仕事なのか、理解しておきましょう。営業職・セールスの目的は、会社の売上を上げることです。そのために社外で顧客や見込み客のもとへ行き、自社の製品やサービスを売り込みます。しかし、商品やサービスだけを売り込むのでは、立派な営業職・セールスマンにはなれません。信頼関係の構築や人脈の拡大なども、大事なことだといえるでしょう。

営業職に求められるのは提案力がある人

営業職において、重要なのは提案力だといえるでしょう。そして何に対しても興味・関心を持っておけるというのも、大事な部分になってきます。先ほども述べた通り、営業職・セールスではただ商品やサービスを売ればOKというわけではありません。営業職・セールスマンとの信頼関係が構築され、「この人が勧めてくれるものなら間違いない」と感じられてこそ、成り立つ仕事なのです。相手のニーズをしっかり把握し、提案できる力がないと、営業職・セールスとして仕事をしていくのは大変かもしれません。

営業職・セールスにおける志望動機の具体例

志望動機の具体例①

私の強みである「相手の価値観を保ちながらアドバイスができる」という部分を活かして、お客様のニーズに対してより価値の高い提案ができると考えたため、貴社を志望します。
学生時代所属していたサークル内で喧嘩が起きた際、リーダーだった私は両者の意見を取り入れながら双方が納得のいく提案をし、場をおさめた経験があります。そこで、自分の強みに気づきました。貴社では、お客様の意向が最も重要という方針があるため、私の強みを最大限に活かしながら売上にも貢献できると考えます。

志望動機の具体例②

「みんなが幸せな暮らしを」という思いで、たくさんの人に安心を提供できる生命保険会社の営業を志望しました。
私は、サークルのリーダーとしてメンバー1人1人の強みを把握し、それぞれが最も活躍できるよう役割を振り、自治体が開催した祭りで店舗運営を成功させた経験があります。メンバーの強みを把握することで、「やりたいこと」と「苦手なこと」が明確になったのです。そこで私の強みに気づきました。貴社では、地域への社会貢献やお客様のニーズに合わせた商品の提案を心がけており、「お客様第一」というのが伝わってきます。徹底して「お客様第一」の姿勢が保て、自分の強みが最大限発揮できる貴社とともにこれからの生命保険業界を作り上げていきたいと考えています。

会社の売上を上げることが目的の営業職は提案力が大事

いかがでしたか?営業職・セールスにおける仕事内容と、志望動機の具体例について見てきました。営業職の仕事は、商品を売って売上をあげることが目的です。しかし、ただ売ればいいというのではなく、その人の人間力や信頼度が直接影響してくる業界だといえます。そのため志望動機では、人間力をメインにアピールして仕上げていきましょう。「なぜその業界なのか」「なぜその会社なのか」とあわせて、具体的なエピソードなどがあると、より熱意が伝わりやすくなるはずです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【コールスタッフ募集】高時給×インセンティブ×柔軟シフトOK!

    エントリー後、【03-6435-0800】より面談についてお電話いたします。