2019年07月31日(水) 更新

業界の特徴まとめ|就活生が知っておきたい研究方法も紹介

就活をするうえで業界の特徴把握は必要

業界とは、企業が取り扱う商品やサービス等を分類したものです。

業界研究をすることで、志望する職種や仕事についての興味関心を高められるだけでなく、どのような会社が自分にとって最適化なのかがわかります。

同じ業界にカテゴライズされている会社でも、業界内での立ち位置によって求められる仕事内容は大きく変わってくるものです。

会社によっても社員のカラーや、自分にとって最適な労働環境は異なってくるでしょう。自分の思い込みで業界や仕事内容をイメージするだけでなく、しっかりと実態理解するためにも業界研究は必要です。

業界の特徴を把握することにより企業の選択がしやすくなる

業界研究をすることで、企業選びがしやすくなります。どこの業界がどんなものを扱っているのか分からないままだと、手当たり次第にエントリーし、効率よく就活ができません。

業界研究により、自分の興味のある業界と興味のない業界の選別ができあす。それだけでなく、同じ業界に属する企業であれば、履歴書やエントリーシートも類似内容を記載できるため、手間も省けます。

就活生に人気の21業界を把握しよう

業界研究におすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。こちらでは、就活生に人気の21業界をピックアップしています。21の業界ごとに主要企業の売上高や年収も掲載しているため、この1冊でたくさんの情報を無料で収集することができます。就活は、時間との戦いでもあります。就活を効率よく進めるためにも、GETしておきましょう。

主な業界の分類

業界は大きく分類してもその数は多く、細かく研究していくとさらに多いです。ここでは主な業界の分類について紹介します。まずはどんな業界があるのか、自分の志望する職種がどこに当てはまるのかを知っておきましょう。

業界分類

  • メーカー
  • 商社
  • 小売
  • 金融
  • サービス
  • マスコミ
  • メーカーソフトウェア・通信
  • 官公庁・公社・団体

業界研究の方法

業界研究はどれだけ会社や仕事について理解しているかをアピールすることにも深く関わってきます。志望動機や面接での質問に上手く答えるためにも業界研究は重要なのです。

項目の選定

業界研究をするにあたり、まずはどの項目を押さえるべきか、項目を選定しましょう。
業界研究で特に注目しておきたい項目は以下の通りです。

・業界規模
・業界を取り巻く主要企業
・近年の動向

将来性の把握

上記の項目と合わせて見てほしいのが、業界の将来性です。旅行業や不動産業の場合、数年後の東京オリンピックに向けて、回るお金や、事業規模がどんどん大きくなっています。

サービス業も同様であり、旅行や飲食に関しても海外旅行者の増加に向けて、増員傾向にあります。

このように、数年、数十年先を見越して業界研究することもおすすめです。

就活では業界の主な分類を知って知って進めていこう

業界は多くあり、調べてみないとわからない職種も少なくありません。業界研究は自分にとって最適な会社や仕事がわかるだけでなく、面接などでうまく対応するためにも大切です。業界研究のポイントをおさえて就活を進めていきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント