2019年12月03日(火) 更新

食品包装・資材業界の仕事内容と必要なスキル

食品包装業界の仕事の基本は衛生管理

食品包装業は、現代のように様々な食品が日常的に取り扱われている環境において、最も重要な業務の1つといっても過言ではありません。特に、衛生管理など健康で安全な食品が求められる現代だからこそ、こうした要点を実現するために高性能な食品包装が求められており、また、包装する食品の性質や形状に合わせた新しい包装の開発なども求められるなど、衛生管理の基本的な業務の中心として重要な業界です。

顧客のニーズに最も適した包装の開発も仕事の一つ

食品包装業界での基本的な仕事内容としては、一般的な企業で行われている健全な企業活動に必要な部門での仕事のほか、専門である食品包装に関する様々な仕事が該当します。中でも、顧客から依頼される食品に最も適した包装の開発を行う業務のほか、食品に包装を施す実地業務も基本的な仕事です。更に、包装を施した食品を卸しルートなど各取り扱うパートに輸送、搬送を行う業務も基本的な仕事だといえます。このほか、食品包装に用いる部材の仕入れと搬入も重要な仕事の1つです。

資材業界は食品包装の根幹を支える存在

資材業界は、食品を衛生的な形で長期間にわたり安全に保存するために用いる食品包装を作る材料や部材を製造販売する業界です。基本的な顧客先は、食品包装を開発販売する食品包装業の各企業となっており、これらの企業に対して、自社で開発製造した資材や材料を販売し納入する役割を担っています。食品を衛生的に保存するために用いる食品包装は、この資材業界の企業活動と存在によって支えられているといって良いでしょう。

包装会社が必要としている材料を供給するのが仕事

資材業界で行われている基本的な仕事内容も、他の業界と同じように健全な企業活動で求められる一般的な仕事が中心です。また、食品包装の基となる資材を製造販売するのが資材業界の最も重要な仕事となっているため、この資材の開発や販売のほか、食品包装業界に対する新しい資材の営業も基本的な業務です。このほか、資材を作成する際に必要な基本材料の仕入れなども仕事となります。

包装管理士の資格が業界では優遇される傾向がある

食品包装業界やその資財を取り扱う資材業界での仕事を行う際に求められる直接的なスキルや資格などは特にありません。ただし、安全な食品包装の使い方や開発に必要な知識とノウハウを持ち合わせている事を証明する資格として、現在では「包装管理士」という資格が特定の団体によって提供されており、こうした資格を事前に取得しておくと、就職や転職の際のアピールポイントとして活用できます。このほか、食品開発業務などを職務経歴として持っている社会人も優遇される傾向です。

営業のスキルやコミュニケーション能力は最も尊重される

食品包装に関する専門的な業務を取り扱う食品包装業界や資財業界では、働く上で是非持ち合わせておきたいスキルとしては、コミュニケーション能力や営業能力など社会人として求められる基本的な力が最も尊重されます。配属先に関係なく、顧客先などとの交渉や情報交換、取り扱い商品の営業を行う必要があるので、情報を正しく分かりやすく伝えられるかどうか、表現できるかどうかが一従業員として求められる大切なスキルの1つです。また、当然ながら、自社で取り扱う製品や技術に対する最低限の知識を学んでおけば、これもスキルと見なされます。

食品包装・資材業界の人材には衛生管理業務のために「営業のスキル」「コミュニケーション能力」が重要

食品包装やその資材を取り扱う資材業界は、現代の衛生的な食品取り扱いには欠かすことができない重要な存在となっています。また、食品を更に長期間にわたり安全に保管することができる最新の食品包装の開発もこの業界が取り組む基本的な仕事内容となっているほか、現在流通している食品包装の更なる改良や安全な運用も基本業務です。また、この業界で求められるスキルとしては、包装に関する専門的な知識やノウハウだけに留まらず、一般的な企業で社会人として求められる営業力やコミュニケーション能力などが重視されます。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント