インターンシップは採用に有利?内定直結が狙える方法

更新 / 45407 view

インターンが有利になることや内定直結は暗黙の了解

インターンから内定直結する方法と注意点についてみていきます。
企業が行うインターンへの参加が内定に直結するのは、企業が時間と費用、そして人材を投入して行うイベントなので、間違いなく就活で有利になるのという認識で合っています。

しかし、それは暗黙の了解の範囲内だと言う点を理解しましょう。経団連では、あからさまにインターンに参加した就活生を内定に直結させる行為は、はっきりと認めていないのです。

インターンからの内定直結は一部の業界の常識

実際に、ベンチャー企業などではインターンに参加すれば内定に直結するケースが多く、外資系企業も経団連とは関係ありませんので、インターンに参加すれば内定に直結するケースがあります。

こういった事情を理解した上で、インターンに参加する企業を選ぶのもポイントです。つまり、日本の大手企業のインターンへの参加は面接に有利になりますが、直結ではないので、インターンからの内定直結を狙うならベンチャー企業か外資系企業、と言うことになります。

インターンから内定直結させる方法

建前ではグレーもしくはNGのインターン参加者の内定直結ですが、実際に日本の大手企業はインターンに参加した就活生で、特に優秀な人材は選考枠を別に内部で用意しているケースがあります。

そもそもインターンに参加するだけで採用に違いが

外部には公開されませんが、人事では確実にインターン参加者と参加していない人では採用に違いがあります。それは、企業が全く知らない人を採用するデメリットとインターンでノウハウを提供した参加者では扱いが違うからです。

そういった点で、インターンに参加するだけでなく、そこでいかに実績を残して、人事の人間に気に入られ特別枠に入れるか、内定の直結させる方法としてはこれに尽きます。

インターンでアピールして特別選考枠に入る

インターンを内定に直結させたいのなら、参加期間中に実績を示すのが大切です。それには、与えられた業務やディスカッションの内容を確実にこなしましょう。特にディスカッションで提示された内容をグループの一員としてどれだけ出来るかで、優秀だと判断されます。

企業が求める優秀の基準とは、与えられた業務内容を仲間と時間内でコミュニケーションを取って解決出来るかと言う点です。職場で仕事を行うには、大勢の意見をまとめて、それを商品や製品等の形にする必要があります。
時間も限られている理由は、処理能力の点で時間が掛かり過ぎるのと短時間で出来るのでは、最終的に利益を出せるかの判断材料にもなるからです。

インターンを内定へ直結させる際の注意点

インターンを内定に直結させるなら、参加するだけでなく結果を残さなければいけません。
インターンに参加するメリットが選考に有利になる点なので、勘違いをして安心してしまう人がいます。しかし、あくまでも企業は多くの優秀な人材のストックをしたいのであって、他に優秀な人がいれば自分の選考に有利にならないことも理解しましょう。

さらに、インターンに参加するのは大学3年生が多く、実際に就職するまでの期間の間に自分磨きを怠ると、せっかく有利な経験を持っていても、他者に追い抜かれてしまいます。

インターンに臨む際の心構え

インターンは雇用のミスマッチを防ぐために、参加者に与えられた権利だと考え参加した方が、安心して業務に取り組めるでしょう。

全く何も知らない職場なのに、インターンに参加しただけで内定に直結すると言う考えは危険です。自分が勤められる職場なのか知り、自分に合うのか判断する指針にする為に、インターンに参加すると考えましょう。

また、企業側はインターン期間が終わった優秀な就活生をキープすることで、採用の幅を広げたいと言う狙いもあります。
つまり、企業も多くの就活生をインターンで受け入れて、その中から優秀な人材を選びますが、就活生も多くの企業でインターンをして、参加することでそれまでのイメージ通りなのか、全く違うのか、自分が働くイメージを持つことが出来る企業なのか、冷静に判断する機会だといえるのです。

インターンを内定に直結させるには与えられた課題を確実にこなす!

インターンから内定直結する方法と注意点についてみてきました、いかがでしたか。
インターンを内定に直結させられるかどうかは、優秀さをアピール出来たかで決まります。また、インターンは企業が優秀な人材をキープするために行う面もあります。とはいえ、まだ学生の身である就活生に、企業はそこまで多くのものを求めていませんので、まずは与えられた課題の完成度を100%にすることを考えましょう。

そして、インターンを行えば必ず入社出来るのではなく、会社と個人が相手を知るために行う場所でもあると理解して自然体で臨むようにしましょう。その結果として、選考に有利になるケースがあるのは事実です。

【厳選100問】苦手分野をささっと克服できるSPIパーフェクト模試

Spi %e8%a8%b4%e6%b1%82%e5%ba%83%e5%91%8a header1

SPIで落ちるのはもったいない。
7〜8割の学生はSPIで落とされると言われています。
弱点の把握と克服は、リアル模試から。

詳細はコチラ