2019年10月07日(月) 更新

内定辞退の仕方とは?直接訪問して謝罪をする際の注意点

内定辞退の連絡は誠実に謝罪の意を示すのがマナー

内定辞退は企業にとっては当然仕方のないことである一方で、採用活動においてまた新しい内定者を出さなくてはいけなくなるため非常に残念な出来事といえるでしょう。そのため、内定辞退をする際には、誠実に謝罪をするのがマナーです。内定辞退の連絡方法は、いくつかありますが、次の段落では、すべての方法に共通した注意点を見ていきます。

内定辞退の理由は正直に伝える

内定辞退の理由は正直に答えましょう。正直に「2社間で最後まで迷ったのですが、今回は内辞退させていただきます。」で問題ありません。相手も採用に慣れていますし、複数の面接を受けていることも分かっていますので、嘘をつかずに正直に伝えましょう。

内定辞退の連絡は早ければ早い方が良い

内定辞退の時期が遅れれば遅れるほど、企業側も対応するのが難しくなります。内定辞退の電話は気が重いですよね。しかし、その感情に甘えてずるずる引っ張ってはいけません。誠意を見せるためにも、できるかぎり早く連絡するようにしましょう。

内定辞退の謝罪だけでなくお世話になったお礼も伝える

電話で内定辞退の連絡をする際に伝えるのは謝罪だけではありません。誠意を見せるためには、人事担当者に必ず少なくとも今までお世話になったことのお礼も伝えましょう。騎乗人事も、自分のために時間を割いて採用活動をしてくれたのです。謝罪とお礼はセットにして考えておきましょう。

会社訪問が一番誠意の伝わる内定辞退の方法

内定辞退の方法は、電話・メール・訪問と、いくつかありますが、直接に内定をもらった会社へ訪問する方法が、一番誠意が伝わるといえるでしょう。これだと時間はかかってしまいますが、しっかりと内定辞退について伝えていくこともできるのです。会社に直接訪問するのは気が引けるかもしれませんが、内定辞退のマナーをしっかりおさえて、伝えていきましょう。

直接訪問する際の注意点①:相手の都合に合わせる

内定辞退の連絡を直接訪問で伝える場合は、必ず相手の予定に合わせることが重要になります。いきなり訪問して、忙しい採用担当者の時間を割いてもらうのは、重大なマナー違反です。しかも、伝える内容は内定辞退ですよ。しっかり相手の都合に合わせた訪問をするように心がけましょう。

直接訪問する際の注意点②:スーツを着ていく

内定辞退の連絡を直接訪問で伝える場合は必ずスーツで挑みましょう。そして担当者に誠心誠意を持って、謝罪しましょう。内定辞退の連絡を直接訪問で伝える場合は、必ずスーツを着用していきましょう。もう転職活動ではないからと、私服で訪問してはいけません。せっかく訪問して誠意を以て内定辞退を伝えるのですから、最後まで惜しい人材だったと思わせるべきです。担当者には、誠心誠意、謝罪とお礼を述べましょう。

電話伝える場合はマナーに気を付ける

会う機会が無い場合は電話で直接伝えましょう。しかし、電話では表情が見えない分、きちんとしたマナーを身に付けていないとマイナスの印象を与えてしまいかねません。マナーは髪型などの身だしなみ以外にも、電話での受け答えや言葉遣いなど細かいところでも求められます。他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。
その際に失礼が無いように参考にしたいのが「就活マナーマニュアル」です。
こちらでは、就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。
無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。

直接訪問で内定辞退をする際は相手の都合・スーツ着用を意識し誠意をもって謝罪とお礼を述べよう

内定辞退の連絡は、どういった手段であっても気持ちを込めて謝罪とお礼を述べましょう。内定というのは、あくまでも会社の一員として決めたという企業の意思です。そしてその意思決定までは膨大な時間や費用を要していることを忘れてはいけません。内定辞退はできる限り失礼にならないようにマナーを守るべきなのです。また、この気持をしっかりと持って嘘なく正直に内定辞退を伝えないといけません。会社に訪問して内定辞退を伝える際は、なるべく早めに行動し、相手の都合を確認してからスーツを着て訪問することをおすすめします。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント