2019年04月25日(木) 更新

封筒の締め印の書き方|就活で書類を送る際のマナーを解説

封筒の締めが雑だと印象が悪くなりやすい

履歴書やエントリーシートなど書類を提出するときは、封筒に入れなくてはいけません。書類を送るときは、最後までマナーを守る必要があります。封筒の締めの失敗で多く見られるのは、封の仕方です。

封筒の封には液体のりまたは両面テープを使用する

履歴書を郵送す場合、基本的にのりで封をします。その際、スティックのりではなく液体のりを使いましょう。スティックのりでは、封がはがれてしまう恐れがあります。あらかじめ両面テープがついているタイプの封筒の場合は、両面テープで封をしてもかまいません。ただ、両面テープがついていない封筒の場合は、できれば液体のりを使いましょう。封の強度では、両面テープよりも液体のりの方が強いでしょう。

ホッチキスは空間があるため破れやすい

履歴書などの就活用の書類に封をするときに、しっかりと閉じたいからという理由でホッチキス(ステープラ)を使う人もいます。

しかし、一般的なビジネスマナーにおいては、ホッチキスを使って封をする方法はNGです。ホッチキスでは封が開くことなく郵送できますが、針と針の間に空間ができ、他の郵便物などに引っかかり破れてしまうケースもあります。郵便物は、送付した相手が封を開けるときに、いかに開けやすくするかにも気を使うようにしたいものです。ホッチキスで留めると、開封する際に針の一つ一つを開いて開けなければなりません。また、開封するときの勢いで、中の書類が破れてしまうこともあります。これらの理由から、封筒の締めにホッチキスを使用は控えましょう。

封をしたら締めの印に「〆」を書いておく

封筒に封をしたら、「〆」の印を書いておきましょう。封筒に「〆」をつける工程は、ビジネスにおいて書類を郵送する際の基本マナーです。封筒の締めの印である「〆」には、「たしかに封をしました」という意味があります。慣れていないと忘れがちですが、郵便を出す前に封筒を確認しましょう。

「〆」が「×」にならないように注意する

封筒の締めに必要な「〆」ですが、「×(バツ)」にならないように気を付けましょう。意味を大事にして書く必要があります。漢字をきれいに書くためには書き順が大切なので、「〆」の書き方-漢字の正しい書き順(筆順)で確認しておくのがおすすめです。

締めには「封」「緘」などの漢字もある

封筒の締めに用いる漢字には、「封」や「緘」もあります。「封」は文字通り封じるという意味で、「〆」よりも改まった印象を与える漢字です。「緘」は、重要な書類を封筒に入れるときに用いられます。社会人になったときのビジネスマナーとして、覚えておきましょう。

「締め」以外で気を付ける点

封筒を準備して郵送するまでに気を付けたいことは、封筒を締める方法だけではありません。封筒を準備する段階や、宛名書き、裏に名前を書くときにも注意すべきことがいくつかあります。封筒は最初に企業の人事担当者に目に入るため、印象が残りやすいものです。

社会人のマナーに沿っていない使い方をしていると、「この人は常識がないのではないか」と思われてしまいます。書類選考や面接試験の前に、既にマイナスイメージを与えることになり兼ねません。書類選考をそつなく通過するために、封筒の適切なサイズや色、そして表と裏の文字の書き方などのルールをしっかりと理解しておきましょう。

封筒に入れる前の履歴書の確認

履歴書を封筒に入れる前に内容を見直しましょう。履歴書には細かいルールや書き方が存在するため、きちんと守られているか郵送前にチェックすることが大切です。そこでぜひ活用したいのが「履歴書作成マニュアル」です。無料でダウンロードできるので、履歴書の書き方に自信がないという就活生におすすめです。実際に履歴書を作成する際のお手本としても、持っておいて損はありません。

封筒は歴所のサイズに合わせる

履歴書を郵送するときは、履歴書に合ったサイズの封筒を用意しましょう。基本は、履歴書を折りたたまずに郵送できる封筒が望ましいです。

茶色ではなく白色の封筒を使う

履歴書を郵送する際の封筒は、茶封筒ではなく白封筒を用意しましょう。就職活動のマナーとしては、白封筒で送るというのが当たり前です。履歴書は会社に提出する書類になるので、きちんとマナーを守るようにしましょう。

住所や会社名は略さずに書く

履歴書をいれる封筒の宛名書きをする上で大切なマナーは、宛名や宛先住所は正式名称で書くことです。 たとえば、「(株)○○会社」の場合は「株式会社○○会社」と書きます。宛名が会社の場合には、最後に「御中」とつけておきましょう。個人名の場合には「様」をつけます。

封筒の表面の左端に「履歴書在中」と朱書きする

封筒の表面の左端には、応募書類であることを示すために「履歴書在中」と朱書きします。そして、定規で四角く囲みましょう。履歴書を多数の企業に出す予定がある人は、スタンプになっているものを購入しておくと便利です。

封筒の締めには「〆」の印が必要!液体のりや両面テープでしっかりと封をしよう

履歴書を封筒で送る際のポイントについてご紹介してきました。履歴書を封筒で送るときは、液体のりや両面テープで封をしたあとに、締めの印として「〆」を書くようにしましょう。「〆」の印には、「たしかに封をしました」という意味があります。会社に提出する書類なので、ビジネスマナーを守った対応が大切です。宛名書きなどに十分注意を払って、応募先に迷惑をかけないように気を付けましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント