2020年06月25日(木) 更新

【縦書き・横書き】封筒に朱書きをする位置|記入する際のポイントと手書き以外の方法をご紹介

就活生にアンケートで聞いた生の声はコチラ!

まず郵送のルールとはどういったものなのでしょうか?キャリアパーク編集部が独自にアンケートを行い、学生たちの生の声を集め、代表的な声をまとめました。

質問:エントリーシートを郵送で送る際に、封筒の選び方、宛名の書き方などの郵送マナーで気をつけている点はどんなところですか?また、そう思う理由を教えてください。

就活生の回答

エントリーシートを郵送で送る際には、不備がないように何度も確認をおこなうようにして気を付けています。理由は、宛名の書き方などで不備があるのは企業側に対して失礼であると考えたためです。郵送のマナーについては知らないことも多かったので、ネットで検索して基本的なマナーについて知るところから始めました。宛名以外にも、封筒の色や大きさにもマナーがあるようなので注意するようにしています。エントリーシートの内容以外のところで落とされることが無いように、チェックは2回以上おこなうことでうっかりミスを防いでいます。

※上記は就活生から取得したアンケート回答をもとに、編集部で表記や表現などを一部調整のうえ、記載しております。

履歴書などの郵送時は封筒の中身を朱書きする

朱書きすると開封前に書類の内容を確認できる

履歴書などを郵送するときは、封筒の中身を朱書きします。朱書きをすることで、受け取った人が開封する前に書類の内容を確認できるのです。書類の内容が分かると、その都度封筒を開封して中身を確認する手間が省けます。

採用担当者への気遣いになる

受取人である採用担当者の仕事が忙しいときに、封筒をひとつひとつ開封して中身を確認するのは大変です。封筒をひと目見ただけで中身が分かるようにしておくのは、採用担当者への気遣いになります。「履歴書在中」と書いてあれば、他の人に開封されることなく採用担当者の手に届くでしょう。

インターンの時期までに、自己分析を終わらせておこう

就活には自己分析が必須。遅くても、インターンの時期までに終わらせる必要があります。ただ、やり方がわからず、上手く進められない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、万全の準備を整え、内定への最短距離を走りましょう。

朱書きをする位置とは

封筒(表)の左下に朱書きする

朱書きをする位置とは、どこなのでしょうか。朱書きは、封筒(表)の左下にします。赤色の油性ペンで、「履歴書在中」や「エントリーシート在中」と書きましょう。封筒に入れる書類が複数ある場合は「応募書類在中」と書けばOKです。

横書きのときは右下に朱書きをする

書類を送る際に使用する封筒が横書きだった場合、朱書きはどの位置にすればいいのでしょうか。横書きの封筒の場合は、左下ではなく右下に朱書きをしましょう。横書きの場合も、縦書きと同じように封筒の表に朱書きをする必要があります。

封筒に朱書きをするときのポイント2つ

①:赤色の油性ペンを使う

封筒に朱書きをするときは、赤色の油性ペンを使いましょう。水性だと、雨などで濡れたときに滲んでしまいます。油性ペンで朱書きをするときは、きれいに書けるかどうかを予備の封筒に試し書きしてチェックしましょう。封筒の紙質によって、インクの乗り方が違う場合があります。

②:定規で四角く囲む

封筒の中に入れる書類を朱書きし終えたら、定規で四角く囲みましょう。朱書きした文字を四角く囲むことにより、より強調することができます。フリーハンドだと適当な印象を与えるため、定規を使い丁寧に線を引くことが大切です。

朱書きの手書き以外の方法2つ

①:朱書きしてある封筒を使う

朱書きをする場合は、手書き以外にも方法があります。まずは、朱書きがあらかじめしてある封筒を使うということです。「履歴書在中」や「応募書類在中」などの文字があらかじめ朱書きしてある封筒があります。通常の封筒と比べると多少値段がはりますが、多くの企業へ履歴書などを提出する場合に、手間が省けて大変便利です。

②:朱書きのスタンプを使う

朱書きするには、スタンプを使うという方法もあります。「履歴書在中」や「応募書類在中」という文字がスタンプになっているのです。これらのスタンプは、文房具店などで購入可能です。朱書きしてある封筒と違い、スタンプを使うと必要なだけ量産できます。スタンプを使用する場合は、曲がらないようにまっすぐ押しましょう。

封筒に朱書きをする位置は縦書きは左下・横書きは右下!丁寧に書こう

いかがでしたか。封筒に朱書きをする場合の位置などについて紹介してきました。封筒に朱書きをするなら、縦書きの場合は左下が正しいです。横書きの封筒を使う場合は、右下に朱書きしましょう。朱書きをする際は赤色の油性ペンを使い、文字が滲んでしまうのを防ぐ必要があります。手書き以外にも、朱書きしてある封筒やスタンプを利用する方法もあるので、参考にしてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

上場人材企業のプロアドバイザーのサポートでIT・人材業界の内定が狙える

    エントリー後、主催企業より日程調整のご連絡をいたします。