2018年10月11日(木) 更新

一度不採用で落ちた会社に再応募して合格する方法

6a0ed8043a8a1688

この記事の監修者

キャリアアドバイザー

赤塩 勇太

大学を卒業後、新卒で採用コンサルティング会社に入社。キャリアアドバイザーとして、1,000名以上の就活生に対してキャリアセミナー、面談を実施。その後、採用コンサルタントとしてクライアントの採用課題の解決に従事。法人・求職者双方の目線から、適切なアドバイスを提供している。

不採用になった会社にはどのようにして再応募すべき?

キャリアパーク会員の就活生を対象に「不採用になった会社に再応募をするとしたら、どんな手が思い浮かびますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の声

  • 電話、コネ
  • 二次採用・既卒採用
  • 前回だめだったことなどを分析して対策を考える
  • 直接あって話すか、電話でお願いする

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「不採用になった会社に再応募をするとしたら、どんな手が思い浮かびますか?」

不採用になった会社に再応募する際には、実にさまざまな方法があるようです。「コネ」「二次採用・既卒採用の枠で再チャレンジ」といった就活生もいれば、「直接あって話す」「前回ダメだったことを分析して対策を考える」などの方法を取る人もいるようです。 こちらの記事では、実際に不採用になった会社に再応募はできるのか?また、どのようなポイントを意識して再応募すれば合格率がアップするのかご紹介します。本当に入社したい企業であれば、チャレンジ精神も大切ですよ。

一度落ちた会社に再応募できるのか?

不採用にした就活生や転職希望者が再応募してくることに関しては様々な意見があります。そもそも、一度落ちた会社に就活生が再エントリーする事は、マナー違反ではないでしょうか。

不採用になってもその会社に行きたいという就活生や転職希望者の気持ちは分かりますが、何らかの工夫が必要なのです。就活生や転職希望者が一度落ちた会社に再応募するには、何が必要条件になるのでしょうか?

「もう一度」はできないことはない

再度応募するということはできないことはありません。例えばですが、就職活動も来年もう一度受けることはできますし、中途についても一度落ちたものの次は受かったというケースは非常に多いのが実態です。

ただし、「不採用だった就活生や転職希望者は、落ちた原因を考えずに前回と同じ応募書類を送って来ます。そこには何らの工夫が見られない。だから面接を行う気にはならない」というのが担当者の本音だったりもします。

ただし、そのままでは一度落ちた会社には採用される可能性はかなり低いでしょう。結果、そんなにすぐに合否の判定が覆るというのは考えにくいでしょう。

落ちた会社の選考をもう一度受けることができないケースもある

一度不採用でも何度も応募して来る根性の就活生や転職希望者が評価されるという話があります。それとは逆に「しつこい」と思われ不採用、来年以降も門前払いというケースもありますが・・・。

基本的に、一度落ちた会社の求人要項の応募条件や備考欄などに、「過去3年以内に自社の選考を受けた方は対象外」といった内容が書かれていれば、応募資格を満たしていないので、例えもう一度応募しても選考に進むことはありません。

とくにそのような内容が記載されておらず、もし一度落ちた会社に再応募するなら、履歴書に「不採用にされたが改めて素晴らしいと実感し、来年再挑戦するために自分を磨きます」もしくは「再挑戦するために○○のスキルを身につけました」などと企業に対して新しく見識を深めたことをアピールしましょう。

不採用を覆す!一度落ちた会社に再応募する際の注意点

一度落ちた会社に再応募する際は、やみくもに再応募すればいい訳ではありません。不採用になってももう一度同じ会社に再エントリーする際の確認事項や気をつけるポイントを見ていきましょう。

一度不採用な訳ですから、少なくともその段階より進化していなければ採用してくれません。不採用の会社に再応募する際はどのような注意点があるのでしょうか。確認事項を見て行きましょう。

求人要項と自分のプロフィール・経歴を確認する

まずは条件を確認です。上記のように企業や業界によっては「不採用通知おい応募まで1年以上経過していること」という条件を設けている場合もあります。
また、不採用の原因が、「年齢、転職回数、学歴」という単純な条件の場合には、再応募で受かる可能性は極めて低いでしょう。

一度落ちた会社に就活生や転職希望者が再応募する際のポイント

不採用にされた会社に、再度応募する際にはどのようなポイントをおさえていけばよいのでしょうか。
実際にもう一度落ちた会社の選考を受けるため再応募し合格した例もあるという事ですので、しっかりと不採用後の適切なアピール方法をおさえておきましょう。

「貴社でなければならない」気持ちを伝える

なぜ落ちた会社にもう一度応募したいのかという気持ちや、自分が不採用になった理由を冷静に分析してください。そして、「今後はどのように修正、対応していくのか」を添え状に書きましょう。
「どうしても貴社に勤めたい」という気持ちを応募書類に示すのです。履歴書からはあなたの本気度が必ず伝わるはずです。

内定を得るには前回の選考の振り返りが重要

もう一度落ちた会社に向けて選考書類を作成するとき、「前回どうして不採用になったのか」を振り返りましょう。前回の応募時とは違い、今回の再応募では身につけた経験があること、資格を取得したという点を中心に「自分は前回とは違うのだ」と主張するのです。

さらに、 今回の求人内容から「どんな人材を求めているか」を考えて、なぜ自分がふさわしい人材なのかをアピールしましょう。
人事は「あなたが前回とはどう変わったのか」を見ています。

一度落ちた会社には再応募は可能だが、保険として他の企業も見ておこう

就活活動をしていると、どうしてもこの会社の内定が欲しいと思っていたのに不採用という時があります。
それでも、基本的には一度落ちた会社には再応募できますので、諦める必要はありません。自己分析を行って、自分自身を見直しましょう。「一度落ちたのに再応募して来るのは伸びる見込みがあるな」と判断される可能性もあります。
ですが、それにこだわりすぎて、就職浪人・留年するのももったいないことだと思います。一度、外に目を向けるという意味で、大手企業系列の企業への内定を目指すということも方法のひとつです。

6a0ed8043a8a1688

キャリアアドバイザー|赤塩 勇太

レベルアップしたことをアピールしよう

なんらかのかたちで、特定の企業に再応募したい場合、以前応募した時の自分と、具体的にどのような点でレベルアップしているかを伝えられる必要があります。同じように、ただもう一度受けただけでは、意味がなくなってしまいますので、その点は要注意となります。

登録必須!おすすめ就活サイトランキング5選

50dd77d86e3fca37

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

【内々定が狙える】人事責任者・経営者が集まるプレミアムイベント【最短、当日内定】
  • 2019年卒
  • 就活セミナー

【内々定が狙える】人事責任者・経営者が集まるプレミアムイベント【最短、当日内定】

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2017.10.17 13:30 ...

【当日内定率50%以上!?】早期内定が叶う選考イベント「ジョブコミット」をご紹介します。2019年卒業予定の方は必見です!

124477 view

文理不問【特許/年金/マイナンバー等】国家プロジェクトを任される、信頼性の高い企業のスピード選考会
  • 2019年卒
  • 会社説明会

文理不問【特許/年金/マイナンバー等】国家プロジェクトを任される、信頼性の高い企業のスピード選考会

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2018.02.28 12:00 ...

国家プロジェクトを担う、社会的に大きな影響を与えられる企業のスピード選考会です。

27827 view

【年内に内定!?】一流人事が生評価!早期マッチングイベント
  • 2020年卒
  • 就活セミナー

【年内に内定!?】一流人事が生評価!早期マッチングイベント

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2018.10.19 21:00 ...

今回ご紹介するのは、年内に内定が狙える「早期マッチングイベント」です。一流人事の生の評価で周りより一足早く内定に近づきましょう!

629 view

もっと見る

おすすめの就活イベント