2020年06月23日(火) 更新

内定通知が電話のみで不安な方必見|内定通知の意味・書面で提出してもらう方法・新卒と中途との違い

内定通知とは?

就活中は数回面接をするものですよね。面接での質疑応答から、面接官はあなたの資質や企業特性を見極め、内定を出すか決めるのです。いくつもの面接を突破し、晴れて内定が決まった暁には、企業はあなたに内定通知を出してくれます。

企業から一緒に働きたいという意思を示した通知

内定通知とは、是非わが社であなたを受け入れ、一緒に働きたいといった意思を示した通知になります。ある期日から応募者を雇用すると約束する文書とも言えますまた、入社前に研修を行う場合はその日時・場所なども通知します。

自分は内定先で活躍できるタイプなのか、適性を診断してみよう

内定をもらった会社の仕事は、本当に自分に向いている仕事なのか気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と内定先の相性を診断してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで自分が本当に内定先の仕事に向いているタイプか診断し、納得できる決断をしましょう。

内定通知を電話で知らせるケースはあるの?

企業からの内定通知の方法は、会社によって対応は様々です。内定通知の連絡は、郵送もしくは直接書面でもらえるときもあれば、メールだけというケースもありますし、電話だけというケースもあるのです。以下で、内定通知を電話で知らせるケースを見ていきます。

中途採用の内定通知は電話が多い

内定通知を電話で知らせ、内定通知書が書面でもらえないという対応は、転職など中途採用の場合はよく聞く話。そもそも中途採用に関しては内定という概念が非常に弱いからです。中途採用の場合、採用決定イコール雇用成立となり、契約書にサインをすれば内定承諾となります。よって、特別内定通知の書面が不要なため、電話のみの対応で済ませる企業がほとんどなのです。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

内定通知の書面がなく電話のみで不安な場合の対応法

中途採用で内定が決まったとして、内定通知を電話で受けた際、万が一、内定が取り消しになったり、内定通知を目に見える形で手元に置いておきたいという気持ちは拭えないもの。やはり内定通知は電話だけでなく書面といった、確認ができて、形に残るものでもらわないと不安になる方もいるでしょう。内定通知書が電話だけで、企業にせめて書面でも出してもらいたい場合は、どんな対応をすればよいのでしょうか?

内定承諾書や契約書を控えでもらう

内定通知を書面でもらいたいときは、企業に直接話してみましょう。中途採用の場合、内定通知を書面という形で出していない企業もありますので、対応について確認してみるといいでしょう。企業から内定通知書を出してもらえず、書面として形に残るものをもらいたいときは、企業と内定手続をするにあたり、内定承諾書や契約書といった書類にサインをしますので、それらを書面の控えとしてもらっておくのも手です。

内定通知が電話のみの場合は書面がもらえるか企業に確認

内定通知が電話のみで書面でもらえなかった時の対応法についてみていきました。新卒の場合、内定通知が書面で出るのは一般的ですが、中途採用となった場合、内定通知を書面で出すといった概念自体が弱く、電話やメールなどの連絡のみで書面で出してもらえないケースも多いようです。もし内定通知を書面で出してもらいたいときは、確認して出してもらいましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 22年卒
  • 21年卒
  • 19年卒
  • 24年卒
  • 20年卒
  • 18年卒
  • 23年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

43026 view

おすすめの就活イベント