2020年06月29日(月) 更新

【内定後の行動】入社前にやること10選と気を付けておきたい注意点|就活を終えて気が緩む学生の割合もご紹介

就活に励む学生のうち約65%が内定後には気が緩む

調査方法:メールを配信して学生にアンケート
調査実施日:2017/1/26~1/29
投票数:438

就活生を対象に438名から集計したアンケートによると、「内定が出たら一気にたるんでしまうと思いますか?」という質問に対して、65%の人がYes、35%の人がNoと答えました。(2017年1月時点、キャリアパーク調べ) 就活中は気が張り詰めているものですが、「内定が出た途端に緩んでしまいそう」と感じている人は意外と多く、65%もいます。しかし、あくまでも内定は通過点。本当に頑張らなければいけないのは、入社後なのです。 内定をもらった。一生懸命やった。燃え尽きた。何をしていいかわからない。なんて燃え尽き症候群にならないためにも、以下では「内定者が入社までにすべきこと」をご紹介していきます。時間がある方は、学生時代のうちに取り組んでおきましょう!

「やることない」と怠けていると学生ペースに戻ってしまう

内定後にやることの大前提として、入社準備は必ずしておきしょう。入社日直前に慌て出すのは、社会人としての意識が足りない証拠です。それでは就職しても、続けることができません。また、入社準備を終えたら、最後の学生生活を悔いなく過ごすようにしてください。最後の最後で「やることない」と怠けていると、「学生ペース」に戻ってしまいます。学生ペースのまま急に社会人になっても、イキイキと働くことはできないでしょう。

内定後は「入社を見据えたうえでやること」に取り組むべき

内定後には、入社を見据えた行動が大切となります。社会人になるという事実を受け入れたうえで、学生生活を悔いなく過ごすためにやることを考えるのです。「就活が終わったし、やることないな」と怠けているのは、最もNGな行為といえるでしょう。しっかりと入社を見据えた行動をすることで、気持ちの良い社会人生活をスタートできます。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

入社してから後悔しないために内定後やること10選

では、入社を見据えたうえでやることには、どんなものがあるのでしょうか。いざ考えてみても、ぱっと思いつくのは難しいものです。そこで以下では、就活生が内定後にやることを10個ご紹介いたします。後々後悔しないためにも、しっかりと把握しておきましょう。

①: 社会人らしい行動を身に付ける

入社を見据えてやることとして、社会人らしい行動を身に付けるのは大切です。社会人になっても「学生の感覚」が残っているままだと、マナーや振る舞いにおいてミスを犯してしまいます。社会人の生活習慣に慣れる意味も含め、普段の生活におけるマナーや振る舞い、言葉遣いや所作などを意識しておきましょう。

②:早寝早起きなどで生活リズムを整える

早寝早起きの習慣を身に付けるのも、入社を見据えてやることとしては大切です。社会人になると、学生の頃のように遅刻をした場合、簡単には許されなくなります。怒られるのはもちろん、社員としての評価にも大きく響くようになるでしょう。また、働くためには体が資本です。規則正しい生活で健康に気を遣わなければ、体調を崩しやすくなる可能性もあります。社会人になる前には、「早寝早起き」「1日3食きちんと食べる」など、基本となる生活リズムを身に付けておきましょう。

③:パソコンの基本操作を習得しておく

また、入社までにやることとして、パソコンの基本操作の習得が挙げられます。情報社会である現代において、WordやExcelを使う会社は珍しくありません。そのため、最低でも基本的な関数程度は、覚えておくようにしましょう。また、手元を見ずに文字入力ができる「ブラインドタッチ」を習得しておくと、仕事で役に立ちます。元々パソコンが得意だという人は、高難易度の資格を取得して高みを目指すなどしておけば、同期の社員と差をつけられるでしょう。

④:短期留学などで語学力を身に付ける

内定を獲得した時期にもよりますが、短期留学などで語学力を鍛えることも、入社を見据えてやることとして良い選択肢です。例え期間が限られていても、短期留学では最短1週間のコースなどがあります。一度だけ普段と全く違う環境で生活してみるだけでも、言語や文化の違いなどの様々なことを学べるでしょう。また、期間があるのならば2ヵ月程度の短期留学がオススメです。2ヵ月滞在することで、語学力は一気に鍛えられます。近年は語学力が必要となる仕事も増えているため、鍛えておいて損はないでしょう。

⑤:人生設計をしてモチベーションを保つ

入社を見据えてやることとして、未来のイメージトレーニングなども良いでしょう。

例:イメージトレーニングの内容

・一人暮らしはするか
・結婚はするか
・結婚後はどこでどのように暮らすか
・子供は産むか など

特に上記で挙げたものは、多くの人が想像したことのある未来ではないでしょうか。こういった未来の人生設計を行うことで、社会人としての「目標」や「夢」が明確に見えてきます。そしてそれが、社会人となった自分のモチベーションに繋がるのです。

⑥: 旅に出ることで見聞を広げる

入社までにやることとして、旅をするのもオススメです。その際には、なるべく文化の違うところにいきましょう。もちろん、国内でも構いません。メンバーは1人でも、友人とでも良いでしょう。なるべく長めの旅をすると、考え方が変わるきっかけとなります。そうして見聞を広げれば視野も大きく変わるものなので、社会人としての意識を高めることができるでしょう。

⑦: ボランティア活動に参加してみる

ボランティア活動への参加なども、入社を見据えてやることに挙げられます。学生時代は社会人に比べると、自分の時間が多くあるものです。その時間を誰かのために使ってみると、思わぬ発見があったり視野が広がったりするでしょう。また、交流の幅も広げられます。誰かや地域に貢献しながら視野や交流の幅を広げられるのは、ボランティア活動ならではの、とても大きなメリットだといえるのです。

⑧:サークルなどに顔を出して思い出を作る

また、入社を見据えてやることとして、自分が所属していたサークルなどに顔を出すのも良いでしょう。就活生の中には、サークルや部活に集中していた学生も多いですよね。しかし、卒業して働き出せば、そのような時間はなくなってしまいます。大学時代のメンバーでいられるのも、後少しです。悔いを残さないためにも、積極的にサークルや部活に顔を出して、最後の思い出作りをしておきましょう。

⑨:友人との遊びや恋愛を楽しんでおく

また、悔いを残さないために入社前にやることとして、友人との遊びや恋愛に集中するのも、悪いことではありません。社会人になるとどうしても忙しく、自由に予定を組むことができなくなってしまいます。そうなると友人や恋人とも、少し疎遠になってしまうでしょう。それが原因でやる気をなくしてしまえば、社会人として仕事を続けることは難しいですよね。そういった事態を防ぐためにも、学生時代のうちにきちんと思い出を作っておき、切り替えができるようにしておきましょう。

⑩:短期アルバイトなどを探して働いてみる

最後にご紹介する入社を見据えてやることは、短期アルバイトです。アルバイトの最大の魅力は、実際に労働を体験できることといえます。そのため、アルバイトの種類にもよりますが、年の離れた上司とのコミュニケーションや事務スキルなど、様々な経験を積むことができるでしょう。入社まで時間に余裕がある方は、ぜひアルバイトを探してみてください。

内定後ということを考えて羽目を外しすぎないよう注意

上記では、様々な「入社を見据えてやること」をご紹介しました。これらのやることを行う際の注意点は、羽目を外しすぎないことです。いくら楽しくても、お店や人に迷惑をかけるような悪い行動はNGとなります。もし企業へ悪い行動がばれてしまえば、それなりの措置を取られると覚悟しておきましょう。

就活後に悪い行動がばれれば内定取り消しとなる事態もあり得る

特に近年は、SNSなどを基に企業へ悪い行動がばれるケースが多いです。折角入社が決まったにも関わらず羽目を外して悪い行動をすると、企業まで情報が伝わって、最悪の場合内定が取り消しとなる可能性があります。また、もし内定が取り消されないとしても、入社前から自分の評価を下げてしまうでしょう。どこで企業の人の耳に入るかは、わかりません。もうすぐ社会人という意識をしっかりと持って、内定後でも羽目を外さない程度に行動してください。

内定後最も大切なのは「最後まで学業に励むこと」

例え内定を獲得しても、学生の本分は勉強です。そのため、卒業までしっかりと学業に励むことは、内定後最も大切だといえるでしょう。生活リズムを整えたり悔いのないように思い出作りに励んだりしたところで、学力が落ちてしまえば本末転倒です。油断をせずに、しっかりと最後まで取り組んでください。

就活の内定後にやることは勉強や思い出作り!学生として後悔しない行動を心がけよう

本ページでは、就活の内定後にやることについてご紹介しました。就活において内定を獲得すると、ついつい気が抜けてしまう学生は多いです。しかし、だからといって怠けていると、社会人になる際に上手に切り替えができなくなってしまうでしょう。内定後には、生活リズムを整えたり思い出作りをしたり、やることが多くあります。羽目を外しすぎないように気を付けて、自分の時間を活用しましょう。また、その際には学業を怠らないように、注意が必要です。内定後も計画的に過ごすことで、入社準備を進めてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 19年卒
  • 24年卒
  • 18年卒
  • 20年卒
  • 21年卒
  • 23年卒
  • 22年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

43031 view

おすすめの就活イベント