2016年12月21日(水) 更新

【志望動機の書き方の流れ】就活で履歴書を作成する際に知っておきたいポイント

志望動機は流れ次第で読みやすさが違う

就活では、履歴書の志望動機が意気込みを伝えるために重要となってきます。履歴書の志望動機は次に待ち受ける面接に進むためだけでなく、自己PRをするチャンスです。志望動機で意気込みを伝えるには内容も重要ですが、採用担当者にとって読みやすいことがポイントだといえます。

読みやすい志望動機を書くには流れ、構成に注意して書くことが大切です。自分の言葉で会社を志望する理由がしっかりまとめられるようにしましょう。

志望動機は結論→理由→例→意気込みの流れで書くのが理想

履歴書の志望動機は結論→理由→例→意気込みの流れで書くのが理想です。採用担当者は学生の志望動機を始めて見ます。そのため、まずなぜ会社を志望しているのか結論を書きましょう。そして理由を書き、あれば具体例、体験談を加えるとより説得力が増します。そこで仕事に対する意気込みを交えると、志望動機で自己PRもできます。

他にも将来的なビジョン、インターンシップやサークル・活動などの経験、スキルなどを交えて書くと、採用担当者もより意気込みをわかってくれるでしょう。

自分がその企業を志望したい理由をリストアップして考えよう

志望動機は面接に進むために重要ですが、苦手とする学生は少なくありません。何を書いていいかわからないという学生は、なぜその会社をいいと思ったかをいくつかリストアップしてみましょう。その業界を志望している、職種に興味がある、理念に共感した、職場環境や制度に魅力を感じたなど。

その中で最も会社の決め手となったことを上述したような流れで書くと採用担当者も読みやすいです。志望動機は流れ、構成を守って企業研究した内容や自己分析の結果を盛り込んでいきましょう。

履歴書の志望動機は結論→理由→例→意気込みの流れで書いて意気込みを伝えよう

履歴書の志望動機は次の面接に進むためにも重要です。採用担当者に意気込みを伝えるためには、内容・流れ・構成に注意する必要があります。志望動機は結論→理由→例→意気込みの流れが理想です。まずは志望する理由をいくつかリストアップして徐々にまとめていくといいでしょう。書類選考を突破するためにぜひ参考にしてみてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

メガベンチャーから新進気鋭のスタートアップまで、世の中に新しい価値を提供する一流ベンチャーの非公開求人に挑む!

    エントリーはこちら    ※面談日程はエントリー後、お電話にて調整いたします。