2019年11月08日(金) 更新

自己PRでイラストを使って効果的にアピールする方法|自由記入欄で好印象を残すコツ・注意点

自由記入欄には自分でイラストを描いてもOK

イラストを描くことで採用担当者の目を惹き付けることができる

履歴書やエントリーシートの自由記入欄は、その名の通り自由に使ってOKです。したがって、イラストを描いてもOKとなります。イラストをしっかり描くと一生懸命さが伝わり、真摯に取り組んだことがアピールできるでしょう。文章だけで自分の魅力をアピールするより、イラストを付け加えると採用担当者の目に留まりやすくなります。イラストを描くのが得意な人には、嬉しい記入欄といえるでしょう。ただし、イラストだけではなく文章も必要ですので、バランスを考えて記入する必要があります。

志望業界によってイラストの描き方を変える

自由記入欄にイラストを描く際には、志望業界によって描き方を変えるようにしましょう。業界によっては、イラスト入りの自由記入欄は好ましくない場合があるためです。必要以上にカラフルに仕上げる必要はありませんので、見やすさ重視で作成することが大切でしょう。

自己PRにならないイラストはNG

自由記入欄において、自己PRにならないイラストを描いてしまうのはNGです。イラストは、自己PRと関係のないものを描かないように注意しましょう。イラストが得意だからと言って、自己PRに関係のないものを描くと、ただの自慢になってしまいます。イラストの上手い人は、張り切りすぎてしまわないように要注意です。自由記入欄は、イラストを特技としてアピールする部分ではないと理解してください。

自由記入欄で効果的に自己PRする方法

自由記入欄の書き方①:写真・表を使う

自由記入欄では、イラスト以外に、写真や表を使ってアピールする方法もあります。イラストが苦手な人は、表や写真を使うことでより印象に残る自己PRが可能です。写真や表を使えば、全体が見やすくなり、大事な部分を強調することができます。写真では、どれが自分なのか分かる写真を使用し、複数人写っている場合は目印をつけておくようにしてください。

自由記入欄の書き方②:レイアウトに気を遣う

自由記入欄は、書き方に決まりがないので、文字の太さや大きさなどを変えて、強調することができます。自分のとくにアピールしたい項目は、段落を変えたりすることで、より目立たせることが可能です。レイアウトに気を遣うことで、自己PRを見やすいものにしましょう。

自由記入欄で自己PRする際の注意点

注意点①企業の求める人材を把握しておく

自由記入欄の自己PRでは、企業の求めている人材を把握して、それに沿ったアピールをする必要があります。そのためには、企業研究が必要です。企業の公式サイトで求める人材像を確認したり、先輩方のインタビューを読んだりしておきましょう。自由記入欄で求める人物像とズレたアピールをすると、自己PRが無駄になってしまうので、注意してください。

注意点②:ただ文章をかいただけの自己PRは避ける

自由記入欄に決まりはありませんので、普通に文章で自己PRをしても構いません。ただし、その書き方だと、他の就活生と差をつけることができず、埋もれてしまうことがあります。自由記入欄には、就活生の表現力を確認する意図もあることがその理由です。ただの記入欄ではなく、自由記入欄とされている理由をよく考える必要があります。

自己PR作成に役立つジェネレーター

自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ自己PRジェネレーターを活用しましょう。自己PRジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

自由記入欄で自己PRする際にはイラストを使ってアピールするのが効果的

自由記入欄で自己PRする際には、イラストを用いてアピールすることができます。イラストを使えば、採用担当者の目を惹きつけることができるでしょう。ただし、業界によっては好ましくないため、注意しなければなりません。レイアウトにも気を遣い、見やすさを重視することが大切です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント