2019年10月31日(木) 更新

【自己PRが分からない人必見】自分の強みの知り方や伝え方を紹介

自己PRはESや面接で重要な項目

就活に向けて準備が必要なことは、大変多くあります。その中でも準備が必要で、かつ就活でも重要な項目が、自己PRといっても過言ではないでしょう。

自己PRはES提出の際や面接におけるアピールなどの、多くの場で活用することになるものです。特に、自分をアピールするという部分において、自己PRを重要視する就活生も多くいます。

ですが、実際に自己PRの文章を作成するのは、大変難しく感じる就活生も多くいます。やり方が分からない、と思う人も少なくはありません。自己PRにおいて重要なのは、まずは自分の強みが何かを知ることです。

自己PRを考える上で大事な自己分析や、自分の強みの知り方などについて解説していきます。

自己PRが分からない人は自己分析で見つける

自己PRのやり方が分からない場合には、まずは自分で自分自身を知るところからはじめましょう。

その自己分析の考え方などについて紹介していきますので、自己PRに必要な自己分析のポイントからおさえておきましょう。

成績や資格を取得など特別な内容でなくても良い

自己PRといっても、何も特別なことを書く必要はありません。成績や資格をとったことがある人は十分にPRすになります。資格取得の経験がない人でも、これまでの人生で一番頑張ったことや苦労したことなどを整理して考えてみましょう。

それら一つ一つを考えてみれば、特別な資格や成績に関わらず自己PRのエピソードとして考えることができます。自己PRは企業に自分の良さを成績などの実績以外にもアピールすることができるチャンスなので、是非自己分析をしっかりしてエピソードを考えてみましょう。

うまく人間性や良いポイントをアピールすることができれば、採用される可能性が高まりますし、採用担当者に人柄をアピールすることができ、好印象を与えられるかもしれません。

自己PRを考えるうえでの自己分析のやり方

自己PRを作成するためにも、早速自己分析をおこなっていきましょう。自己分析というと難しいもののように感じる人もいるかもしれませんが、就活の自己PRとして必要な要素をしっかり理解しておけば、実はそこまで大変なことではありません。

就活において重要になってくるのは、企業で生かすことのできる自分の強みです。その強みをピックアップするための自己分析を、おこなっていく必要があります。ここでは、誰でも簡単に自分の強みをまとめることができる、自己分析の基本となるポイントについて解説していきます。

幼少期~大学生まででモチベーションが上がった出来事を書き出す

今までの人生の中で、何かしらのきっかけでモチベーションが上がった出来事があるはずです。誰しも幼少期~大学生の間に、こういった経験がひとつはあったのではないでしょうか。

まずはそういった、モチベーションが上がった出来事を全て書き出してみましょう。大きくモチベーションが上がったという話だけでなく、小さなことであっても構いません。

モチベーションが上がるということは、つまり人が行動しようという動機や目的が大きくなった、ということです。動機づけということもできます。そうなるには必ず、何かしらの理由や原因がある筈です。

自己分析では、モチベーションが上がった原因から自分の強みを探していくことになります。ですので、こういった体験を思い出せるだけ、まずは記憶の中から掘り起こしてみましょう。

出来事のうち特に印象のあるものを深堀りしていく

書き出した様々な過去の出来事の中には、記憶に残る印象の深い体験もあることでしょう。その体験について、さらに深く思い出し、行動を掘り起こしてみましょう。この時のポイントとして「何故そうなったのか」という疑問を掘り下げる、というものがあります。

例えばアルバイトを頑張ったという出来事の場合は、「何故」アルバイトを頑張ったのかと自分に問いかけてみましょう。思い浮かんだ内容に大して細かく「何故」と問いかけていくことで、出来事を掘り下げていくことができます。

ひとつのエピソードを掘り下げるのに、大体10回位「何故」と問いかけを繰り返すといいでしょう。簡単に思い出せて掘り下げやすいものであるなら、より具体的に掘り下げることもできるはずです。

具体的根拠を示す数字があれば一緒にメモする

いいエピソードであっても、説得力が無ければ採用担当者に上手くアピールすることができません。そのため具体的な数字や目安がある場合は一緒にメモしておきましょう。

いかにいいエピソードだとしても、採用担当者に伝わらなければ意味がありません。そのためには客観的に判断できるような材料が必要になります。

例えば、アルバイトでの経験を話すのであれば具体的にどれくらいの期間働いていたのか、どのくらいの規模の職場だったかなどをエピソードに加えましょう。自分がいいエピソードだと思っていても採用担当者としてはそうは思わない場合があるのでできるだけ客観的に物事を伝えることが重要です。

自己PRをもう一度精査してより採用担当者に伝わりやすいように話を組み立てなおしてみましょう。

自己PRは企業側の求める人物像によって変更するのも効果的

自己PRはどの企業でも同じように話しても良いですが、出来れば企業ごとにアレンジするとより効果的です。

企業が求める人物像に、自分が近いことを上手く自己PRすることが出来れば採用に対して有利に進めることができます。

そのためには、企業研究が大切です。企業が求める人物像を正しく知ることが重要です。採用担当者に理想の人物像に自分が近いことをアピールしましょう。自己PRの内容を切り替えて企業に合わせた自己PRを考えることが重要です。

ありきたりなPR要素でも自分にしかない体験を記載する

自己PRのテーマよりもその経験、体験になかで自分が何を感じて何を思ったかオリジナリティーがあるエピソードにすることが重要です。

自己PRでは、面接官に自分を印象付けることが重要なので、自分が経験の中でどのように感じてどのように行動したかを考えてみましょう。エピソードを通しての成長や体験を採用担当者に伝えることで、自分の魅力を伝えることができれば採用される可能性が高まります。

ありきたりなエピソードであっても自分にしかなかった出来事や経験、思ったことを整理して採用担当者に客観的にわかりやすく伝えられるように話を考えておきましょう。

自己分析から得た結果から強みを自己にする

こうして自身の過去のエピソードを深堀りしていくことで、自分のモチベーションが上がるきっかけや傾向がみえてくることでしょう。その結果が、自己分析によって得られたものです。

この得られた結果は、自分にとっての強みや価値観、大切にしているものになります。そのことを基準にして、自分がしてみたい仕事を探していくといいでしょう。自然と、これらをベースにして自分がやってみたいことが具体的に思い浮かべるようになる筈です。

企業の特徴と自身の強みには、必ず何かしらの接点を見つけることができます。こうしたマッチングをおこなって、自身の強みを就職に生かす手段を見つけていきましょう。
掘り下げたエピソードの中から企業にマッチするものがあれば、その内容を元に自身をアピールしていくことになります。

36の質問に答えてパーソナリティータイプを把握しよう

自己分析をいざ始めようと思っても、何を参考にすればいいのかや準備するものは何かなどが気になって、すぐに行動に移せないことが多いです。

今すぐできたら、その時間が省けますよね。そこでおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプが診断できます。

技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

相手に伝える意識を忘れない

自己分析が終わり、伝える内容を吟味してきて、自己PRのやり方が分からないと言っていた方も、少しずつ前に進んでいることが実感できてきたと思います。

しかし、あくまでも自己PRはしっかりと相手に伝わってこそ意味があります。
面接では緊張するでしょうし、思っていたことが全部言えなくなってしまうケースもあります。また、エントリーシートなど事前に提出する物に自己PRを書く場合には、わかりやすい文章を書く必要があります。

「自己PR」以外の質問でも対応できるようにする

自己PRは面接において、「自己PRをしてください」と直接聞かれるとは限りません。
「あなたの長所は?」とか「あなたの短所は?」などの聞き方だったりするかもしれませんし、もっと他の聞き方で来られるかもしれません。自己PRは、ほぼどんな面接においても聞かれると思います。
自己PRのやり方が分からないと思っていても、避けては通れない以上、しっかりと練習しておき、どんな質問からでも自己PRできるようにしておきましょう。

本番のつもりで事前にロールプレイなどで練習をする中で身につけていくことが大切です。

自己PRのやり方が分からないときは自己分析から行おう

自己PRをする場合、大抵はいきなりのことでどこから手をつければいいか、困惑するかもしれません。まずは自己分析をおこなって、自分の人生の出来事を掘り下げていってみましょう。その中に、自分の強みや行動への動機となる要素が必ず隠れているものです。

この自己分析で得られた結果を元にして、自身のアピールしたい部分をまとめていけば、自己PRもスムーズにできるようになります。どうしても自分一人で考えても自分の強みが分からない、という場合は、他の人から印象を聞く他己分析もあわせておこなうことで、自分のことが深く見えて掘り下げていけるようになる筈です。

自己分析を丁寧におこなえば、自己PRを考えるのも難しいことではありません。まずは自分について、細かく分析していくところから始めましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

5a334849b2c88964

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント