2016年11月29日(火) 更新

自己PRでチャレンジ精神をアピールする際のコツ

チャレンジ精神とは積極的に挑戦していく気持ちや姿勢のこと

面接や履歴書にて自己PRする上で「チャレンジ精神」は定番化してきました。そもそもチャレンジ精神とは、困難なことにも積極的に挑戦していく気持ちや姿勢を表します。社会人になれば、自分の力量以上の仕事を任されるのは珍しくはありません。そうしたときに「自分には無理です」と言って諦める社員よりも、会社はチャレンジ精神のある学生を採用したいでしょう。失敗を恐れない果敢な姿勢こそが求められます。

結果を出すためにもチャレンジ精神は必要

会社には結果を出す人と出せない人がいますが、その違いの一つにチャレンジ精神の高さが要因としてあります。自らの成績を上げるために積極的に仕事を獲得し、結果を出すために自ら行動するのです。そうした背景から考えると、チャレンジ精神を上手く自己PRできれば、印象はグッと高まるだけでなく、「この就活生は我が社に来れば色んなことにチャレンジしてくれそうだ」と期待感を持ってもらえます。

チャレンジ精神をアピールするコツ:状況や成果を具体的に伝える

自己PRで「私はチャレンジ精神ある人間です。」と端的に伝えても意味がありません。面接官は、チャレンジ精神を裏付ける過去の出来事を伝えるのがコツです。つまり、今までに経験したアルバイト、ゼミ、部活などから、どのような場面でチャレンジ精神を発揮したのかを伝えましょう。また、それによって、どういった成果を挙げたのか紐付けるのがコツとして大切です。

自分の貢献度や関わった状況をしっかり伝える

面接で自己PRする際の参考例です。

「 私は何事もチャレンジ精神を大切にしています。現在のアルバイト先であるアパレル販売員は個々の売上予算を達成することが必須なのですが、残り半月に差し掛かったときに予算の達成が難しい状況がありました。そこで、信頼し合えるお客様数名に、紹介キャンペーンを実施しました。そこで、お客様がお客様を呼び、売上を伸ばし、予算の達成に貢献した経験があります。そうした果敢に挑戦する姿勢を御社でも活かしていきます。」

以上のようにどういった状況で、具体的にチャレンジ精神を証明する話をするのがコツです。例のように数字や期間を示すと、より伝わりやすくなります。

チャレンジ精神をアピールするコツ:仕事に直結するような自己PR

チャレンジ精神を自己PRする上でコツとなるのが、数字を加えたり、仕事に直結するような自己PRです。さらに言うと、志望先の企業でどうチャレンジ精神を発揮して活躍できるのかをアピールする必要があります。そこは熱く語るだけではなく、論理的に話すこともコツとして意識しましょう。本番の面接では入念に内容を考えておく必要があります。

他の就活生との差別化が必要

「チャレンジ精神」は就活生の中で自己PRポイントとして多くあげられるのも事実です。そのため、面接官も「またチャレンジ精神をアピールしてくるか、まあ聞こうか」と言った具合に感じている人もいるかもしれません。そこで中身の薄い「チャレンジ精神を発揮した出来事」を話されても印象に残りにくいと言えます。そのため、紹介したコツにもあるようにしっかり内容を整理しましょう。印象に残る自己PRにするには、チャレンジ精神を発揮した状況や成果をしっかり伝えるのがコツです。

チャレンジ精神を自己PRするには他の就活生と差別化するのがコツ

自己PRでチャレンジ精神をアピールする場合は具体的なエピソードを交えて話すのがコツです。チャレンジ精神があるのを論理的に伝えるのは簡単ではありません。また、多くの学生が自己PRとして発言するのも事実なので、差別化が必要です。コツにもあるように数字や期間、志望する会社の仕事に直結自己PRをしましょう。そうすれば、会社にも入社後も期待できると面接官に印象付けできると思います。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント