2019年11月21日(木) 更新

面接の自己PRで「人脈構築力」をアピールする方法

面接の自己PRでは体験談で人脈構築力の高さをアピール

人脈構築力の高さを面接の自己PRで伝えるためには、自分の性格を語るのではなく、実際の体験談を語る必要があります。実際に、多くの人脈を獲得しているという実績があれば、充分なアピールする要素になります。勉学だけではなく、部活動やサークル活動において、多くの人脈を築いてきていれば、それらの事実を伝えましょう。

自己PRで人脈構築力の高さをアピールするには実績を挙げる

面接の自己PRで使える人脈構築力の高さをアピールできる内容の体験談の例を紹介します。「私は、イベントサークルに所属しており、人脈を獲得するために必要な行動を学びました。根気よく人脈を広げた甲斐があり、300人を越える人数で交流会を開催することができました。」というような実績を挙げてアピールしましょう。

面接の自己PRで人脈構築力を噛み砕いて説明できると良い

面接官に、人脈構築力の有無について面接で質問された場合には、人脈を構築した体験談に加えて人脈構築力を噛み砕いて説明しましょう。例えば、「私は、人脈構築力とは即ち行動力と営業力でできていると思っています。」という風に、具体的にどうすれば人脈を広げられるのかを知っていることを面接の自己PRでアピールしましょう。

自己PRでは人脈構築力を得た経緯も伝える

面接の自己PRで、人脈構築力が具体的にどういった能力で構成されているのかを伝えたら、それらの能力をどのようにして身につけて磨き上げたのかを伝えましょう。人脈を築く為に、行動力を高めたのであれば、具体的にどのようにして行動力を上げたのかを伝えましょう。一つの目標に向かって努力をする性格をアピールする機会にもなります。

面接の自己PRで人脈構築力をアピールするには会話力が鍵

面接の自己PRで人脈構築力をアピールするためには、実際に人脈構築力が高くなければなりません。人脈構築力を向上させるためには、ひたすら行動あるのみですが、ただ行動するのではなく、どうすれば自分と繋がってもらえるのかを考えて、会話力を身につけましょう。企画によって人を集めて人脈を広げたり、友人の友人を紹介してもらう方法が挙げられます。人脈構築力は、営業や接客業に役立てられるので、身につけることができれば大きな武器になります。

関係が遠い人物と脈を築いておくと面接の自己PRの際に役立つ

人脈構築力についてアピールしようとしても、実際に友人が100人程度いるだけではアピールしても関心してもらえません。自然にできた友人ではなく、自らの足で友人を探し求めて、結果的により多くの人脈を獲得できていなければアピールしても意味を成しません。200人を基準として、身の回りの人物だけではなく、友人の友人など自分とは関係が遠い人物との人脈を築きましょう。

あなたの面接力はどのくらい?

人脈構築力をアピールする際、身だしなみやマナーも意識する必要があります。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、面接で高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

面接の自己PRで人脈構築力をアピールするには体験談・得た経緯・会話力が大事

面接の自己PRで人脈構築力をアピールするためには、「体験談」と「人脈構築力を得た経緯」に加え当然「会話力」も必要です。全てを、面接の自己PRのタイミングで伝えることができれば、人脈構築力とはどういう能力で、どうすれば高められるのかをわかっているということで、営業や接客に向いていると思ってもらえます。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

D1bd5c6662a77f43

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

メガベンチャーから新進気鋭のスタートアップまで、世の中に新しい価値を提供する一流ベンチャーの非公開求人に挑む!

    エントリーはこちら    ※面談日程はエントリー後、お電話にて調整いたします。