2019年01月30日(水) 更新

履歴書の証明写真撮影に適したネクタイとスーツの色選びのポイント【好印象を与える身だしなみ】

履歴書の写真の身だしなみ【スーツ編】

調査方法:メールを配信して学生にアンケート
調査実施日:2017/1/26~1/29
投票数:438

就活生を対象に438名から集計したアンケートによると、「証明写真を撮るときに着るスーツ・ネクタイの選択で悩んだことがありますか?」という質問に対して、41.4%の人がYes、58.6%の人がNoと答えました。(2017年1月時点、キャリアパーク調べ)

就職活動は、採用をお願いする大切な場です。黒や紺のスーツでないと、マナーが守れていない、採用を軽視していると思われる可能性があります。そのため、履歴書の写真にはグレーや明るい色のスーツは避けるようにしましょう。

履歴書の写真に適切なスーツは黒か紺のもの、学生であればリクルートスーツが望ましいでしょう。スーツの色は、黒や紺が最も信頼感や清潔感を与えられるため、ビジネスシーンで選ばれています。 就職活動は、採用をお願いする大切な場です。黒や紺のスーツでないと、マナーが守れていない・採用を軽視していると思われる可能性があります。そのため、履歴書の写真にはグレーや明るい色のスーツ、ストライプなど柄の入ったスーツは避けるようにしましょう。

スーツのサイズはフィットしたものを!色は黒・グレー・紺

履歴書の写真に適切なスーツのサイズは、自分の身体にフィットしたものにしましょう。同じスーツでも、サイズが合っていないと見栄えがかなり悪くなります。 写真でも確認できるため、サイズに気をつけましょう。また、色は黒・グレー・紺が主流です。履歴書と言えども、写真には地味な色を選びましょう。

ワイシャツもストライプ柄を避けて白い無地を選ぶ

スーツの下に着るワイシャツにも、注意が必要です。就活では、白い無地のワイシャツを着るのが一般的です。就活で周囲と違う服装をしていることで、常識を知らないと捉えられてしまう可能性があります。服装は、第一印象を左右する大切な要素です。ストライプ柄などは控えて、白い無地のワイシャツで勝負しましょう。

履歴書の写真の身だしなみ【ネクタイ編】

スーツの下に着るワイシャツにも、注意が必要です。就活では、白い無地のワイシャツを着るのが一般的です。就活で周囲と違う服装をしていることで、常識を知らないと捉えられてしまう可能性があります。服装は、第一印象を左右する大切な要素です。ストライプ柄などは控えて、白い無地のワイシャツで勝負しましょう。

赤・青・黄色系のネクタイがおすすめ

就活用のネクタイは、赤・青・黄色系のものがおすすめです。赤系のネクタイは、やる気や情熱的な印象を持たせることができます。真っ赤なネクタイは少し目立つので、エンジ色のものがよいでしょう。青系のネクタイは、知的で爽やかな印象です。紺色のネクタイに白の柄が入っているネクタイは、シャープな印象を与えることができます。黄色のネクタイは、明るい印象を演出できるでしょう。元気で活発なイメージに見せたい時におすすめです。

レジメンタル柄のネクタイが良い

ネクタイの柄は、レジメンタル柄がおすすめです。右上から下に向かって斜めにストライプが入っている柄のことをいいます。細めのストライプの柄は日本で定番となっている柄で、ネクタイを選ぶ際には一番おすすめのタイプといえるでしょう。レジメンタルと逆に左上から斜めにストライプがはいっているものは、リバースと呼ばれています。

ピンクや紫・季節に合わない色のネクタイは避ける

ピンクや紫のネクタイは、就活に向いていません。ビジネスの場に相応しくありませんし、色の濃さや明るさによっては、派手で奇抜な印象を与えてしまう可能性があります。温かい時期に茶色のネクタイというのも、季節感が感じられません。ネクタイ選びでは、好感度の高い定番の色を選ぶことが大切です。

大きな柄よりもシンプルなストライプの方が好印象

ネクタイの柄は、シンプルな方が良いと言えます。太いストライプや大きい水玉模様は就活に向いていません。正統派な柄の方が好印象ですので、変わった柄のネクタイを選ばないようにしましょう。紋章やペイズリー等、ごちゃごちゃした柄のネクタイもおすすめできません。

履歴書の写真に黒・白・シルバーのネクタイは避ける

「黒やグレー」、「白」などは冠婚葬祭を連想させてしまうので、就職活動の履歴書では避けましょう。また、派手な色・柄、デザイン志向の細いネクタイなどは、悪い印象を与えることがあるので極力避けたほうがいいです。 自分が与えたい印象や、相手が求めている人物像に合わせて、履歴書の写真に適切なネクタイを使い分けるようにしましょう。

履歴書の写真撮影時はモニターでスーツ・ネクタイを調整

鏡ではちゃんと着こなせている様に見えても、写真で撮るとスーツが左右片側に寄っていたり、ネクタイが不自然な方向に曲がってしまっているというのはよくあります。カメラのモニター上でもよく調整し直しましょう。それでもスーツやネクタイはずれることがあるので2、3回は取り直しをするつもりで挑むのがよいかと思います。

ネクタイが曲がったり緩んだりしないようにタイピンで固定する

証明写真を撮る際には、意外と気付きにくいネクタイの曲がりや緩みに気を付けましょう。ネクタイを締めるときは>ディンプル(結び目の下にできるくぼみ)の位置が中央になるように注意して形を整えます。そのあとは、ネクタイが曲がるのを防ぐために、タイピンで固定するようにしましょう。

ネクタイの基本の結び方「プレーンノット」

ネクタイの基本的な結び方として、「プレーンノット」を覚えておきましょう。就活でも一般的なネクタイの結び方です。まず、大剣(ネクタイの先が太い方)を小剣(ネクタイの先が細い方)の上にくるようにクロスします。そのあと上に重ねた大剣を後ろへ一周巻き付けます。ループ状になったところで大剣を上から輪の中へ通し、結び目の形を整えましょう。最後に小剣を下に引っ張りながら結び目を上に移動させれば完成です。

就活マナーを確認しよう

ネクタイをはじめとして、男女ともにスーツの着こなしに自信のない就活生は多いでしょう。面接は第一印象が大切であり、身だしなみは大きな意味を持ちます。スーツを正しく着こなすためにも、就活マナーマニュアルを事前に確認してチェックしておきましょう。

マナーを守った正しい身だしなみの知識があれば、ネクタイ選びやその他の小物選びも間違えないでしょう。少しでも印象をよくするためにも、身だしなみのマナーを把握しておくことが大切です。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生はチェックしておきましょう。

履歴書の写真の身だしなみ【撮影編】

履歴書の写真を撮影する際のポイントは、しっかりと正面を見て、顔はやや上向き、背筋はピシッと立たせて撮影するようにすることです。 いくらスーツやネクタイなどの服装がしっかりしていても、視線が他所を向いていたり、猫背になっていたりすると印象が悪くなります。

無表情・アゴの引きすぎに気を付ける

証明写真を撮る場合は、無表情にならないように注意しましょう。歯が見えるほど笑う必要はありませんが、口角を上げると明るい印象になります。また、アゴを引きすぎて上目遣いにならないようにしましょう。アゴの引きすぎは、自信がなく見える場合があります。

額を出した清潔感のある髪型にする

証明写真では、前髪が眉や目にかかりすぎないようにしましょう。前髪の長い女性は、斜めに流したほうが大人っぽい落ち着いた印象になります。就活での身だしなみとして、仕事で邪魔にならない髪型にすることが大切です。長い髪は束ね、寝癖にも気を付けましょう。

メイクはナチュラルメイクを心がける

就活のメイクは、ナチュラルメイクを心がけるようにしましょう。チークやリップは血色が良く見えるものを選ぶようにし、派手にならないように気を付けなければなりません。また、業界によっても異なりますので、自分の働く場所ではどんなメイクが相応しいか考えることが大切です。

履歴書の写真で適切なスーツは「黒・グレー・紺」ネクタイは「赤・青・黄色系」

履歴書の写真は、第一印象を左右するので意外と重要なものです。それで採用、却下とまではいかなくとも、その後の面接にも履歴書で与えた印象は付きまとってきます。 スーツやネクタイの気配りは誰にでもできるので、軽視せずしっかりと整えることが重要です。履歴書の写真はネクタイ・スーツの色に選びに気を付けて、身だしなみを整えたものにしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント