2016年11月25日(金) 更新

【許容範囲はどこまで?】エントリーシートでミスする可能性が多い箇所を把握しておこう

エントリーシートでよくあるミス:誤字脱字

必ずエントリーシートを書いた後に読み返す癖をつけることが大事ですが、それでも自分で気づかないような間違いをしてしまうときもあります。どこ程度までが許容範囲かというのは難しく、会社によってその判断基準が違ったり、時には誤字脱字があっても流し読みをしていたら気づかないこともあります。

提出前にエントリーシートを何度も見直そう

あきらかに間違っているとわかる文字がある場合や、自分で誤字脱字があると認識しているエントリーシートは提出しないのが基本です。大変ですが描きなおしましょう。しかし、送り仮名の違い「行う」と「行なう」など確実な間違いともとれないようなものであれば、許容範囲と捉えていただける可能性は高いですし、ミスとは捉えられない可能性も高いと考えてください。

エントリーシートでよくあるミス:文章のつながりがおかしい

自己PRなど文章で書く必要があるような記入欄で、いわゆる”日本語がおかしい”という文章は避けるべきです。避けるためにも必ず下書きをしておいたり基本的に同じようなことを複数のエントリーシートで書くのであれば形として自分が書く文章を整えたものを用意しておいて、それを丸写しする形の方が良いです。いきなりエントリーシートに書いてしまうと文章がうまく書けない可能性が高くなります。あらかじめ準備したものを写す形にしてミスを防ぎましょう。

エントリーシートはありのままに書こう

独特の言い回しや文章で出る個性、体言止めの文章などはミスとしては捉えられず許容範囲と捉えることができるでしょう。その自分らしい文章のスタイルを貫いて書く事が大事です。変に文法ばかりを意識してしまうと、自分が本来書きたい内容からずれてしまう可能性もあります。そうなってしまっては許容範囲も何もありませんので、気をつけましょう。

許容範囲かどうかわからないミス

上記2つを含め、どこまでが許容範囲か、明確な基準があるわけではありません。そこで、もしミスをしてしまったとわかった場合やどこまでが許容範囲かわからず困った場合には自分が納得したエントリーシートになるように書き換えましょう。そこで手間を省いてしまって大事な就職試験に落ちてしまうようなことがあるよりは、面倒で手間のかかることでもここで一度書き直す方が良いです。

自分の納得いくエントリーシートを書き上げる

句読点の書き違えなどはミスとして捉えられないかもしれませんが、自分が気になる場合はいちからエントリーシートは書き換えます。自分が納得していないエントリーシートを提出するということはないようにしていればまずミスとして捉えられるようなことはないと思って間違いありません。

エントリーシートはミスの許容範囲はあれど、完璧に仕上げるよう心掛ける

エントリーシートではミスをしないように集中して書き、自分が納得のいくエントリーシートを提出するのが良いでしょう。そうするためにも、下書きをしたりあらかじめ文章を用意しておくことで自分が納得したエントリーシートで就職試験に挑んでください。ミスの許容範囲を把握しておく事も重要ですが、あくまでも完璧なエントリーシートを作成、提出できるようにしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 22年卒
  • 18年卒
  • 19年卒
  • 20年卒
  • 24年卒
  • 21年卒
  • 23年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

41552 view

おすすめの就活イベント