2019年01月29日(火) 更新

【その書き方で大丈夫?】履歴書・エントリーシートの自由記入欄のテーマ例

履歴書・エントリーシートの書き方は重要!

履歴書・エントリーシートの自由記入欄には何を書くのか、迷っていませんか?迷う就活生のために、何をどのように書けばよいかを解説していきます。
その前に、履歴書・エントリーシートの書き方が重要であることを理解していますか。内容のみならず、記入の仕方までもが評価の対象となります。細かなことですが、書き方のマナーも熟知しておかなければ、内定は勝ち取れないのです。

就活生は自由記入欄に「熱意」「やりたいこと」を書いている

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「履歴書・エントリーシートの自由記入欄には何を書いていますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。


  • まだ、書いたことがないので分からない。

  • そんなのない

  • 熱意

  • 自分の意思を全面に伝える。

  • やりたいこと

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月7日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「履歴書・エントリーシートの自由記入欄には何を書いていますか?」

自由記入欄の内容について就活生にアンケートをとったところ、「熱意」「やりたいこと」などを記入していると分かりました。自由記入欄を活かして、自分をアピールしようと考えている就活生が多いといえます。履歴書やエントリーシートは、就活において出番の多い書類です。そのため悪い評価を得ないためにも、この記事を読んで、履歴書やエントリーシートにある自由記入欄の書き方とテーマ例を知っておきましょう。

履歴書・エントリーシート(ES)の自由記入欄とは?

■調査方法:メールを配信して学生にアンケート
■調査日時:2017年1月26日(木)~1月29日(日)
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の大学生・院生
■有効回答数:438人
■質問内容:「履歴書の自由記入欄に毎回何を書くか決めている」

就活生を対象に438名から集計したアンケートによると、「履歴書の自由記入欄に毎回何を書くか決めていますか?」という質問に対して、22.3%の人がYes、77.7%の人がNoと答えました。(2017年1月時点、キャリアパーク調べ)
就活状況によっては、何十社も受けなくてはならなくなりますが、そのためには受ける企業と同じ枚数の履歴書を作成しなくてはなりませんよね。そんなとき、自由記入欄は業界の特徴も出にくいので毎回同じことを書いてしまうという人もいるかと思います。アンケートを取ってみても、22.3%とそれほど多くないようですがたしかにいるようでした。ですが、企業に受かるためには、自由記入欄も有効に使っていかなくてはなりません。しっかりと確認していきましょう。

履歴書・エントリーシート(ES)の自由記入欄では発想力を見られている

履歴書やエントリーシートの自由記入欄の書き方に困っている就活生は多いのではないでしょうか。就活をするまでは、質問には答えがきちんと用意されている事が一般的ですが、就活が始まると答えのない問題に出会います。
就活の際に提出するエントリーシートの自由記入欄に正解はありません。面接官が知りたいのは応募者の発想力や個性、人間性です。自由記入欄では、自由記述するとエントリーシート1枚ずつに、応募者の個性が表れます。定型の質問だけだと分かりづらい発想力や個性を、エントリーシートで読み取るのが自由記入欄の目的です。

自由記入欄には自己分析を書くのがベスト

自由記入欄は当たり前の話になりますが、自由記述となります。その自由記述をうまく利用し、企業があなたを欲しくなるような内容を書きましょう。それには自己分析が決め手になります。履歴書やエントリーシート(ES)の自由記入欄では自分の個性を思いっきり表現しましょう!

読んでいて面白いエントリーシート(ES)にする

企業には多い所で1万通を越える履歴書・エントリーシートが届きます。その1万通の中から面接官の目を引く履歴書・エントリーシートにするためには、特に自由記述で書ける、自由記入欄を面白く作成し、面接官の興味を引くものにしなければいけません。
自由記入欄は、自由記述で何でも書く事ができます。何でもと言ってもエントリーシートは自分の事をアピールする場ですから、自分の事を書かなければいけません。その際にスムーズに自由記述で書き進めるために、エントリーシートを書く前には自己分析をしておきましょう。

自己分析をして唯一無二のエントリーシートを作成しよう

就活の履歴書・エントリーシートの自由記入欄に何を書いていいのか分からない場合は、自己分析の結果を書くといいでしょう。しかし、自己分析をいざ始めようと思っても、何を参考にすればいいのかや準備するものは何かなどが気になって、すぐに行動に移せないことが多いです。そこでおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。

このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプが診断できます。技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

自由記述で書く自己分析結果は何をアピールするか?

就活の際に作成する履歴書・エントリーシートの自由記入欄に書く、自己分析で企業に自分をアピールするには、何をテーマにして書けば良いのでしょう?そのポイントを幾つか紹介します。

履歴書・エントリーシート(ES)の自由記入欄に書く事のテーマを決める

自己分析で分かったことを書く際、細かくテーマ設定した方が、ポイントが定まり、自由記入欄が書きやすくなるでしょう。自分がどんなことに感動するか、その仕事を希望するのは、どんなマインドから導きだされているのかを表現できれば、履歴書やエントリーシートの自由記入欄を自由記述で有効に生かすことができます。以下、履歴書やエントリーシートの自由記入欄に書く内容のテーマ一覧です。

■性格的な長所や短所
■特技や趣味
■尊敬する人
■オススメの本
■思い出深いエピソード
■志望企業の好きなところ
■発明したい商品
■行きたい国と理由

何でもかまいません。自分を表現できるテーマを考えてみましょう。

就活の履歴書・エントリーシート(ES)の自由記入欄で個性をPRしよう

就活の履歴書・エントリーシートの自由記入欄は、自由記述で個性を表現する絶好の場ですので、とても重要です。自己分析をふまえて、履歴書やエントリーシートで自分をアピールしましょう。内定者のESはよい参考になります。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント