2017年05月29日(月) 更新

企業研究のやり方4つ|エクセルを使って効率化させるおすすめの活用方法3つもご紹介

企業研究のやり方4つ

①:企業の公式サイトをチェックする

企業研究は、就活を進める上で欠かせない工程です。企業研究の手段は数多くありますが、すぐに行動に移せるのが、企業の公式サイトのチェックになります。パソコンはもちろん、スマホを使えば、通学やアルバイトへ向かう途中の電車内で企業研究をおこなえるのです。企業理念や事業内容などを、会社情報ページをみて把握しておきましょう。

②:社長の名前を検索する

社長の名前を検索すると、メッセージが掲載されている新聞記事やコラムがヒットする場合があります。コラムなどを読み社長の考え方や理念を知ることで、企業の在り方などを把握できるのです。また、どのような人材を求めて育てているのかを示している場合は、自分の特性とマッチしているかをチェックできます。

③:OB・OG訪問をする

企業研究でもっとも生きた情報を手に入れられるのが、OB・OG訪問です。OB・OG訪問をすると、実際に働いている社員から仕事内容を聞けたり、職場の雰囲気を肌で感じることができたりします。興味ある企業があれば、積極的にOB・OG訪問をするのがおすすめです。

④:会社説明会に参加する

会社説明会は、企業が「自社をよく知ってもらおう」と開催するイベントです。会社説明会では、企業理念や今後のビジョンなどを説明します。それらを聞いて共感できるかどうかが、企業に対する志望度に繋がるのです。会社説明会の参加を無駄にしないためにも、自分である程度のビジョンを持っておくようにしましょう。

エクセルを活用して企業研究を効率化させる

業種ごとにエクセルのシートを分ける

企業研究で集めた情報は、わかりやすくまとめておく必要があります。その作業を効率化させるために活躍するのが、エクセルです。はじめに、エクセルシートに表を作成しましょう。企業名を記入する欄と、調査する項目を記入する欄を用意します。志望する業界が1つでなければ、業種ごとにエクセルシートを分けて作成するとわかりやすいでしょう。

就活に必要な項目をピックアップする

エクセルシートを作成したら、調べたい項目をピックアップします。基本的な内容としては、企業の主な商品やサービス、事業内容、経営理念などの企業の特徴、従業員数、採用予定人数、選考フローなどが挙げられます。その他、企業の規模、選考状況など、自分にとって必要な情報を増やすのがおすすめです。就活の強い味方になってくれるようなオリジナルのエクセルシートを作成して、企業研究に取り組みましょう。

企業研究におけるエクセルの活用方法3つ

①:企業の情報管理

エクセルシートで企業研究のための表を作成できたら、次は情報収集です。集めた情報をエクセルシートに記入していきましょう。企業の規模や経営理念、財務状況などの情報は、企業のHPを参照すれば得られます。企業の情報をエクセルシートでまとめておくと、企業研究をする過程で情報が増えてきても混乱せずに整理できるでしょう。エクエルは、企業の情報管理にうってつけなのです。

②:選考の進捗管理

企業研究を進めていくと、ESの提出や説明会など次のアクションも生まれてきます。このような場合も、エクセルが役に立ちます。ESの提出の有無や期限、説明会の参加予定などをまとめておくことができるのです。手帳などでも管理できますが、エクセルだと手書きと違い見やすく確認することができます。

③:志望動機の管理

企業の情報を収集したら、興味を持った理由や惹かれた業務内容などから簡単に志望動機をまとめておきましょう。ESや、履歴書の提出で志望動機を考える際に役に立ちます。エクセルにさまざまな企業の志望動機をまとめておくことで、同業他社の比較などもできるでしょう。

企業研究で集めた情報やスケジュールはまとめてエクセルで管理しよう

いかがでしたか。企業研究をして得た情報をエクセルを活用して整理すると、就活に必要な項目をまとめて管理することができます。企業情報はもちろん、就活の進捗具合や志望動機の管理もまとめておこなえるのです。手書きだと字が見にくい場合がありますが、エクセルだとストレスなく情報を見返すことができるでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント