2016年11月25日(金) 更新

採用担当者に好印象を与える就活時の化粧マナーについて

就活の化粧で大事なのは「爽やかさ」

就活用の化粧とは面接で印象を良くするために考えられた化粧です。そのため、普段の化粧法はもちろん、一般的な社会人の化粧法ともことなります。短時間でいかに好印象をもってもらうか考えてメイク方法を見つけることが重要です。人が良いイメージを持つ条件は「爽やかさ」です。就活生がこぞって黒髪にするのも同じ理由です。

ナチュラルすぎるメイクはマイナスになる事も

就活用の化粧でよく間違えるのが「ナチュラルな化粧が良い」という考え方です。あまり化粧はせずに素に近い状態でいる姿も多く見受けられますが、それはまちがいです。頬に色がなかったり、唇に色がないと元気さや表情の明るさが伝わりにくい場合があるからです。また、表情にもっとも重要といわれる眉毛を整えることで、表現が豊かになるのです。濃い化粧はNGですが、あまりナチュラルすぎるメイクも避けましょう。

就活用のメイク(アイメイク)

就活生がもっとも迷うのがアイメイクではないでしょうか。普段、ばっちりメイクをしている人はどこまで落とせばよいのか悩むと思います。また、あまり化粧をしないという人であればどのような化粧がよいのかとても悩みますよね。「目は口ほどにものを言う」という言葉があるように、人は目をみて相手の本音を知ろうとします。もちろん就活でも、相手の面接官はあなたの目をみて話をするでしょう。その際にばっちりしたアイメイクをしていると気が強く、協調性がない印象をもたれてしまうかもしれません。

明るいイメージになるような目元を化粧で創り出す

就活用のアイメイクは、アイライナーを細く引きナチュラルな目力を出します。マスカラは上のみ使用し、1度塗りします。アイシャドウは薄いブラウンを目のきわに入れ、眉毛の下には明るいパールシャドウで目を引き立たせます。こうすることで、目力は強く、全体的には明るい感じになります。

就活用のメイク(口元と頬の化粧)

就活の化粧で重要なのは口元と頬です。どちらも色を出すことで明るい印象にしてくれます。しかし、色味が濃いときつい印象になりますので注意しましょう。学生であれば、普段は口紅をしない人も多いでしょう。しかし、就活用の化粧では口紅は必須です。まずリップクリームで唇を保湿します。次に淡いピンク、またはピンクベージュを塗ります。これで一気にフレッシュな印象にさせてくれます。

頬は優しい印象の化粧で

続いて、頬です。チークはピンク系でもオレンジ系でも構いません。ナチュラルに色づく程度に塗りましょう。位置は、頬骨の一番高い場所に楕円を描くような形で塗ります。そうするとにこっと笑ったときに色づいた場所だけ目立たせてくれる効果があるので笑顔がとても爽やかになります。

就活の化粧は濃くなり過ぎない様に。なおかつ明るい印象のメイクで臨みましょう。

就活用の化粧は、普段の化粧とも、OLの化粧とも異なります。就活生ならではのフレッシュ感と元気あふれる化粧が重要です。特に重要なアイメイクと色使いのポイントメイクをおさえるだけで、簡単に就活用の化粧ができます。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Aba7b1a5b32f5a54

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント