2019年01月24日(木) 更新

【就活のヘアースタイルは?】好印象を与えるヘアセットとヘアアクセについて

就活でヘアスタイルは重要

第一印象に大きく関わる

『人は見た目が9割』という、竹内一郎著が書いた書籍がかつてベストセラーになりました。就活において、第一印象は大きな問題です。特に、ヘアスタイルは、見た目の印象を大きく左右します。業界や企業の風土に合った、ヘアスタイルで選考に臨みましょう。有名なメラビアンの法則でも、9割とは言いませんが、人の認知評価に作用する割合は、やはり視覚情報が高くなっています。メラビアンが提唱する概念において、初対面の人物を認識する割合は、「見た目・表情・しぐさ・視線等」の視覚情報が55%、「声の質・話すスピード・声の大きさ・口調等」の聴覚情報が38%、「言葉そのものの意味・話の内容等」の言語情報が7%と言われています。視覚情報のアプローチが重要であることがわかります。見た目で損をするともったいないです。ヘアスタイルで好印象を与えて、第一印象から好評価を狙いましょう。

ヘアスタイルで落とされることもある

ヘアスタイルで落とさせることも、大いにあります。清潔感がないと、面接を通過するのも極端に難しくなります。フケや寝ぐせ、手入れがされていないといったヘアスタイルは、見た目で損をします。就活では、それだけでだらしのない学生だと判断して落とされることもあるでしょう。また、企業の風土に合った、ヘアスタイルというものもあります。金融機関の人とマスコミの人では、雰囲気やヘアスタイルが全く異なります。自分が志望する業界や企業の人を観察してみてください。業界や企業にあった、ヘアスタイルで清潔感をもちましょう。ただし、意味をはき違えて、金髪の社員がいるからといって、新卒の選考で髪を大胆に染めるというような奇抜なアピールに走ることはおすすめしません。就活生は、基本的な身だしなみに気を配れることが大事です。変わったことがしたければ、入社後に実績を出して、かつそのような風土があれば、そのときに試してみれば良いのではないでしょうか。

好印象を与えるヘアスタイルを知るべき

好印象を与えるヘアスタイルは何かを押さえておきましょう。一般的には、学生らしく清潔感を持ってスタイルが望ましいものです。社会人が見たときに不快に思われないヘアスタイルを心がけましょう。男性ならさわやかな短髪が基本です。女性なら、髪の長さや色、もちろん手入れされた清潔さなどが基本です。
男女で共通しますが、おでこは出すことをおすすめします。なぜなら、おでこを出すと、顔がはっきり見えるので、明るい印象を与えます。額を出した顔写真と額を前髪で隠した顔写真を見比べてみると一目瞭然です。一方で、前髪でおでこを隠すとどうでしょう。出した時と比べて、暗いイメージをまとった印象を受けるはずです。おしゃれなヘアスタイルは内定した後の楽しみに取っておきましょう。

美容師さんからのアドバイスを参考にしよう

キャリアパークでは、直接、学生のお客様をもつ美容師さんにインタビューをとりました。黒染めを始める時期はいつが適しているのか?どのくらいで色落ちするのか?ここで一気に解決しましょう。

美容師の声

就活生の中には、説明会や選考の直前に来て「黒染めしてください。」と言う方が大多数です。ですが、直前の黒染めは不自然な黒髪になってしまうので、おすすめしません。直前に染めるのであれば、黒染めではなくトーンダウンするほうが、自然な髪色になります。また、黒染めにしても、普通のカラーにしても、永続的に色持ちするわけではないので、就活中に何回も染めに来れないという方は、最低でも半年前から黒染めを始めましょう。

男性のヘアスタイルは「シンプル」がテーマ

男性のヘアスタイルの基本は「シンプル」をテーマにしましょう。額と耳をすっきりと出した短髪がシンプルです。業界ごとに多少働く人のカラーが変わったとしても、基本を押さえておけば良いいでしょう。きちんとした好印象のヘアスタイルであれば問題はありません。就活には不安がつきものです。せめて、ヘアスタイルは、「髪型OK」と安心して選考に臨みたいです。延いては、その安心が自らの自信にもつながることでしょう。迷ったら、「シンプル」をテーマに、最後は第三者に確認してもらうとよいでしょう。

横髪は耳にかからないようにする

あまり知られていませんが、横髪によって顔の輪郭の見え方を変えることができます。男性の長めの横髪は、厚みや丸みを帯びたような印象を与えるので、優しさや穏やかさを演出します。しかし、長すぎると不潔に見えてしまうのが欠点です。
そのため、耳にかからないぐらいの横髪がよいでしょう。耳にかからないぐらいに切った横髪は、すっきりとした清潔感のある印象を与えます。

前髪も眉毛と同じぐらいの長さがベスト

男性の前髪は、眉毛と同じぐらいかそれよりも上ぐらいの長さが良いです。前髪が長すぎると光が顔に当たりにくく、【暗い】【元気がない】という印象を面接官に与えかねません。そのため、前髪を短くしたり、サイドにしっかり流したりすると、おでこに光が当たり明るい印象になります。さわやかに見える効果もあるので、就活中は前髪も短めにするのがおすすめです。

短めのもみあげは清潔感を演出する

自分の耳たぶの長さを超えたもみあげは、ヒゲと捉えられることが多いです。もみあげが耳たぶの長さよりも長くなると、ワイルドで力強い印象になるでしょう。しかし、清潔感を与えるのは難しいといえます。 そのため、就活ではもみあげを短くカットするとよいです。もみあげは短くすると顔の輪郭がすっきりするため、清潔感を与えられるでしょう。

夏は特に襟足の長さに気をつける

夏は汗をかきます。クールビズの服装でも、選考までの道中で、汗をかくのが普通でしょう。ヘアスタイルも乱れがちになります。特に首の後ろには注意しましょう。ハンカチなどで拭うことはできますが、アポクリン腺が多いため汗をかきやすい場所です。汗は拭けるとしても、襟足はさっぱりしていた方が良いでしょう。汗は暑さ以外にも、緊張すると出てくるものです。汗を流すことは、決して悪いことではありませんが、就活では、どうしても、清潔感を損なうというマイナス要素が高くなります。第一印象で損をしないように、さわやかなヘアスタイル、特に鏡では見づらい襟足の長さには気を付けてください。さっぱりとした刈り上げ程度がいいかもしれません。過度な刈り上げは、おしゃれ度はあがるかもしれませんが、就活には適しません。

就活のマナーを押さえておこう

面接では、きちんとしたマナーを身に付けていないとマイナスの印象を与えてしまいかねません。マナーは髪型などの身だしなみ以外にも、到着時間や荷物の取り扱いなど細かいところでも求められます。他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。

そこでおすすめなのが「就活マナーマニュアル」です。こちらでは、就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。

ワックスをつけるコツ

基本的な手順は10ステップ

普段あまり整髪料を使っていない人は、就活シーズンになって突然使おうとしても上手にセットできないケースがあります。ですから、就活が始まる前から練習するのが理想的です。以下で、くわしく手順を見ていきましょう。

ワックスを上手につける手順

1.根元から濡らす
2.やや濡れた状態までタオルで乾かす(8割くらい乾かすのが理想)
3.ドライヤーによるブローでベースを作る
4.適量のワックスを指で取る(第一関節くらいまでの量が目安)
5.手のひらでまんべんなく”薄く”伸ばす
6.後頭部からつけるのがコツ
7.トップをつくる(後頭部よりも少量で大丈夫)
8.そのままサイド・襟足へ
9.前髪はサイドへ流すと好印象
10.風で乱れないようにスプレーで仕上げ(固めすぎない)

ワックスをつけるうえでの注意点

就活中のワックスの付け方では注意点があります。それは、あくまでも”盛る”ためではなく、相手に不快感を与えないためにつけるということです。【ボリュームを出しすぎない】【無香料を選ぶ】など、以下の点は念頭に入れておきましょう。

男性は髭や眉毛にも目を向ける

無精ヒゲや青ヒゲは避ける

就活では、無精ヒゲ(ヒゲが生え際から短く生えている)や青ヒゲ(皮膚の中にある毛が透けて見えている)はできる限り避けましょう。無精ヒゲや青ヒゲは、企業側に不潔な印象を与えかねません。しっかりヒゲは剃るようにしてください。

眉毛の剃りすぎには注意

眉毛は整えすぎて細くなりすぎると、キツイ印象を与えてしまいがちです。また、眉毛が薄くなりすぎると貧素な印象を企業側に与えかねません。そのため、眉毛を整える際は、剃りすぎないように細心の注意を払いましょう。

女性のヘアスタイルは「清潔感」がテーマ

女性のヘアスタイルは「清潔感」をテーマにしましょう。「女性の髪は命」という言葉があります。また、女性は男性以上に、ヘアスタイルがまとまらないと、気分が乗らないということもあるでしょう。それほど、女性にとって「髪」は大切なものなのでしょう。就活では、「清潔感」をもって、自分のスタイルや服装に応じたヘアスタイルを目指してください。髪の量が多いとまとめるのにも苦労するかと思いますが、「清潔感」を意識して、ヘアスタイルを決めましょう。

ロングはアップにしてスッキリと

ロングの髪型であれば、就活中は、アップにしてスッキリとした印象を持たせましょう。話している最中に、横髪や前髪が顔にかかって何回も髪の毛を触る動作は、相手によい印象を与えません。また、ハーフアップにするのもオススメです。髪を結うときは、黒や茶色のゴムやピンを使って目立たないようにしましょう。

ミディアムは横髪を耳にかける

ミディアム(肩にかかるぐらい)の場合は、結んでもそのままでもよいです。ただし、横髪を耳にかけるなどして、顔全体が明るく見えるように工夫しましょう。または、横髪を少し後ろで結んですっきりさせるのもおすすめです。

ショートは顔の輪郭を出すようなヘアースタイルに

ショートは顔の輪郭を出すような髪型を意識しましょう。横髪が輪郭を隠れると、顔に影ができてしまいます。また、前髪が重いと印象も幼くなってしまうので、髪をわけるなどの工夫が必要です。ショートの場合は頬やおでこに光を集められるよう、髪を耳にかけてピンでとめるとよいでしょう。

女性は前髪にも気を使う

前髪が長い場合ヘアアクセを使用する

前髪が長い場合は、ヘアスプレーなどで前髪を固めて、おでこを出しましょう。ヘアスプレーだけでは不安な人はヘアアクセを使って、前髪が落ちてこないように固定しておくと安心です。すっきりとした「清潔感」のあるヘアスタイルを保ちましょう。同じ人でも、額を出した場合と、額を隠した場合を比べると、印象が全く異なります。額を出せば、明るく清潔感があります。一方、リクルートスーツを着たまま、額を隠すと暗いイメージになります。また、ヘアスタイルは、家できちんと整えてきたとしても、試験会場に到着するまでに崩れてしまうこともあります。急な突風などによって想定外に髪形が乱されることもあり得ます。非常時に慌てないように、ヘアピンを持っておくと良いでしょう。ヘアピンの色は黒が無難です。就活では、どんな状況においても、きちんとした印象を与えたいところです。うまく乗り切るための工夫をしてみてください。

ヘアゴムも黒が良い

髪の長い女性は、後ろで一つにまとめましょう。ロングヘアーが自慢だとしても、長い髪をしばらずに垂らしておくと、清潔感に欠けた印象を与えます。就活において、長い髪をまとめる際に使用するのはヘアゴムが一般的です。まとめる際に使用するヘアゴムは黒が良いでしょう。変わった色のヘアゴムを使うと、会場で浮いてしまい、悪目立ちしかねません。いわゆるリクルートスーツは黒など、ダーク色が一般的です。トータルの印象を考えるとヘアゴムの色も同色の黒が無難でしょう。業界や企業にもよりますが、新卒の就活にふさわしく、清潔感も保てます。ただ、最近は服装やヘアスタイルにこだわらない業界や企業も増えてきているのも確かです。業界や企業によっては、服装も自由というケースも増えています。しかしながら、指示がない限りは、一般的ないわゆるリクルートスーツに清潔感のあるヘアスタイルで臨む方がよいでしょう。明らかに、業界や企業の特色がある場合は、個性を出すことも必要です。迷ったら、キャリアセンターなどに相談することです。

黒い色ならシュシュもOK

シュシュも黒い色なら問題ありません。問題はありませんが、人事採用担当者によっては、快く思わない人もいるかもしれません。面白いもので、男性が女性と男性を見る目はあまりかわりません。一方、女性が女性を見る目は厳しくなりがちです。女性特有のものかもしれませんが、女性は同性の細かいところまで、注意して観察していることが多いようです。女性ならではの鋭い視点があるということです。しかしながら、本質ではないので、黒い色のシュシュを付けたからそれだけで落とされることはないでしょう。ただし、ヘアゴムで事足りるのに、無理にオシャレなシュシュを選ぶ必要はありません。選考が思うように進まないと、疑心暗鬼になります。万が一、選考に漏れた場合に心配してしまうくらいなら、あえて、人と違いをださずに黒いヘアゴムで十分ではないでしょうか。

女性はナチュラルで清楚なメイクを意識する

眉毛はナチュラルな太眉がベスト

眉毛は顔の印象の7割を決めるといわれています。好印象を与えるためにも、眉毛はナチュラルに描きましょう。就活中は髪色も黒だと思いますので、黒に近いペンシルで描くとよいです。細いと貧素な印象になりますので、眉毛の中心から太めに描きましょう。その後、綿棒等でぼかしながら整えてください。

目元は引き算メイクで仕上げる

濃くなりがちな目元ですが、引き算メイクで仕上げると透明感が増します。アイラインは、しっかり引くのではなく、まつげの際を埋めるようにかきましょう。アイホールは、茶色やピンクのアイシャドウを軽めに塗ります。マスカラも、黒目の上だけにすると、派手ではなく透明感のある目元が完成するでしょう。

チークは自然な色で血色を良く見せる

チークを濃く塗ると、化粧が濃くみえてしまいます。それを避けるためには、ほんわりとしたピンク色やオレンジ系の色を使用し、頬に軽くのせるのがポイントです。そうすれば、血色も良く見えますし、程よく女性らしい雰囲気になります。

唇は濃いピンクやラメ入りのものは避ける

唇は赤や濃いピンクなどの色をさけ、やさしめのピンク系統にするとよいでしょう。塗らないと唇だけ無色でバランスが悪くなりますので、濃くない程度にのせます。口紅が苦手な方は、色のついたリップやグロスでも大丈夫ですが、ラメの入ったものは避けるようにしましょう。

ヘアカラーは男女共通して黒

黒い髪色は就活生の基本

黒い髪色は就活生の基本です。社会人になれば、企業によって、茶髪可という会社もありますが、新社会人のフレッシュなイメージを目指すのであれば、黒髪で臨むべきでしょう。茶髪や奇抜なヘアスタイルで落とされることはあっても、黒い髪色で清潔感があれば、ヘアスタイルで落とされることは絶対ありません。リスクがないわけです。選考が進んでいくと、どんどん面接官の年齢も上昇するのが普通でしょう。父親や母親、場合によってはおじいちゃん、おばあちゃんに近い年齢の面接官が登場します。その年代は茶髪に抵抗を示す層が多いものです。逆に、その年代で黒い髪で不快に思うことはありません。また、選考に落ちたときに、人は何かのせいにしたくなります。ヘアスタイルがダメだったかなと、あとで後悔するくらいなら、黒い髪で臨んだ方がいいでしょう。

受ける企業にもよるが元の髪が茶色の人はそのままでOK

結論から述べますと、自然のままでけっこうです。ただし、一言、企業側に髪の色について話しておくと良いでしょう。日本人にもたまに、元々黒髪ではなく、生まれつき茶色の髪の人が存在します。少し前に、高校や中学で生まれつき茶色っぽい髪を黒く染めるように先生から強要された問題がありました。結果は、4割強の学校は、「茶髪」を「染色・脱色」の表現に変えるなどしたほか、地毛に戻さない生徒を帰宅させるとの内規を廃止した学校もありました。少し驚きの結果でした。逆に考えれば、黒く染めないといけない学校が半数以上に上るということでしょうか。それとも各学校各先生の裁量の反中なのでしょうか。人権にもかかわる問題かもしれませんが、社会というものは、そういう理不尽な部分もあるということです。就活では、事前に予防策を張って不利にならないようにしてください。

就活シーズンに気になる悩み

悩み①くせ毛がひどい

くせ毛が就活で不利になることは、一般的にあまりありません。しかし、心配であればストレートパーマがオススメです。ストレートパーマを一度かけると、2~3か月はストレート効果が続きます。くせ毛の人にとっては髪の毛を軽くし、日常的なヘアケアの時間を大幅に短縮することが可能です。

悩み②白髪が多い、地毛が茶色い

ダークブラウン程度であれば特に問題ありませんが、どうしても気になるなら黒く染めたほうがよいでしょう。ただし、人種や国籍等に対して、企業が柔軟になるべきだといわれていますから、身体的特徴についても同様で、もともと髪色が明るいなら、事前に伝えれば理解してもらえるでしょう。白髪についても同様で、心配ならば黒染めが一番ですが、先天的な髪色を理由に落とすのは、企業側のモラル違反です。

業界ごとの雰囲気は

アパレルや美容師といった、おしゃれのセンスが問われている業界であれば、ビジネスマナーとしてではなく、本人に似合った髪型かどうかが見られている場合もあります。しかし、それ以外の業界であれば、就活中はビジネスマナーとして、清潔感を重視した髪型にしておくことをおすすめします。複数の業界をうけるのであれば、就活中はその中で最も堅い業界に対応できる髪型にしておきましょう。

金融関係・公務員編

金融関係・公務員など堅い系の職業は、ワックスで固める、シニヨンなどかっちりした髪型がおすすめです。これらの職業では真面目さ、誠実さが重要視されますので、髪型が少しでも乱れていればマイナスの印象を与えてしまいます。髪を染めるのは絶対にNGですので髪色は黒色で臨まなければなりませんし、ヘアースタイルにも充分に気をつける必要があります。
男女ともに清潔感を意識するだけではなく、真面目さを意識して髪型を整えていくことが大切です。金融関係や公務員は信用が大切な職業ですので、真面目さや誠実さが伝わらなければ高評価を与えることはできません。髪型の印象によって評価が大きく変わってしまうことも多いので、かっちりとした髪型で真面目さをアピールしていきましょう。

アパレル・ベンチャー編

アパレルやベンチャーは比較的自由な傾向がありますが、女子就活生はハーフアップやポニーテールなどが望ましいです。ある程度はカジュアルな髪型でもOKですが、あまりに奇抜だったり、派手すぎるものはNGです。また髪色についても、染めていて問題ない場合もありますが、これも派手すぎないように控えめにするようにしましょう。
男子就活生は清潔感のある髪型にすることが大切であり、基本的には短髪にしておくことが大切です。必ずしも短髪でなければならないわけではありませんが、短い方が好印象を与えやすいのおでおすすめです。どうしても長さを残したい場合は前髪を上げるか横にわけるなどして目にかからないようにし、襟足や耳元をすっきりさせた髪型にしましょう。

大手老舗企業編

大手企業こそ、オーソドックスなポニーテールやシニヨンなどがおすすめであり、基本的にはかっちりとした髪型で臨む必要があります。男性も清潔感のある髪型にすることが大切であり、カジュアルにならないようにフォーマルさを意識した髪型にセットしましょう。大手でも特に老舗の企業の場合は身だしなみに厳しい場合が多く、髪型についても細かくチェックされている場合が多いです。
少しでも髪型が乱れていたり、カジュアルに見えてしまうと評価を下げられる場合もありますので面接前には細心の注意を払わなければなりません。大手企業にもさまざまな種類があり、企業によって身だしなみの基準などは違いますが、基本的には厳しく評価されると考えて間違いはないでしょう。

内定をもらったら好き放題できるのか

内定後もしばらくは落ち着いたヘアースタイルがおすすめ

自分の就活が終わったからといって、皆がそうとは限りません。もし内定をもらった途端に、髪型・髪色を派手なものにすると、まだ内定を貰えていない友達から怪訝な顔をされる可能性が大きいです。 本人にそのつもりがなくても、周囲にとっては”嫌味”に感じる場合もありますから、内定後もしばらくは落ち着いたヘアスタイルにしておくのがおすすめです。

内定者懇親会では印象が悪くなる

入社するまでの期間で人事担当者と接する機会が何度かあるでしょう。懇親会や食事会では、注意こそされなくても、派手なヘアスタイルだと内心「浮かれているのかな?」と思われかねません。頻繁に髪型を変えるのは手間もお金もかかりますが、企業の採用担当者・教育担当者に会う時は、極力控えめなヘアスタイルにしておきましょう。

内定式や内定者研修では就活中のヘアースタイルで臨む

正式な式典である内定式では、社会人としての振る舞いが求められます。髪型が原因で内定取り消しになる可能性は低いですが、本人の自覚が足りない場合には、あり得ないとは言い切れません。内定者研修も同様です。内定をゴールと考えて浮かれるのではなく、社会人生活のスタートとして気を引き締めましょう。

就活中は企業側に好印象を与えるヘアースタイルにしよう

活では、志望企業の内定を勝ち取るためにも、清潔感のあるすっきりとした髪型を意識してください。また、女性はアクセサリーやメイクにも気を遣いましょう。男性も、清潔感のある姿が基本です。髭や髪に気をつかい、就活を進めましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント