就活で好印象な髪型マニュアル完全版【男女別】

更新 / 199719 view

就活はみんなが初心者。就職支援のプロにコツを聞いた「就活の始め方Book!」が今すぐ無料でダウンロードできます。

髪型を気にしない人は就活に失敗する

就活の髪型は「清潔感」が何よりも大切

就活の髪型は、なんといっても「清潔感」が大切。どんなに良いスーツを着ても、容姿を気にしていても、清潔感がなければ相手に好印象を与えることはできません。そこで一番気をつけなければならないのは、髪型。

髪型が変わると人の印象は全く違ったものになります。そのため、就活の際の髪型に気をつけなければ、自分ではそうは感じていなくとも不潔な印象を与えてしまうのです。下記で紹介するポイントをおさえると清潔感が溢れた髪型に格段に近づくことができます。早速見ていきましょう。

髪色は黒が望ましい

清潔感や印象を重視した際には、髪型はやっぱり黒が望ましいと言えます。理由としては、あまりに明るい茶髪や違う色の髪だと相手に威圧的な印象を与えてしまったり、マナーがなっていないと思われてしまうからです。

髪型や髪色で個性を表現したいと思う人もいるかとは思いますが、就活では黒髪がベスト。あまり髪色を気にしない企業もあるのは事実ですが、社会人のマナーとして黒髪または地毛の色で面接に臨むのがベターです。

就活の何日前がおすすめ?黒染めの最適な時期

男性編:横髪や前髪は自分の印象を決める

まず、横髪や前髪以前の問題ですが、長髪は絶対にNGです。残念ながら、長髪は清潔感の欠片もありません。就活の場でなくとも、長髪すぎる男性に対する女性からのウケは決して良くはありません。
長さと同様に、横髪や前髪の長さで人の印象は全く違うものになります。好印象を残すために、横髪や前髪を気にする必要性は大いにあると認識しておきましょう。

横髪は耳にかからないくらいがベスト

あまり知られていませんが、横髪によって顔の輪郭の見え方を変えることができます。横髪を変化させることで、骨格を補正することも可能です。男性の長めの横髪は、厚みや丸みを帯びたような印象を与えるので、優しさや穏やかさを演出します。しかし、長すぎると不潔に見えてしまうのが欠点です。

逆に、耳にかからないぐらいに切った横髪は、すっきりとした清潔感のある印象を与えます。上記で説明したように、就活では清潔感が大事ですから、耳にかからないぐらいの横髪がベストと言えます。

前髪も眉毛と同じぐらいの長さが良い

男性の前髪は、眉毛と同じぐらいかそれよりも上ぐらいの長さが良いです。前髪が長すぎると、光が顔に当たりにくいので暗い、元気のない印象を面接官に与えてしまいがちです。

逆に前髪を短くしたり、サイドにしっかり流すと、おでこに光が当たり明るい印象になります。また、さわやかに見える効果もあるので、就活中は前髪も短めにするのがおすすめです。

意外に見られている!襟足ともみあげに注意

男性の場合、意外にも襟足ともみあげが相手にチェックされているということを知っていましたか?髪型の全体のバランスをとり、清潔に見せるためには襟足ともみあげも重要な役割を果たします。では一体、どのような形にすれば良いのでしょうか?

襟足は襟にかからない長さがGOOD

高校生活でも、襟足は襟にかからない長さにしなさいと注意された人は多いかと思います。就活でも、襟にかからないぐらいの長さが良いとされています。

その理由としては、後ろ髪が長いとチャラチャラした印象や、不真面目な印象を与えてしまうからです。または、ホストクラブのホストの方々やいわゆるギャル男と言われる人たちに人気の髪型なので、就活の際の印象が良くないということも一つの理由として挙げられるでしょう。

短めにカットしたもみあげは清潔感を演出する

自分の耳たぶの長さを超えたもみあげはヒゲと捉えられることが多いです。耳たぶの長さよりも長くなると、ワイルドで力強い印象ができます。ですがその分、清潔感を与えるのは難しくなってしまうでしょう。

逆にもみあげを短くすると、顔の輪郭がすっきりして清潔感が保たれます。そのため就活では、もみあげも短くカットすると良いです。もみあげを刈り上げると今風でおしゃれな印象もプラスされますよ。

髪を立てるなどの派手なセットは絶対NG!

就活では、派手なセットは避けましょう。日常から髪を立てたり、ワックスでがちがちに固めているようなセットをする男性は特に注意すべきです。また、オイルやムースを使うと髪がベタベタして不潔な印象が出やすいので、使いすぎにはくれぐれも気をつけて下さい。ワックスは髪を整えるぐらいの気持ちで利用するのがいいんですね。

見落としがちなワックスの匂い

ワックスの匂いは普段はとても良い匂いだと感じるかと思いますが、就活の際には気をつける必要があります。香水と同じで、強い匂いに敏感な人はたくさんいますし、人それぞれ良い匂いと感じるものは違います。マナーとして、ワックスは匂いのしないものかまたは、あまり香らないようなものにすると良いです。

就活中のゆるいパーマの注意点と意外なメリット
就活ではNGヘア?ツーブロックの髪型がダメな理由

これでばっちり!ワックスをつけるコツ

普段あまり整髪料を使っていない人は、就活シーズンになって突然使おうとしてもなかなか上手にセットできない恐れがあります。ですから、就活が始まる前からちょっとずつ練習をしておくのが理想的です。

用事がない日でも、まずは感触を確かめながら髪の毛で遊んでみるくらいの気持ちでセットしてみましょう。はじめは下手でもいいので、徐々に使い慣れていくのが好ましいです。もし練習してもしっくりこなければ、その時に改めて整髪料を使わないと決めればいいですね。

基本的な手順は10ステップ

これからワックスをつける練習を始める就活生は、以下の流れを覚えましょう。就活生ではない社会人・学生でも、簡単にまねできます。

ワックスを上手につける手順

1、根元から濡らす
  →毛先だけ濡らしても寝癖は取れない
2、やや濡れた状態までタオルで乾かす
  →ここで8割くらい乾かすのが理想
3、ドライヤーによるブローでベースを作る
  →タオルだけでは不十分
4、適量のワックスを指で取る
  →第一関節くらいまでの量が目安
5、手のひらでまんべんなく”薄く”伸ばす
  →薄く伸ばすことでムラがなくなる
6、後頭部からつけるのがコツ
 →毛量が多い後頭部からつけると全体がまとまる
7、トップをつくる
 →後頭部よりも少量で大丈夫、ブローと同様で根元が大事
8、そのままサイド・襟足へ
  →襟足は後頭部の残り分で足りる
9、前髪はサイドへ流すと好印象
  →重たい前髪は暗く見えるので要注意
10、風で乱れないようにスプレーで仕上げ
  →ガッチガッチにつけすぎない



注意点もおさえよう

上記の手順を、頭ではなく体で覚えればばっちりです。ただし、就活中のワックスの付け方では注意点があります。それは、あくまでも”盛る”ためではなく、相手に不快感を与えないためにつけるということ。以下の点は、必ず念頭に入れておきましょう。

注目ポイント

・”ツヤ”の控えめなワックスにする
・ボリュームを出しすぎない
・あくまでも就活!個性を出しすぎない



男性が気にすべき髪型における注意点

男性が気にすべき髪型における注意点についてお伝えしたいと思います。説明会や面接での髪型は自分の印象を決めてしまうため、注意しましょう。普段あまり髪型を気にしていない人は特に気をつけましょう。
ましてや寝癖なんて論外。TPOに合わせた髪型・服装が出来るか否か、いつ試験官が見ているかわかりません。

説明会だからと言って気を抜かない

合同説明会や企業説明会は、面接ではないので気を抜きがちです。寝癖をつけて会場に来てしまう人をしばしば見かけますが、それかなりヤバいです。人事はいつそんなあなたを見かけているかわかりません。

たとえ説明会であっても、髪を短く切って参加する努力はしましょう。第一印象が良いなと感じた学生を、企業がピックアップして声をかけてくれることもあります。そんなチャンスを自分の印象で逃さないためにも、髪型には気をつけて参加しましょう。

企業説明会に参加する際の服装と髪型マナー
インターンシップの説明会で注意すべき髪型・髪色マナー

面接では第一印象を意識した髪型に

自分が面接官であったら、今の自分の髪型にOKを出せますか?長髪すぎではないですか?横髪は長くないですか?面接を突破するためには、第一印象を意識した髪型にしましょう。暗い顔で元気のないような人を採用したいとは普通思いませんよね。自分を客観的に見てこの髪型で面接に臨んで良いのかをしっかりと考えましょう。

髭や眉毛についてのマナー

大学生活で、一生懸命自分の好きなヒゲに育ててきた人もいるでしょう。でも、内定を勝ち取るためには、ヒゲは必ず剃った方がいいです。銀行や国家公務員などの堅いイメージのある職業を受けるときには特にご注意を。ヒゲを剃らずに面接に臨み、面接時間が、注意のみで終わって帰宅した学生もいるという話も聞きます。内定を勝ち取ったらまた伸ばせば良いだけなのです。

無精ヒゲや青ヒゲは論外!

無精ヒゲ(ヒゲが生え際から短く生えている)や青ヒゲ(皮膚の中にある毛が透けて見えている)はできる限り避けましょう。なぜなら、無精ヒゲや青ヒゲは汚い、不潔などのイメージが世間に定着してしまっているからです。みなさん、泥棒の絵や何日もお風呂に入っていない人は、ヒゲが無造作に生えているようなイメージありますよね。そんな格好で就活するなんてもってのほかです。

髭が薄い人もちゃんと剃ろう

髭の濃さには個人差がありますから、就活生の中にも、髭を毎日剃らなくても大丈夫な人もいるかもしれませんね。ただし、就活中は極力髭を剃るようにしてください。特に、OB訪問や説明会、面接・面談へ向かう前は、しっかり髭を剃りましょう。

眉毛は綺麗に整える

男性だとあまり気にしない方もいるかと思いますが、髪型だけでなく、眉毛も第一印象を良くするためには整えるようにしましょう。余分な部分を眉毛専用のハサミでカットするだけでも、ずいぶん印象が変わります。そうすると、細部まで気を遣っている印象を相手に与えることができます。

眉毛の剃りすぎには注意

上記で、眉毛も綺麗に整える方が良いというお話をしました。ただし、整えすぎて細くなりすぎると、キツイ印象を与えてしまいがちです。また、薄くなりすぎてしまうと、貧素な印象を与えかねません。そのため、眉毛を整える際も細心の注意を払いましょう。

坊主頭はOK?面接の髪型マナーと人事に与える印象

無料でいますぐ読める!就活入門資料をプレゼント

http://go.careerpark.jp/l/204462/2017-01-06/5ccwm?kijinaka-kakutoku&acq093

就活はみんなが初心者。就職支援のプロにコツを聞いた「就活の始め方Book!」が今すぐ無料でダウンロードできます。

女性におすすめの髪型例

ここでは、女性の髪の長さ別に、就活での印象をより良くする髪型をご紹介します。男性と同様、女性もロングやショートの髪型の違いで相手に与える印象は格段に変わってしまいます。自分の髪の毛の長さを上手く活かして、しっかりとした清潔感のある第一印象を与えましょう。

ロングはアップにしてスッキリと

女性の髪型例!

あなたがロングの髪型であれば、就活中は、アップにしてスッキリとした印象を持たせましょう。話している最中に、横髪や前髪が顔にかかって何回も髪の毛を触る動作は、相手にとって良い印象を与えません。

またアップにするのも良いですが、より女性らしさを感じさせるハーフアップにするのもGOOD。髪を結うときは、黒や茶色のゴムやピンを使って目立たないようにしましょう。



ミディアムは横髪を耳にかけて

女性の髪型例!

ミディアム(肩にかかるぐらい)の場合は、結んでもそのままでも大丈夫です。
しかし、耳にかけるなどして顔全体が明るく見えるような工夫をしましょう。または、横髪を少し後ろで結んですっきりさせるのもオススメです。



ショートは顔の輪郭を出そう

女性の髪型例!

ショートは顔の輪郭を出すような髪型を意識しましょう。ボブなどは横髪が輪郭を隠しがちです。そのため、顔に影ができてしまうのです。前髪が重いと印象も幼くなってしまうので、分けてみるなどの工夫が必要です。ショートの場合は、頬やおでこに光を集められるよう、髪を耳にかけてピンでとめると良いでしょう。



就活の面接で女性にオススメの好感度UPする髪型
就活女子が髪型で印象UPする秘訣【ロング・ショート編】

前髪はピンで止めて崩れないように

前髪は、ピンでとめて崩れないようにするのがベター。上記でも述べましたが、面接中に横髪や前髪が気になって何回も触る動作をするのを避けるためです。ピンを使う際は、黒や茶色の目立たないものを使いましょう。派手すぎると、マナーの部分でNGです。

前髪が長ければ横に分けてスプレーで固める

前髪が長ければ、横分けにして、スプレーで固めるのがGOOD。スプレーをつけすぎるとベタベタして不潔な印象になりますので、少量でまとめる必要があります。おすすめは、直接髪の上にスプレーを吹きかけるのではなく、前髪の裏側にかけたり、もしくはコームにスプレーをつけてから、髪を梳かすと上手くできます。

説明会でも茶髪や派手な髪型はNG

説明会や面接では、上記で説明した髪型に加えて、おでこが見えてまとまった髪型もウケが良いです。おでこは光をためて顔色を良く見せる効果があるので、おすすめです。また、説明会だからといって、茶髪や派手な髪型は避けましょう。説明会から就活は始まっています。気を引き締めて臨みましょう。

前髪の止め方と理想的なヘアピンの選び方

就活時のアクセサリーについて

就活時に身につけるアクセサリーは、小ぶりなもの、またはつけないように心がけましょう。スーツを着るネックレスなどは問題ありませんが、指輪やブレスレットはできる限り外して面接にいくのが良いでしょう。常識の範囲内で、身につけるアクセサリーを考えましょう。

大きな石がついている指輪や派手な時計はNG 

大きな石がついている指輪や、派手な時計は避けましょう。試験官は見ていないようでしっかり見ています。ダイヤやサファイヤがついた指輪、高価なブランドとすぐにわかるものも就活中は身につけない方が賢明です。また、ファッションメガネなども外して面接に行きましょう。内定を獲得するまでの1年間の我慢です。

就活におけるヘアゴムやリボンの選び方

ナチュラルで清楚なメイクを意識

メイクを変えるだけで、相手にさまざまな表情・印象を見せることができます。しかし就活では、ナチュラルで清楚なメイクを意識するのが、とても大切です。

では、顔のパーツごとのおすすめメイク方法をお伝えします。ここで紹介するメイク方法を自分なりにアレンジしてみて素敵な第一印象を相手に与えましょう。また、ノーメイクは絶対に避けるべき。メイクは、社会人・ビジネスシーンでは必須のマナーです。

眉毛はナチュラルな太眉がベスト

眉毛は顔の印象の7割を決めると言われています。そのため、眉毛をナチュラルに描けると、顔全体がナチュラルになります。就活中は髪色も黒だと思いますので、黒に近いペンシルを利用して、描いていきましょう。細いと貧素な印象になりますので、眉毛の中心から太めに描いていきます。その後、綿棒等でぼかしながら整えていきましょう。

目元は引き算メイクで仕上げる

濃くなりがちな目元ですが、引き算メイクで仕上げるとぐっと透明感が増します。アイラインはガツンと書かずに、まつげの際を埋めるように書きます。アイホールには、茶色やピンクのアイシャドウを軽めに塗ります。マスカラも、黒目の上だけに。そうすると、派手ではなく透明感のある目元が完成します。

チークは自然な色で血色を良く見せる

チークを濃く塗ると、化粧が濃くみえてしまいます。それを避けるためには、ほんわりとしたピンク色やオレンジ系の色を使用し、頬に軽くのせるのがポイントです。そうすれば、血色も良く見えますし、程よく女性らしい雰囲気になります。

唇は強い色を避けピンク系統で決める

唇は赤や濃いピンクなどの色をさけ、やさしめのピンク系統で決めましょう。塗らないと唇だけ無色でバランスが悪くなりますので、濃くない程度にのせます。口紅が苦手な方は、色のついたリップやグロスでも大丈夫ですが、ラメの入ったものは避けるようにしましょう。

口紅・リップで明るい印象を与える方法
リクルートスーツに合う印象の良いメイク術

就活シーズンに気になる悩み

悩み①:くせ毛がひどい

くせ毛が就活で不利になることは、一般的にあまりありません。しかし、くせ毛のせいでボリュームが膨らんでしまうと…心配になりますよね。そんな時はストレートパーマがオススメ。ストレートパーマを一度かけると、2~3か月はストレート効果が続きます。くせ毛の人にとっては、髪の毛を軽くし、日常的なヘアケアの時間を大幅に短縮が可能。

もしくは、男性の場合はショートカットにするのもアリです。短くしてしまえば髪のうねりを抑えられますし、程よいくせを活用すれば、プライベートでもおしゃれな髪型が作れます。

悩み②:白髪が多い、地毛が茶色い

地毛が茶色い場合はどうすればいいのでしょうか?自分から言わない限り、地毛かどうかは周りにはわからないもの。ダークブラウン程度であれば特に問題ありませんが、どうしても気になるなら黒く染めてしまった方がいいかもしれませんね。

ただし、人種や国籍等に対して、企業が柔軟になるべきだといわれていますから、身体的特徴についても同様で、もともと髪色が明るいなら、事前に伝えれば理解してもらえるでしょう。白髪についても同様で、心配ならば黒染めが一番ですが、先天的な髪色を理由に落とすのは、企業側のモラル違反です。

悩み③:黒染めが落ちてきた

就活直前まで派手な髪色にしていた人は、就活中に再度カラーリングをしましょう。黒染めを一度したからといって油断していると、身だしなみで一発アウトになってしまいますよ。

業界ごとの雰囲気は?

志望業界が複数ある人は堅い業界に合わせるのが原則

柔らかい雰囲気の業界では、ツーブロックのような髪型でも問題ない企業がまれにあります。IT企業やアパレル、広告の場合は、面接官がオシャレな髪型の場合もあるでしょう。ツーブロックにする場合は、刈り上げ面積を小さくすること、耳周りだけ短いツーブロックにすることが最低限の条件となります。

とはいえ、ほぼすべての就活生は複数企業へ応募しますから、柔らかい雰囲気の会社に合わせると後々苦しい思いをしてしまいます。ツーブロックを好まない企業があるのは事実ですから、インターン先へ入社が決まっているなどの場合を除いて原則避けたほうが安全です。繰り返しになりますが、基本的にツーブロックは就活中はNGと覚えておきましょう。

内定をもらったら好き放題できるのか?

基本的には自由だが…

内定をもらって就活を終えたら、入社するまでの期間は、基本的に髪型を自由にして構いません。内定獲得後から社会人になるまでの期間は、人生最後のモラトリアムとして精一杯遊びや趣味に時間をかける就活生も多いですよね。ただし、いくつか注意点があるのも事実。以下の点にしっかり気を付けなくてはいけません。

就活中の友達から嫌な顔をされるかも

自分の就活が終わったからといって、皆がそうとは限りません。もし内定をもらった途端に、髪型・髪色を派手なものにすると、まだ内定を貰えていない友達から怪訝な顔をされる可能性が大きいです。

本人にそのつもりがなくても、周囲にとっては”嫌味”に感じる場合もありますから、内定後もしばらくは落ち着いたヘアスタイルにしておくのがオススメです。

内定者懇親会では印象が悪くなる

また、入社するまでの期間で人事担当者と接する機会が何度かあるでしょう。懇親会や食事会では、注意こそされなくても、派手なヘアスタイルだと内心「浮かれているのかな?」と半ばあきれられてしまいます。頻繁に髪型を変えるのは手間もお金もかかりますが、企業の採用担当者・教育担当者に会う時は、極力控えめなヘアスタイルにしておきましょう。

内定式や内定者研修では就活中の髪型

正式な式典である内定式では、社会人としての振る舞いが必須。それっぽく振る舞ったのは選考中だけ…なんてことになると、こっぴどく怒られるかもしれません。髪型が原因で内定取り消しになる可能性は低いですが、本人の自覚が足りない場合には、必ずしもあり得ないとは言い切れません。内定者研修も同様で、社員の一人としての立ち居振る舞いが求められます。内定をゴールと考えて浮かれるのではなく、社会人生活のスタートして気を引き締めるのが理想的ですね。

まとめ

以上、「就活で企業からの評価が上がる髪型マニュアル【男女別】」と題して見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

就活の髪型は、TPOや社会人としてのマナーをおさえた適切なものである必要があります。内定を勝ち取るためには、今までこだわってきた髪型やヒゲなどを変えなければならないかもしれません。

ただし、それは長い人生の中のたった半年という短い期間です。行きたい企業から内定を獲得するためにも、清潔感のあるすっきりとした髪型を意識しましょう。女性は、アクセサリーやメイクにも気を遣って素敵なオーラをつくっていきましょう。

あなたの就活が必ず成功するよう、心から応援しております。

【人事監修】面接官に「さすが」と言わせる就活マナー‼︎

%e3%83%9e%e3%83%8a%e3%83%bc %e8%a8%b4%e6%b1%82%e5%ba%83%e5%91%8a%e6%9e%a0 header

「就活マナーは完璧」「もう十分」それは誤解です。

説明会から内定まで就活で必要なマナーはシーンによって、無数にあります。
だからこそ多くの就活生が悩む就活マナーですが、ここを押さえておけば、面接官の印象を大きく変えることも可能です。
今すぐできる就活マナー対策!

詳細はコチラ

プライバシーマークを取得しております。個人情報の取扱いについては、適切なデータ管理を徹底するため、社内で定期的な研修を実施し、また、お客様から個人情報をご提供頂く際には、SSLによる個人情報の暗号化により、安全性を確保しております。