2016年11月29日(火) 更新

OB訪問で遅刻やドタキャンをした際の選考への影響とは

OB訪問を遅刻・ドタキャンしても基本的には選考に影響しない

そもそもOB訪問は選考活動ではないので、たとえ遅刻やドタキャンをしても表向きには選考に影響ないと言えるでしょう。
しかし、それはあくまでも基本的にはという点に留意してください。
OB訪問を約束していた方がそのまま採用活動にも関わるかもしれませんし、採用に関わる方に情報を流す可能性もあります。したがって、全く影響がないということはない可能性もあるのです。

連絡なしの遅刻・ドタキャンは選考に影響を与える可能性も

基本的にはOB訪問を遅刻・ドタキャンしても問題ないとはいえます。ただし、連絡なしの遅刻・ドタキャンは選考に影響を与える可能性があります
OB訪問の依頼をしていたにも関わらず、何の連絡もなしに遅刻したり、何の連絡もなしにドタキャン(いわゆるバックレ)をしたら相手も迷惑をかけますし、当然ながら怒りも買うでしょう。
そうなれば、その企業の採用担当に情報を共有する可能性が高くなるのです。

遅刻・ドタキャンする際は電話連絡で選考への影響を減らす!

何らかの理由でOB訪問を取り消したい場合は、きちんとマナーを守って連絡をした遅刻やドタキャンにしましょう。
急用は誰にだってありますし、まだ一応社会人ではなく学生ですから、そのくらいは大目に見てくれる方がほとんどです。
まれにOB訪問で話を聞ける方が人事担当者だったという場合もありますが、そうしたケースでも事前にきちんと連絡を入れておけば、選考に影響を及ぼす可能性が少なくなるでしょう。

電話で謝罪と誠意を見せるのが最低限の礼儀!

OB訪問の当日に遅刻やドタキャンをする羽目になったのであれば、きちんと電話で連絡して謝罪するようにしておきましょう。
もし電話がつながらないのであれば、メールを送るか社内の人に伝言を頼むのが得策です。
マナーや選考への影響、そして人としての礼儀も考えたとき、それが自分のために時間を割いてくれた人へのせめてもの誠意なのです。

OB訪問を遅刻・ドタキャンする際は連絡するタイミングにも注意

OB訪問をさせてくれる人もやはり人間ですから、ドタキャンや遅刻は、ギリギリでの連絡になればなるほどイライラするものです。
そうしてイライラすると、バックレるのと同じような印象を与えかねません。
つまり、人事担当者や採用担当に遅刻する奴だ、ギリギリになってドタキャンする奴だ、という情報を共有される恐れがあるのです。

早めの連絡ほど選考への影響が無くなる

遅刻やドタキャンが影響をもつ可能性を少しでもなくしていくためにも、OB訪問に遅刻やドタキャンをすることがはっきりとしたら、もしくはその可能性が少しでもあるのであれば、出来る限り早く連絡をするようにしましょう。
そうすれば、多少の遅刻や、やむを得ない理由のあるドタキャンが選考に影響してくる可能性はかなり少なくなってくるのです。
これは、必ず心がけたいポイントといえます。

OB訪問を遅刻・ドタキャンしても基本的には選考に影響なし! ただし電話連絡は必須

今回は、OB訪問をする際に遅刻やドタキャンは選考に及ぼす影響について見てきました。
結論としては、当然ながら一番いいのは遅刻もドタキャンもしないことです。
ただし、人間ですからそうした事態になってしまう可能性は誰にでもあります。もしやむを得ない理由で、OB訪問に遅刻・ドタキャンする場合は、電話連絡をするというマナーだけは守りましょう。
そうすれば、選考への影響はほとんどないといえるので、誠意をもって謝罪するようにするのが吉です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント