2016年11月25日(金) 更新

リクルーター制度を正しく理解する必要性

リクルーターがつく・つかないの基準は大学による

リクルーター制とは、新卒の大学生を採用を予定している企業において、その従業員が自身の卒業校の就職活動中の学生を対象に行う採用活動です。したがって、言い換えるとOBが現役生をスカウトするスタイルのものとなっています。そのため、その企業の従業員にその学校の卒業生がいない場合、またはとても少ない場合には、まずリクルーターがどうやってもつかないといってよいのです。

企業に大学のOBが多いほどリクルーターがつく

その意味ではリクルーターがつく・つかないの基準は大学によって決まっているといえます。裏を返せば特定の大学のOBが多い企業ほど、その大学の卒業生を対象にスカウトするリクルーター活動は盛んであり、学生にとっては内定を得ることができやすくなっているといえます。

同じ大学でもリクルーターがつく・つかないに差が

リクルーターがつく・つかない基準は大学によってある程度決まっていますが、同じ大学においてもリクルーターがつく・つかないの差が生じることがあります。この基準はどうやって決まっているのでしょうか。また、どうやったらリクルーターがつくのでしょうか。

リクルーターのつく基準は企業の説明会の出席状況を考慮

リクルーターのつく・つかない基準は企業において異なります。では、どうやったらリクルーターがつくかということについては、まず企業に学生がその企業を志望しているということを認知してもらう必要があります。したがって、リクルーターがどうやったらつくか、という基準において企業の説明会への出席状況などを勘案している企業もあることから、熱心で早めの就職活動がポイントになります。

リクルーターがつかない場合はどうやったら?

リクルーターの対象の大学でもリクルーターがつかない場合やOBがいないためにリクルーターがつかない場合、どうやったら、リクルーターがつくのでしょうか。また、どうやって就職活動をすればよいのでしょうか。リクルーター対象の大学に在籍しているのであれば、直接企業に連絡をとってその企業を志望している学生であることを認知してもらうことでリクルーターがつく場合があります。

企業に連絡してリクルーターがつく場合も

では、OBがいないため場合はどうやって就職活動すればいいのかという点になりますが、OBがいない場合であっても、その企業に連絡をすれば他大学出身の若手社員をリクルーターとしてもらえる場合があります。したがって、リクルーターがつかなかい場合でも諦める必要はまったくありません。

リクルーターがつく・つかないの基準はOBの有無が影響

リクルーターがつく・つかないの基準については参考になりましたでしょうか。したがって、リクルーターがつく・つかないの基準は第一にOBの有無によって決まっているということができます。しかしながら、同じ大学でもリクルーターがつく人・つかない人の違いがあります。どうやったらリクルーターがつくかということは、どうやったら企業がその学生を採用対象として見てくれるか、ということに他ならないのです。どうやってもリクルーターがつかない場合は少ないので挑戦しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント