2016年11月29日(火) 更新

ベンチャー企業で働くメリットと大手企業との働き方の違い

ベンチャーは大手企業と違い自分の好きなように仕事ができる働き方の違いがある

それではベンチャー企業で働くメリットと、大手企業との働き方の違いを紹介していきます。まずは、ベンチャー企業での働き方は大手企業と比べるとどのように違うのでしょうか?ベンチャー企業は簡単に言ってしまえば、できたばかりの企業ですから、もしかするとまだマニュアルだってあってないようなものかもしれません。

ですが、大手企業は今のように大きくなるまでにはなんどもマニュアルを変更し今があります。ですから、大手企業は基本的に入社していきなり大きな仕事を与えられる可能性はありません。それとは逆に、ベンチャー企業での働き方はいきなり自分の好きなように仕事ができる所が多いです。それがベンチャー企業と大手企業との働き方の違いといえます。

自分で仕事を進めていくので肩の荷が重くなる場合がある

ただしベンチャー会社のこのような働き方はもちろん、新人でありながらもいきなり責任が増えるという、デメリットとは言えませんが肩の荷が重くなるような場合もあります。しかし、自分がやりたい事をやれるような会社に行きたいというならこのベンチャー企業の働き方はそれに近いです。

ベンチャー企業は大企業より仕事量が多いという、働き方の違いがある

大手企業と言えば、もちろん社員数は全ての支社の社員を合わせれば大変な数になります。それこそ数万人規模の所が多く存在します。ですが、ベンチャー企業はその逆で、やはり新鋭の企業ですから人数は大手企業に比べて少なくなるのは当然です。そうなると、ベンチャー企業は1人あたりがもつ仕事量が大手企業よりも多くなります。

仕事量は多いけどやりがいを感じられる

ですから大手企業での働き方とは違い、ベンチャー企業で働く際には多い仕事量を要領よくこなすような働き方をしなければいけません。もちろん大手企業でも、仕事量が多く要領を求められるでしょうが、仕事量からすればベンチャー企業はさらに要領を求められるという事を覚えておきましょう。

ベンチャーの会社で働くのは大変だと思うかもしれませんが、よりやりがいを感じられる働き方ができると言っても過言ではありません。

ベンチャー企業は大企業と違い管理職に早めに就けるメリットがある

大手企業には多くの従業員がいますが、ベンチャー企業は人数が比較的少ないというのはずっと言ってきていますが、これにより管理職に就くといった出世をするスピードの違いが大手企業と比べると出てきます。

それはもちろん、大手企業とは違い社員数が比較的少ないベンチャー会社の方が管理職に就くスピードは早くなります。管理職に就くというのはどういう事かというと、やはり仕事をする上で責任がさらに増えるという事です。しかし、早くから管理職に就けるというのは自身のステータスや経験値も上がりますので、大きなメリットといえます。

仕事に対してのやる気を高める働き方ができる

ベンチャー企業は元々入社してから大手企業よりは、早めに自分だけに任される仕事を行うようになるので、その時点で業務において責任が付きまとってきますが、管理職になるとさらにその責任は重くなります。

ですのでそれに見合った働き方をしなければいけません。ただ、人によってはそれも自分の仕事に対するやる気を高める事にもなるので、やはりベンチャー企業で働くメリットとも言えるでしょう。

ベンチャーで働くメリットは出世が早い!大手と違い比較的自分の好きなように働ける

いかがでしたでしょうか!?今回は、ベンチャー企業と大手企業の働き方の違い、そしてベンチャーの会社で働くメリットに関して紹介しました。

ベンチャー企業で仕事をしたい気もするけど、大手企業の方が将来的に見ると安定してそうだから、どうしても大企業を受けようと思ってしまう方は多いはずです。しかし、ベンチャー企業に入ると大手企業とは違い、比較的自分の好きなように働けたり、管理職に就くといった出世も早いというメリットがあります。ぜひ参考としてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

D770237c86312a68

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

いきなり社長面接ルートあり!内定率96%のプレミアム面談で最短即日内定

    ▶仙台会場へのお申し込みはこちら ※エントリー後「03-5745-0202」より日程調整のお電話を致します。