2017年07月11日(火) 更新

就活に妥協はNG?後悔しないために知っておくべき問題点

就活生の多くは就活で後悔しないために心がけるべきことを知っている!

キャリアパーク会員の就活生を対象に「就活で後悔しないために心がけていることがあれば教えてください」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の回答

  • 合同説明会は数回参加する。
  • 情報の取捨選択
  • 自分の将来像をイメージ
  • 何事も全力で、諦めない心
  • いろいろ調べてみる

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月7日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「就活で後悔しないために心がけていることがあれば教えてください」

就活生の多くは、就活で後悔しないために心がげていることがあるのがわかりました。
就活は情報戦といわれている中での「情報の取捨選択」、自分が何をしたくてどうしたいのかが想像できている「自分の将来像をイメージ」などといったことを心がけているようです。
こちらの記事では、就活で後悔しないためにやっておくべきことについて紹介しますので、参考にしてみてください。

内定をもらって「とりあえず就職」という妥協は後悔のもと

就活をしていて、内定が1社しか取れなかった時などに妥協をしてしまうケースがあります。厳しい就活の中で、苦労して取れた内定ではあるものの、希望とはかけ離れているるため、入社しようか迷うでしょう。そんな時、「とりあえず就職してダメなら転職でもしよう」という気持ちになってしまうケースがあります。しかし、それは辞めておいたほうがいいでしょう。就活における妥協は、後悔の原因になりかねません。

妥協は早期退職にもつながる

内定もらったからとりあえず就職しておこうというのは、早期退職の原因になります。そして、早期退職は転職活動においてもマイナス面が大きいのです。新卒時とは応募できる企業数も限られてきますし、退職に至った理由なども聞かれますので、自己都合による短期退職は理由によってはマイナスにしかなりません。こうした点を踏まえると、就活においての内定先の妥協はするべきではないでしょう。

内定先の条件面における妥協もしないほうがいい

就活でやっともらえた内定先の条件面が、自分の希望通りではないケースもあるでしょう。そんなとき、就活を終わらせたいがために、妥協をしてしまうケースがあります。特に、「休みが日曜しかない」「平日休みしかない」など、そういう面で妥協してしまう場合が多いでしょう。「ひとつくらい内定先の条件で妥協してもいいかな」という気持ちは、あとあと後悔する原因になりかねません。

入社後に条件が変わる可能性はほぼない

会社の休みなどの条件は、入社から退社までほぼ変わらないといって良いでしょう。学生の頃のように、数年我慢すればいいというものではありません。一度入社すれば、会社を辞めるまで付き合っていかなければいけないのです。特に、卒業後は同級生などとも交流があるので、条件面を比べてしまうがあります。ですので、条件面でも納得がいくような就活を行って内定先を選ぶのが、この先社会人生活を送る上で重要になるでしょう。

妥協した内定先に就職をすると悪い情報が目に留まりやすい

内定先の妥協は、「就活を完了させたい」という気持ちから起こっるものです。そうして妥協して就職を決めたとしても、内定から実際に働くまでは日程が結構空いています。その間に、自分の就職先について調べるとき、どうしても自分の本命だった企業と比べてしまうでしょう。そうすると、自分の就職先の悪い情報に目がつきやすくなってしまいます。それはこれから働く上において、あまりいい影響は与えません。

妥協によって入社前に内定ブルーになる可能性もある

内定先を妥協すると、入社までの間に自問自答してしまい、本当に入社していいのか迷ってしまうケースがあります。その結果、内定辞退に至る可能性もあるでしょう。その時に新たに就活をするとなると、選考を受けられる企業も少ないですし、何よりも受けるだけの時間もなくなっているケースがほとんどです。こうした内定妥協は、入社前や入社後にも影響を及ぼしてしまいます。ですので、簡単に妥協せずに考えてから就活を続けて内定先を決定しましょう。

妥協せずにもう1年就活をするという選択肢もある

就活において、妥協が後悔の原因になることはわかりました。しかし、場合によっては1社しか内定がもらえず、そこに入社しなければ就職できないというケースもあるでしょう。そんなときは、もう1年就活をするのもひとつの選択肢です。妥協せずに自分の納得のいく結果が得られるまで頑張れるのなら、そうした方が将来のためになるかもしれません。

1年でさらなるステップアップも望める

1年間就活に充てられる時間ができれば、ステップアップも十分に可能でしょう。学生時に「自分の能力ならあの企業がベストだ」と考えていたものが、「あの企業に入りたいから自分を磨こう」という考え方に変わるのです。企業研究できる時間も増え、資格取得など自分のスキルアップに充てられる時間も多くなるでしょう。それは、結果として就活をより良いものに変えられる要素になります。

就活で内定先を妥協すると早期退職の原因になり後悔するケースのほうが多い

就活が厳しくても内定先を妥協してはいけない理由について見てきました。就活は厳しいものですが、内定先で働く期間は短期ではないので、少しの妥協は今後に大きく関わってきます。そのため、可能性が大きくあるうちに就活を頑張って、納得のいく内定先を見つけて下さい。妥協による就職は後悔の原因になりかねません。そうならないためにも、自分のベストを尽くして就活に挑みましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント