2019年11月21日(木) 更新

【自己PRで挽回】無職・浪人生が履歴書の空白期間を魅力的に見せる方法

浪人や無職の期間は努力したことや過ごし方を適切に記入すれば問題ないと考える就活生がほとんど

就活生の声

キャリアパーク会員の就活生を対象に「浪人生が履歴書の空白期間をマイナスに見せないコツは何だと思いますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。


  • いかに目標のために取り組んでいたかをアピールする

  • 空白の期間に努力したことを書く 

  • 浪人期間どのように過ごしたかなどしっかり答えられればマイナスにならないと思います。

  • 浪人したからこそ書く。

  • その間にやっていたことや、なぜ浪人したかを自分の思いを語る

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月7日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「浪人生が履歴書の空白期間をマイナスに見せないコツは何だと思いますか?」

※上記は就活生から取得したアンケート回答をもとに、編集部で表記や表現などを一部調整のうえ、記載しております。
就活生の中には、浪人を経験してから大学に進学した人も少なくありません。しかし、そうなると高校卒業から大学入学までの浪人期間の経歴を書くべきか迷いますよね。就活生の皆さんにとったアンケートからは肯定的な意見が多く、浪人期間中にできたことや学んだことを伝えれば採用側も理解してもらえるのではないかとの意見が多数を占めました。では、実際にその経験を記入する際、どのような内容であれば問題ないのでしょうか。

無職・浪人生の自己PR~空白期間に行っていた事を書く~

無職や浪人生の方が、空白期間を自己PRで魅力的に伝えるためには、空白期間に何を行っていたかという内容を記載する事が重要です。とは言っても、家でダラダラと過ごしていたと自己PRに記載しても意味がないですし、無職・浪人生なのに危機感がないのか、とマイナスな印象を与えてしまいます。

空白期間にどのような努力を行っていたかが大切

自己PRに記載するべきことは、浪人生の方であれば、「大学進学のために一日どれくらい勉強していたか」、無職の方であれば、「就職活動の内容や資格取得のための活動」などです。

「その状況から脱するために、空白期間にどのような努力を行っていたか」という事を記載しておくと、面接官に好印象を与えます。何もやっていなかったという人も、必ず突っ込まれるポイントなので、空白期間に何を行っていたかということを、多少の嘘なら許容範囲ですので、事前に考えておくことが重要です。

無職・浪人生の自己PR~空白期間で得たものの詳細を書く~

無職や浪人生に発生する空白期間には、何を行っていたかを記載するべきと紹介しましたが、その中で自分が得たものを自己PRに記載するということも重要なことです。以下にその例をまとめました。

・毎日勉強していく中で、忍耐力や集中力が身についた
・様々な面接を受けてきた中で、企業がどのような人材を欲するかということがわかってきた
・社会の厳しさを学んだ
・一度挫折したことで、人間的に一回り成長できた

面接官がイメージしやすいような分かりやすさが大切

重要なのは面接官がイメージしやすいように分かりやすく詳細に、何を身につけ、学んだかという内容を記載する事です。無職や浪人生は、それだけでマイナスの印象を与えてしまう場合があります。

相手から突っ込まれるよりも、自分から切り出したほうが、相手にマイナスのイメージが浮かぶ前にプラスの情報を与えることができるので、効果的です。

無職・浪人生の自己PR~前向きな空白期間をアピールする~

無職や浪人による空白期間が、あくまで前向きなものであるということを自己PRで記載するということも大切です。悲観的ことばかり書いてしまうと、相手もそれに引きづられマイナスの印象を感じてしまいます。

空白期間はあくまで準備期間だったというのを記載する

たとえばですが、ジャンプする前には必ず一度ひざを曲げ、重心を下げます。その行為のように、空白期間はあくまで、ジャンプするための準備期間なのだということをアピールしましょう。

実際にあなたはその期間を、そのような気持ちで過ごしていたはずですし、毎日勉強をしていたというのならば、それは普通に働くことよりも努力をしていたということなのです。その事実をそのまま記載すれば、長い人生にそのような期間があることは理解してくれるはずです。

自己PR作成に役立つジェネレーター

自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ自己PRジェネレーターを活用しましょう。自己PRジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

無職や浪人生の自己PRは、空白期間をマイナスにしないことが重要

今回は、無職や浪人生が空白期間を自己PRでどのように挽回していくかを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?大切なのは、とにかくその空白期間をマイナスにしないということです。何も記載しないと、ただのマイナスな情報として終わってしまいますので、必ず挽回するための言葉を入れるようにしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

いきなり社長面接ルートあり!内定率96%のプレミアム面談で最短即日内定

    ▶広島会場へのお申し込みはこちら ※エントリー後「03-5745-0202」より日程調整のお電話を致します。